W杯与太話4.精神力ということについて

0
     いい加減髪の毛が汚らしく伸びてきたので、佐村河内氏のごとくきれいサッパリ散髪せねばと床屋に行くのだが、サッカーを見ていると、選手が軒並みツーブロックに刈り上げているので、自然その気になって美容師のハマダ君に、俺もポルトガルの不発男前のような髪型にしようかしらと相談を持ちかけて見た。

     ハマダ君は渋い表情。毛量の問題ではない。「森下さんは横がすぐ伸びて膨らむんで」ツーブロックにすると細かい手入れがいるのだという。間接的に頭頂部の毛量の話のような気もする。

     そういえば日韓大会のときにモヒカンが話題になっていたベッカムは、雨の試合で髪型がふにゃふにゃになるも、ハーフタイムの間にきっちり整髪し直して出てきたものである。不発男前も、ハーフタイムにも手入れをおさおさ怠らずなのかもしれない。そんなマメさはないので断念した。ハマダ君によると「本田は○日に一辺染め直してるらしいっすね」。○日が何日なのか忘れた。記憶力が怪しい。そこへいくと、長谷部はエイトフォーするくらいだから実に庶民的で安上がりである。とこれはただのCM丸投げ横流しによる決めつけである。

     大会前に、サッカーに詳しい友人とサッカーを取材している若いのが口を揃えて、日本は初戦を落とすとガタガタっと行くというもろさを指摘していた。イギリスのメディアが動物に例えたところによるとキリンだそうである。猛獣を倒す一撃を持っているが、一度倒れると自分では起き上がれないということらしい。結局、いずれの指摘も正解という結果に終わった。

     スポーツは何だかんだいって精神力の部分が大きいのだろうが、精神力を言う人は大抵「喝!喝!」で済むと思っているフシがある。別に張本のことを言っているわけではなくものの例えである。でもそれはちっとも解決につながらないというか、弱さと同じ位相にある見方ではないかとさえ思う。

     もう古い話なので有体に述べても問題なかろう。昔、よその劇団に呼ばれて出演したときのこと。本番が迫り、通し稽古というのをした。頭から尻まで一気にやる練習である。1回目の通しなので出来はよろしくない。役者全員沈痛な表情である。代表者がおそらくハッタリも含め、非常に厳しい表情で「今日の通しは皆さんがお客様だったらいくら払えますか」と問いかけてくる。
     たまたま俺から発言することになったので、まあ6割くらいの出来だっただろうとチケット代の6掛けを答えたのだが、俺の後に答えた他の役者は軒並み「0円です」「0円です」「値段はとてもつけられません」と答えていく。あちゃー、そういう儀式だったのか。客観的な意見を述べたのは的外れもいいところだったようである。俺以外で丸坊主的陳謝以外の返答をしたのは、悟さんくらいだった。何か男前なことを言っていたはずだが、話が逸れるし悔しいので(?)書かない。

     この0円懺悔に意味が全くないとまでは言えない。ちょうど「喝!」の正反対くらいの、絶対値としては同じくらいの意味合いはあるだろう。だが、建設的ではない。もっといえば幼稚だ。己が至らなかったことを0点と評価するのは、始末書としては成立しているが、作品をもっとよくしていこうという目的にとってはあんまり役に立たない。それどころか放棄しているとすらいえる。それこそ、己の失態に立ち向かう精神力というのか。

     日本代表の選手たちは、この役者諸子よりも遥かに努力しているし修羅場もくぐっているはずだし、そもそも見ている観客の数が恒星と地球くらい差があるわけだが、選手の敗戦の弁が似たような懺悔と誓いでまとめられている点は、この0円話を思い出させるものを俺は感じた。全員のを聞いたわけではないが、違う性質のことをコメントしてたのは大久保くらいか。別に的確な敗因分析を披露せよというわけではなく、色んな意見が出てもいいんじゃないかという違和感程度の話である。ポルトガルの男前は、不発だったが「胸を張って帰国する」というていたそうだ。その是非はともかく、こんな姿勢の人間がいても、そちらの方がむしろ自然な気はする。

     精神力というのは、経験に裏打ちされたしたたかさのようなものだと思うが、この場合は、個人の資質がどうというより、全体の積み重ねなのだろう。こうやって3歩進んで?歩戻るような成長過程とともにいれることは、観客としてはある意味楽しいことでもある。自分を全否定するようなコメントをしている本田に対して、ほっほっほ悩んでおるな、と人生の先輩面をしたいみっともない欲望がふつふつとしている。世界の敵たちはやっぱつえーなー。

    コメント
    自分がなんて言ったか明確に覚えてないけど、何となく想像はつきます。
    いつも森下くんのブログで自分の発言を思い出す、万年不発男です。
    • 2014/06/29 9:05 AM
    悟さん、ヒット飛ばしても自分で忘れるからなあ。結果万年不発。記録より記憶ですよ。逆の意味で。
    • 森下
    • 2014/06/29 9:17 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM