鼻息荒く、余話

0

     編集ついでにカメラについて、蛇足の余談。
     カメラの技術進歩は素晴らしく、自主映画を作っていたころ使っていたVX2000を思うとやりきれなさすら感じてしまう。
     今回撮影に使ったのは、ルミックスのG7。ミラーレス一眼レフだ。中国に行くときに、調子に乗ってカメラを新調しようと購入した。家電については、我が兄が家電芸人よろしく常に市場動向の把握に怠りないので、「カメラを買うとしたら何がええの?」と聞くと、「これはいいぞ」と即答してきたのがこのG7だった。聞いておいて、言いなりになるのもシャクなので、量販店で他の機種もあらかた見たのだが、結局これに落ち着いた。値段と形の好き好き以外の決め手は、スイッチ類の使い勝手と、シャッターの反応、電源を入れてからの起動時間といったところか。一瞬で起動してすぐ撮れるところは素晴らしい。

     俺自身は、父親がカメラ親父で、自分も仕事でフィルムの一眼を使っていた時期もあり、撮影するときはファインダーを覗かないと気が済まない。今時は皆さん、携帯電話での撮影同様、画面を見て撮るのが主流だが、ファインダーが覗けない特殊な撮影状況(高い位置から撮りたいときや、地面スレスレで撮りたいときなど)以外で、画面越しに撮影するのはまったく好きになれない。これは刷り込みだから仕方がない。ファインダーを覗く方が、カメラを構えたときにしっかり固定できるから合理的だとは思うのだが。

     なので、今時のコンパクトカメラは、性能はすごいのだろうと思うが、ファインダーがないのが首のない人形を見ているような印象で落ち着かないのである。

     それで動画を撮影するにあたり、気になったのは音声である。何度も書いている話だが、自主映画のときに一番大変で、かつテクノロジーではどうにもならない強固なアナログ性を感じたのは音声だった。このミラーレス機も、映像は綺麗にしても音声はショボいのではないかと危惧して、せめてVX用の備品で持っていた簡素なズームマイクでも装着しようと思ったが、対応していなかった。ついでにこのマイク、すっかり経年劣化していてマイクを覆うスポンジ部分が触っただけでボロボロと崩れた。モノが壊れると、当時の思い出も消えていくような気がして、にわかに寂寥感が漂いだすから困る。

     それでネットで確認してみると、G7は標準装備のマイクでもかなり音を拾うとある。専用マイクをわざわざ買うほどの撮影でもないので、そのまま撮影に臨んだわけだが、マイクがいったいどこに装備されているのかもわからないのに確かにかなりちゃんと音を拾う。VXのときなんか、標準装備のマイクが、これみよがしの存在感を発しているのに、全然だった。テレビでいうと音量を「40」くらいに上げないと聞こえないんじゃないかというくらいショボかったのに。マイクもすっかりテクノロジーである。

     ただ、ファインダーを覗いて撮影していると、マイクが近いせいで、自分の鼻息を相当に拾っていた。しょっちゅう「スピー」という音がする。動画撮影のときは、今時スタイルで画面を見ながら体から離して撮るべきだったのだ。色々と負けた気がした四十路の年末だった。


    「好き」と「得意」

    0

       先日撮ったサバの映像を編集するのにあたり、当初はウインドウズのムービーメーカーというショボいソフトを使おうと思っていた。単に素材を並べるだけならこれでも足りる。予想よりはまだ使えるソフトだという印象がある。
       ところがソニーの「Movie Studio」というソフトが半額キャンペーンというのをやっていて、8千円くらいで買えるというのでつい買ってしまった。1台のカメラで撮った映像を並べるだけなので必要性はかなりあやしい気もしたが、どうせやり出すと、「ファイナルカットプロ」のような本気の編集ソフトとまではいかなくても、ちょっとは上位のソフトが欲しくなるんじゃないかという自己認識も漂っているのだから仕方がない。

       早速ソフトを使ってみると、画面構成はファイナルカットやプレミアと大まかには似ている。この見た目が大まかには似ているというのは結構大事だ。俺自身は、以前に自主映画や舞台作品の映像編集でさんざんファイナルカットと対してきた。正確には向井が使っている横で口出しをしていただけだが、泊りがけで横にいたから、「口出し」というレベルの口出しではない。彼が入院したときには自分で作業を進めたことも若干ある(こうして世の製作総指揮的な人間が、全部自分がやったような顔をするのだろう)。というわけで、ソフトの基本的な構造は知っているので、ソフトがそれと似ている構成をしていると、あんまり説明書を読まなくても使える。一方でムービーメーカーは単純なソフトだが、構成がだいぶ違うので結構戸惑う。

       本気ソフトと廉価ソフトの違いは、トラックをいくらでも並べられるかどうかがまずある。単純にいえば、複雑な映像の切り替えがより自然につなげられるということだ。その他、クロマキーとか、画像加工とか、本気ソフトだととにかく色々できるが、フォトショップ等と同じく、素人だと使わないボタンがいっぱいあるので全容はよく知らない。
       カメラ1台で撮った映像を並べて、タイトルや字幕、BGMをつけるくらいなら、Movie Studioのような廉価版のソフトでも十分に事足りる。こう考えると、自主映画はかなり複雑で面倒なことをやっていたんだなあと思うわけだが、そういう作業を経験したせいか、いざやろうとすると早速凝り出してきた。

       正確にいうと、編集を始めて凝り出したのではなく、撮影の時点で「使うかもしれない素材」を撮っているから、凝るのは既定路線でもある。「使うかもしれない素材」というのは、例えば、現場の写真である。こういう写真を撮っている時点で、その写真をバックにタイトルを表示する、というようなことをイメージしているわけである。

       なので早速、トラックに写真を載せて、タイトル字幕をつけるわけだが、この手のソフトの字幕はたいがいショボい。CD‐RやDVD-Rのラベル印刷ソフトを思い出してもらえればいいが、ああいう使い勝手の悪さとショボさである。このソフトの場合、例えば「アニメーション」という機能があって、字幕の文字が画面の外からヒューンと飛んできて現れたりとか、10個くらいパターンが備わっている。予想はしていたが、どれも「いつ使うんだ」という過剰なものばかりだ。ついでに字幕自体もあまり綺麗ではない。

       そういえば、ファイナルカットプロでも、字幕は基本的にフォトショップで作った画像ファイルで表示していた。その方が断然シャープでよい、というのもあったし、映像に重ねる文字って、結構装飾があるものなのだ。バラエティのいわゆる「テロップ」だと、縁取りとかグラデーションとかかなり色々している。映画の冒頭なんかに出てくる出演者名や監督名のようなシンプルなものも、一瞥しただけではわかりにくいが、シャドウをつけていたり案外微妙に装飾している。そうしないと映像に埋もれて見えにくいからだ。映像ソフトの字幕機能にも「シャドウをつける」とか「縁取りをつける」とか、ついているけど、癖もあって、全部別に作ることにした。

       というわけで、編集の前にフォトショップを使って文字を作ることになる。ついでに映像では撮影できなかった調理の下準備についても、文字説明をつけておこうかなどと考え出す。文書とちがって一気に長文を表示しても読む気がしないから、ちょっとずつ段階を追って出すことになる。こうなるとアニメーションのセル画のように、画像ファイル何枚にも分けて書くことになる。図も付けた方がわかりやすか、と今度はイラストレーターを立ち上げてお絵かきをする。編集ソフトがどうのというより本気の画像ソフトを持っているかどうかという話になってきた。

       「好きなことで金を稼ぐのは難しいが、得意なことで稼ぐのは簡単だ」と誰かが言っていたが、確かに人間には、好き/嫌いとは別に、得意/不得意、ないしは向き/不向きがあると思う。映像編集は面倒くさいので、好きという自覚はないが、やり出すと「むむ、これじゃダサい」とかムキになって、気づけば深夜まで作業をしているという、普段では考えられない集中力を発揮してしまう。要するに、向いているということなんだろう。そこまで時間をかけても、まだ全体では1分も進んでいなかったりする上、金を稼いでいるわけでもないので、「俺は一体何をやっているんだ」と我に返れば途方に暮れるしかないのだが、なのに「ここの切り替えがまだ1秒早い」などと神経質になってトラックをいじってしまうのであった。別に公開するつもりも何もないから、これはやっぱりただの趣味なんだろうか。

       この我ながら驚きの集中の度合いは、ちょっとだけやり投げの溝口氏に通じるものを感じるのであった。あの人も、おそらくやり投げは、特段「好き」ではなかったと思う。


      もの作るのは大変、余興も

      0
         ちょっとした用事で知り合いにメールを送る。この人、まず返信が来ることないんだが、このときはすぐに返って来た。珍しいこともあるもんだと思ってたら豪雨が降ってきた。いやホンマに。

         豪雨の中、向かった先は奈良の向井家。ミカミッヒのDVDアルバムが、全ての作業を終えて複製の業者に回っているはずが、明日午前のデッドラインを前に不具合がいくつか発覚し、修正作業、チェック、入稿のために急きょ大和路ドライブとなったのだ。

         保身のために捕捉しておくと、ドタバタの原因のほとんどはミカミッヒ君にあるので俺にとっては先日の向山に引き続き、巻き込まれ事故なのだが、こういう突発事案に頼られてテキパキ行動するのはなかなか気持ちがいい。サラリーマンは往々にしてこうして自分が凄いヤツだと誤解するものである。

         修正作業自体は大したことなかったのだが、改めて編集データを一からDVDに落とすとなると、パソコンが長々と計算を始めるので、今時の一般人のパソコンライフでは考えられないくらいの時間がかかる。映像データというのはそれだけ容量がデカいということなのだが、ちっとも進まない進行状況のグラフをただ眺めるしかないという手持ち無沙汰な時間はなかなかヘビーである。

         以前、これと同じような状況で黒瀬君と二人きりになったことがあるのだが、彼は「こんなこともあろうかと、手品セットを持ってきました」と、やおら手品を披露してくれるという意外すぎる方向に、優しさの大盛りをくれたものだ。

         今回はというと、向井が、「あ、そうだ!」と物凄く大事なことを思い出したようにこちらを振り向いたかと思うと、

         ハゲタカの真似をしてください」

         今度は俺の出し物当番となる。しょうがないのでやる。向井は優し〜い笑顔でそれを見ていたのだが、終わると開口一番、

         「伝わりますかね」

         感想が的確過ぎる。
         そうこうしているうちに無事終わった。

         日付が変わるころ、残業が終わってようやく帰宅したというミカミッヒから連絡があり、「モノ作るって、ホンマ大変すね」とシミジミ言う。俺も同じことを考えていた。

        ライブDVD

        0
           ミカミッヒ君のライブDVDの編集がようやく目処がついてきた。売り物にはしていい出来には持っていけそうで、当人も納得してくれてる様子なので一安心である。

           世間に売っているライブ映像は、当たり前だが売れてる連中がでかい会場でやってるものを撮影しているわけだが、小さいライブハウスでやるのとの最大の違いはステージの高さだ。たまに落っこちて骨折する歌手がいるが、つまりそれくらい高い位置にステージがあることも珍しくない。演奏者は客の頭より高い位置にいる。なので撮影も楽チンなのです、ある意味。

           小さい箱だと演奏者の高さに合わせてカメラを構えると、客が前を遮ってしまう。なので巷で見る感じの映像は撮れない。代わりのやり方を考えるわけだが、それのバリエーションがまだまだ自分の中に少ない。思ったようには撮れない場所では全く違うやり方を柔軟に考えんといかんのだが、まだまだ頭が固い。

          ライブDVD製作中

          0
             三上君にライブ映像の制作を頼まれているんだが、やはりというか既に撮影した分ではイマイチ素材が足りないので、追加の撮影に行く。前2回は梅田のレインドッグスだったんだが、今回は十三のクラブウォーター。全然箱が違うんだけど、果たして映像の連続性は保たれるのだろうか、興味深い実験ではある。

            ライブ撮影

            0
               ミカミッヒこと三上君からライブの撮影を頼まれて、昨日は梅田のレインドッグスであった。撮影は2回目なんだけど、記録じゃなくてかっちょええライブ映像を作ってくれというような依頼なので、大変である。

               ライブの撮影って、難しいんだよね。何が難しいって、メジャーどこの映画を引き合いに出すと、ストーンズのライブを撮った映画「シャイン・ア・ライト」なんて13台だか18台だか、忘れたけどとにかくそんだけカメラを稼動させてるわけですよ。要はカメラの台数ですわ。ほんでね、あれが要るんですよ。クレーンって言ってね、名前のまんま、クレーンですわ。あれがあれば、グワーっとカメラが中空を自在に移動できて、客の頭上から悠々とあらゆる角度から撮れるわけですな。

               どっちもないよ。あるわけねえ。

               じゃあどーするかっちゅうと、例えばリハの演奏を撮影する。そうするとリハと本番、合わせて都合4台のカメラで撮影する計算になるわけさ。まーちょっとしたインチキですな。

               ちゅうわけでリハーサルから顔を出すと、同じくカメラ3台(!)と三脚を抱えた人が小屋にいた。今日の対バン(?)の人を撮影しに来た人らしい。
               その人テライさんは、人懐っこい感じで「やあやあVX2000(僕のカメラの機種名)ですかぁ。プロの方?ではない。ほう、自主映画を、いいですね〜、あ、どーですか、三上さんの演奏、僕も撮っときましょか?」って、ええ人や〜。

               この日はニジスケ君過去記事参照)も来ていて、前回の件(過去記事参照)を謝罪した。

               三上君の前に演奏した紙子ちゃんは、熊本の出らしいんだが、僕の知った熊本出の女子数人と同じくサッパリした話せるええねえちゃんだった。

               ベースの北原君が演奏前に殺し屋みたいな顔をしていたんだが、どうやらライブ前に一緒に食いに行った天一にやられたらしい。天一の名誉のために補足すると、別に不衛生だったとかそんなんではなく、人生初天一だったのが原因らしい。子供に生肉食わせると、耐性がまだ出来てないので必ず腹壊すらしいんだが、多分それと同じなんじゃなかろうか。

               肝心のライブ映像は、こうご期待ということで。

              PV:逆瀬川オールスターズ

              0


                 阿形ゆうべ君率いる逆瀬川オールスターズのPVです。今回はちょいとショートムービー仕立てで、演奏メインのPVに比べるとやはり何かと手間取りました。

                 この渋い喫茶店は大阪は本町の「ブルグ」。マスター以下皆様、人情ドラマ的なあったかい人ばかりで、店の雰囲気がどこまで映像で拾えたかはちょっと自信がありまへん。とにかく渋いえー店です。
                 本町で勤務してたり出張してきた会社員のみなさん、是非ブルグでコーヒー&シガレッツ&ニュースペーパーなサボリタイムを満喫していただきたく。

                 今回初めて、手の込んだ画像加工に挑戦してみたんだけど、こういうのはやりだすとキリがないのである意味困る。
                 あと今回、ようやく安物のドリーが役立った。スムーズに動かすのは難しいもんで、5回くらいNG出した。間奏の場面で使用しとります。

                祝:10000ヒット

                0


                   ワタクシの見事なカニ裁き&トークが楽しめる「カニの食べ方講座」が再生回数1万を超えたので、記念に掲載しときます。
                   やっつけ一発撮りだったんだけど、よくよく注意してみると見事なカメラワークをしてくれてるのは、ONE WAY TRIPの田中悟さんです。
                   僕のトークもこれ、台本なしで思いつくまま喋ってるんだけど、先日のライブのMCは何だったんだ?という疑問も湧く見事なトークやなあ。
                   これまで僕が作った全てのもののなかで、コレが一番、ウケがいい。それは果たしてどーなんだろう。一面複雑である。

                   youtubeのページには、「大泉洋に似てない?」っていうようなコメントを、どっかの誰かが書いてくれてるんだけど、ちょいちょい言われる。というか、似てるといわれる有名人がワタクシは非常に多い。それもやはり器用貧乏ということなのかしらね。この映像を見ていて自分が思うのは、50〜60歳になったころには、口元だけ麻生太郎似と言われるのではないかというちょっとした危機感である。顔のゆがみ矯正せなあかんのやろか。

                  PV:良元優作

                  0


                     逆瀬川オールスターズのPVを貼り付けたので、再び良元優作「モーター」のPVを貼り付けておきます。
                     曲が短いっていうのもあるけど、このときの撮影は今から考えるとめちゃめちゃ短かった。それでも2時間くらいはかかってるんだけど。

                    PV撮影に現れた孔子

                    0
                       PV撮影の日。ロケハンで巡った喫茶店のうちの一つを4時間ばっかし貸し切っての撮影である。店の目の前の道路が、休日は駐車禁止じゃないという非常にありがたい立地だった。

                       で、店を借りて撮影というのは何度か経験しているけど、とうとう店の器物を損壊してしまうというトラブルを起こしてしまった。詳細は伏せるけど、撮影中止を言い渡されるかなあと覚悟しながら店主に連絡したところ、店主は一言「大丈夫か?撮影できるか?」。マスター、あなたは孔子様です。

                       あるとき孔子が不在のとき、弟子たちが失火してしまい馬小屋が全焼、孔子の愛馬も焼死してしまった。「どえりゃあことをやらかしてしまった〜!」と弟子たちが悲嘆にくれているところ、帰宅した孔子は一言。「お前ら無事か?」

                       いや、うろ覚えもいいところなので、上の話が合ってるかどうか何の保証もないんですが、こんな大きな男に俺もなりたいものです。

                       肝心のPVの話。これまで撮った2本と違い、ショートムービー調なノリが強かったせいか、撮影終了後どっと疲れた。いや疲れのほとんどはトラブルを起こしたせいだろうけど、とにかく何度も演奏してもらってカメラをバンバン回して、という撮影方法と違い、セッティングしてカメラを構えて、はい演技をどうぞ、という映画と同じやり方だったので、単純な話、NGが多いし、曲とつなげた組み立てというのが頭の中で明確化しにくい。それだけに編集が楽しみといえばそうなんだけど。


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • お国自慢
                        森下
                      • お国自慢
                        N.Matsuura
                      • 「続く」の続き
                        KJ
                      • 【映画評】キューブ、キューブ2
                        森下
                      • 【映画評】キューブ、キューブ2
                        名無し
                      • W杯与太話4.精神力ということについて
                        森下
                      • W杯与太話4.精神力ということについて
                      • 俺ら河内スタジオ入り
                        森下
                      • 俺ら河内スタジオ入り
                        田中新垣悟
                      • 本の宣伝

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM