生存情報

0
     長々と間が空いたのは、主にコレのせい。  事前に概要は伝えられているので、ろくに読んでないが、何が書いているかは大体知っていて、要するにロクなことが書いてない。いかにけなされようと多少なりとも果実があればよいのだが、全くもって皆無であるから色即是空。ひとつだけいいことがあるとすれば、100かゼロかで全くグラデーションのない苛烈すぎる競争はあんまいいことありませんぜと身をもって言えることくらいか。

     なので積極的にふてくされていたんであるが、そのうちパソコンも壊れて体調も崩した。季節の変わり目に熱を出すのはお約束としても、新品で買ったのが3年で、というのはどうにも早い。加えて修理に持っていたら部品がもうないといわれ、これこそ早すぎる。「まあメーカーさんは今時在庫持ちませんから」って、そんな正論聞きたくないわ。
     手際のよいエプロンの眼鏡のにいさんがお手上げだというなら、こちらはどうしようもなく、データだけ取り出してもらって新調した。新潮に新調で、体調管理には慎重にだよ。ウインドウズ7から10にするかどうか迷っていたが、買い替えたPCは「8」だったので迷うことなく10にアップグレードした。

     通常、俺のようなパソコン音痴は、PCの買い替えをだいぶポンコツになってからやむなく行うので、新しくなったらなったでその性能のよさに満足するわけだが、高々3年だとありがたみはほとんどなく、ただただ日常の整理整頓を試されるだけだ。プリンターのドライバーソフトのCDがなかなか見つからなくて往生するとか、そんな具合に無駄にわちゃわちゃとしていた。
     そんな間に、友人の斎藤理生准教授が、「新潮」に文章を寄せていて、その内容が朝日新聞にも二回取り上げられ、自慢する機会を逸した。

    http://www.asahi.com/articles/ASH8653FKH86UCVL01K.html
    http://www.asahi.com/articles/DA3S11928857.html

     この2つだが、2つ目は会員でないと見れない。紙面の方で読んだがいい記事だった。「取材なんて受けるのは初めてだから、アドバイスをくれ」と言われたので、「たまに下調べゼロで話を聞きにくる記者がいるが、辛抱強く説明すべし」と応じていたが、たいそうマトモな編集委員だったそうで、杞憂だったようだ。

     斎藤が発見したのは、新聞に載ったもの、つまり世間に発表されていたものだ。それを「発見」というのは、コロンブスもしくはその後の航海者のアメリカ大陸「発見」みたいなもので、「元からあったぞ」という点、おかしな話だといえなくもないが、でもまあ、そういうものなんである。そこにあったはずのものが、結構な量散逸し、忘れられながら時代は流れていく。文学部系の研究者の多くはそういうものと「砂の女」のように常に戦っているのである。
     ただ、こういう世界にも市場原理は働くようで、ビッグネームの知られざる文章なら堂々とこうして文芸誌に乗るが、そうでもないと見なされた作家の場合は、いかに知られざる文章であっても載らないらしい。後世に名前が残っているだけでも十分ビッグネームだという気もするからせちがらい。そういう俺は、となれば、これはもう小梅太夫「チッキショー」しか残されていない。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM