【映画評】シティ・オブ・ゴッド

0
     友人のN氏から「めっちゃオモロイから見ろ!」と言われ、会うたび会うたび「見たか」「見たか」と聞かれるのでようやく見た。今後僕と会う人は、「見たか」「見たか」と強烈にこの映画を薦められると思うので気をつけるように。ちなみにブラジル大統領も「面白いから見るように」と言ったそうで、あちらは国家の通達である。ブラジル旅行する機会があったら気をつけるように。

     パンクバンド・ラモーンズの伝記的ドキュメント「エンド・オブ・センチュリー」に、ラモーンズのメンバーが狂信的とも言える熱狂的な歓迎でブラジルのファンに迎えられるシーンがある。
     「当時ブラジルは子供が殺人や麻薬の売買に手を染めるとてもハードな世界だった」とバンド関係者が振り返っていたのだが、まさしくそのブラジルのハードな現実を描いたのが本作だ。とにかく人が死ぬ。

     舞台は神の街と呼ばれるスラム街。カメラマンを夢見る主人公ブスカベの視点を通して、その無法地帯を暴力で支配したリトル・ゼというギャングを中心に、彼の盟友や敵対勢力など様々な人物の物語を列伝的にまとめた構成だ。
     神の街を牛耳るためにためらいもせずバンバン人殺しをするリトル・ゼの狂気にもぞっとするが、そのリトル・ゼに憧れ、平気で銃を持ち薬をさばく年端も行かない子供たちの姿はさらにショッキングだ。貧困が諸悪の根源なんだと簡単に分析することはできるが、既にこのような社会システムがこの街では出来上がっている根深さにはただただ絶望するしかない。

     こう書くとなんだか重〜い見るのもシンドイ映画に思えてくるというものだが、スナッチを彷彿させるスピード感溢れる巧みな展開でぐいぐい引き込まれる、のだがその話は後でする。

     若者や子供同士が殺し合うロック風にいえば<クソッタレの現実>を描くために、本作ではスラム街のボスに話をつけて実際そういう危険な地域でロケを敢行し、役者には演技経験ゼロの貧しい若者ばかりを採用しているようだ。こういう手法はフェイクドキュメントと呼ばれる映画と同じだ。アフガンの少年がイギリスに亡命するまでの長旅を描いた「イン・ディス・ワールド」という映画でも、登場人物は現地採用の素人ばかり。その上台詞は即興なので、演技らしい演技もなくメリハリはない。人によっては眠気を起こすだろうが、それが返ってリアリティを高めている。出演しているのが実際役柄と同じ立場にある“本物”で、台詞回しに芝居臭さがなければより現実っぽいものが描けるというカラクリだ。

     しかし本作ではまた違った手法を取っている。アメリカ映画のように細かいカットを繋いだり、カメラをグルングルン動かした大袈裟なカメラワークを使ったり、実に恣意的な演出である。蛇足ながら互いの列伝が絡み合うストーリー展開も、同じシーンの繰り返しを効果的に使うなど糊しろをしっかり用意して巧みにくみ上げられている。描き方はよく出来た娯楽映画のまさしくそれなのである。

     一人一人の人物は娯楽的なストーリーの中で生きている。そのスピード感溢れる展開の中で人がドンドン殺されていく。1つ1つの死は実に乾いたタッチで表現されていてイチイチ深入りしない。それが貧民街の本来はあってはならない社会システムが日常として出来上がっていることを暗に示している。リトル・ゼが子供たちに殺されたとき、このシステムと娯楽ストーリーが完成する。グイグイ映画に惹き込まれて一気に見終わった後、なんともいえない暗澹たる気分が訪れて「とにかく世界には色々ある」という現実を知らされるのだ。

     複雑に絡み合うストーリー展開、大袈裟なカメラワーク、スピード感溢れる編集、これらいかにもな娯楽的枠組みの中に、くそったれの現実を突っ込んで出来上がった作品は、多くのテレビドキュメントにまるで持病のように付きまとう、客観性、公共性を装った恣意性からくる欺瞞や、重く暗いノリ、笑ってはいけない真面目クサさや説教クサさ、しんみりと頷いて分かったふりをしないといけない後味、などなどを吹き飛ばして、尚我々の前に何かを突きつける。新しい現実の描き方、という大いなる挑戦と受け止めたい。

    「シティ・オブ・ゴッド」 2002年ブラジル
    監督:フェルナンド メイレレス

    【補遺】
    実際、僕がこの映画をやたら人に薦めるということはなかったのだが、役者の黒瀬君からはテレビドラマシリーズも含め、やたら薦められることになった。彼がくれたTVドラマ版のDVDはまだ見てない…。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM