春はあけぼのロックンロール

0

     今年はロックとともに年明けだ。

     昨年、新宿でやったのが無性に楽しかったので、せっかく覚え直した曲を忘れる前にもう一回、今度は関西でやろうという二匹目のドジョウである。間の空いたツアーと言い換えてもよろしい。

     しかし、京都でやると、大阪人は来てくれないというのは10年前に京都で舞台をやったときと同じだな。逆に東京在住の人間が観光を兼ねて嬉々としてやってきたりする。
     正月を挟んで緊張を維持するのは難しい。受験のときはどうしていたんだろう。年末にも一度スタジオ入りしたが、そこから一週間後に本番、という現実をリアルに感じることがどうしてもできなかった。加えて風邪をひいたので余計だ。(おかげで当ブログの告知も不親切なまま更新できなかった)

     直前の練習では、まあいけるやろうという気分になったが、練習が不足しているのは自分がよくわかっている。新宿のときと違ってやたら緊張した。実際、いくつも音ハズしたし。ま、今回は遅めの曲を頭に持ってきたので、テンポは通常通りにできた。でも汗の量は同じかそれ以上だった。風邪ぶり返すよ。

     最後の曲はいつも同じで、15分で作ったハイスピードな1分ちょっとの曲をダーっとやって終わる。駆け足でささっと終わる感じが、ドラムのココロックのお気に入りであるからだが、今回は終わった後で、初めて、客席が「え?終わり?」みたいに戸惑っているのが伝わった。「最後の曲です」とか何とか、説明がゼロだったのと、トップの人らのおかげで客席が温まっていたせいかと。そう、毎度トップバッターだったのが、今回初めて(正確には2回目だが、1回目はトップバッターとあんまり変わらん状況だった)二番手だった。落ち着かんかった。こうしてまた成長した。
     

    SET LIST
    1. Intro
    2. 詐欺師と林檎
    3. From 本町 To Rock'n'Roll Street
    4. Rock'n'Roll Show
    5. 中百舌鳥TRAIN BLUES
    6. 今すぐに君と会えたら
    7. No! Nuke
    8. (It's a just)GOOD+DAY
    9. 30's Growin'Up


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM