【やっつけ映画評】大統領の陰謀

0

     楽天の嶋風にいうと、見せてくれよ報道の底力を、というような昨今、改めてこの古典的作品がタイムリーになっている印象がある。アメリカでは、トランプのロシア蜜月疑惑が本作のテーマたるウォーターゲート事件になぞらえている意見も散見しており、本邦ではロッキードになぞらえてアッキードという新語も見られる。そのうちカッケードに発展するのかどうかは当たるもカッケ。

     会社員時代に本作を見たとき、オフィスの椅子が洒落ていること以外は、アメリカも日本も記者の仕事はあまり変わらないもんだと思ったものだった。ダスティン・ホフマン演じるバーンスタイン記者がジャケットにチノパンというスタイルなのも含め。服屋で茶色いジャケットを見つけたので、それと青のシャツとあわせて相方のウッドワード記者を気取った若気の至っていた年頃だった。

     「スポットライト」のところで以前も書いたが、あちらの方が記者自身も自らに突き付けられるものがある分奥行が深いと思う。本作は、ひたすら「ハイエナ」としての記者が描かれている。前にも書いた気がするが、ハイエナは実際見ると、なかなかに誇り高き獣だ。今必要なのは、このハイエナ記者だろう。現場各位への敬意と激励をこめて、本作の内容を紹介したい。

     

    1)眠っていても電話はワンコール以内に取る。

    俺の場合は主にサボって昼寝しているときの対策として必要な作法であったが、「速報性命」を掲げる短気な職場だけに、電話も一瞬で取るのが常識となる。達人になると、鳴る前に取ると言われるが、このウッドワード記者は入社9か月目らしいのに、コール音なしで電話に出ていた。作品冒頭から敏腕を予感させる場面である。

     

    2)ペンとメモがすぐ手に取れるポジショニング

    散らかっていても、メモだけはすぐ取れなければならない。「ほぼ手ぶら」を意味する「財布とケータイだけ持って」という慣用句は、「財布とケータイとペンとメモを持って」になる。

     

    3)記事はとにかく1段落目

    課長より部長、局長より知事、「幹部」より「側近中の側近」、よりエラい地位の人間を出せるかどうかでニュース価値が決まる。なのでエラいやつが記事の内容的には脇役だったとしても、冒頭から登場させなければならない。別の担当者がその1段目を見て見出しをつけるので、時に誤報のような見出しが躍り、ゾッとさせられる。

     

    4)文章を直されることは受け入れる

    少し前のことだが、知人から、職場の同僚が書いたという宣伝用の文章を見せられた。ムード優先で宣伝文句としては再考を要する文面だと思ったが、知人曰く「俺も指摘したけど、これが自分の文章スタイルだと言って聞く耳を持たん」とのことだった。これでは筆力は向上しない。
     ただし、無記名の新聞社の場合、上司、上司の上司、上司の上司の上司が遠慮節操なくギタギタに改変する傾向があるので、これはこれで、当人の成長、やる気、責任の所在、最終的な読みごたえの点で問題がある。稀に署名付きなのに上司が勝手に書き加えてエラい迷惑をこうむるというケースがある。あれは本当に困る。

     

    5)取材は時に手あたり次第

    知っていそうな人間をさっさと見つけて要領よく事実確認をするのが取材の基本であるが、そう都合よくいかないときは、可能性のあるものをしらみつぶしにするしかない。これをさぼると、役所の言うことを右から左へ垂れ流しているだけのムーディ勝山報道になる。「スポットライト」は、これをサボっていたのでしっぺ返しをくった話と理解している。

     

    6)ヒントをほのめかす取材源が言うことは意味がわからない

    秘密をベラベラ話してくれる都合のいい人間はなかなかいないものだが、たまにヒントをくれる人間がいる。守秘義務等で直接的に説明できないため、いわゆる禅問答的に比喩や表情で何かをにおわせてくるのだが、大抵意味はわからない。

     

    7)情報源は受動的
    重要な事実を知っている人間で、多少なりとも協力的な人間がいたとしても、こちらが手ぶらだと何も教えてくれない。こちらから情報をぶつけて初めて答えが返ってくる。じゃあその自前の情報はどっからとってくればいいのか、投資で儲けるためにまず1千万円用意しましょう的な話に聞こえて、疑問が当然湧くのだが、俺に聞かれても困る。

     

    8)取材中の話はよそに先に書かれる

    自分たちが先頭を行っているようで、実のところは先を越されているウォークラリーをいつも思い出していた。

     

    9)受付はあなどれない

    ボスに会わせてくれるかどうかは、受付の裁量次第なこともしばしば。ただの門番だと思って軽視するといつまでたってもアポが取れない。とはいえ、一介の警備員に「説明責任を果たせ!」と噛み付いても仕方がない。そういう頓珍漢がかつて1人いた。

     

    10)強引に「今日」すませる

    当然物事にもよるが、ある依頼に対して、「明日ならどうにかできますよ」と返答するのは、世間一般的には常識の範囲内、何なら素早い対応の部類になるというものだが、今日生じた課題をその日に片付ける稼業に従事する記者は「明日なら対応できますよ」と言われると、まるで一週間後と言われたように呆れながら「本日中」をごり押してくる。今日が不都合な場合、よかれと思って「明日なら対応できます」とは言わないに越したことはない。

     

    11)脅し文句は「書きますよ」

    脅し文句というのは色んな業界であると思うが、報道の場合は「書きますよ」が代表的な定型句。おたくのその不誠実な態度を紙面で批判してやるという意味だが、実際のところそれが記事になりうるほどの話であることは稀。ただ現政権中枢にいる各位の知性品性に乏しい各種放言を見るにつけ、「書く」のは重要だと改めて思う。「書く」前に、「つっこめよ」かもしれないが。
    演劇界では「降板さすぞ」だろうか。部外者ではなく部内者向けの言葉しか思いつかない。降板させても代わりがいないので実質不可能なのだが、代役がいなくても降板させないといけない困った人もごく稀にいる。

     

    12)政治部には気を付けろ

    一番エバってる部署が、最も「権力批判」と縁遠いところが日本の報道機関の機能不全の最大の要因か。田崎スシローや山口敬之が特別おかしいわけではなく、ああいうのが恒常的に生産される部署といえる。

     

    13)外野ほど警告してくる

    そしてそういうやつはしょっちゅう仕事をしていない。

     

    14)使えるものなら同僚も利用する

     

    15)使えるものなら旧友も利用する

     

    16)押してもダメなら引いてみな

     

    17)引いてもダメならやっぱり押してみな

     

    18)押しても引いてもダメならせこい駆け引きで

    じゃあ名前までは言わなくていいので、イニシャルだけでも。バラエティ番組なんかで見かけるやり取りだが、それで誰なのか想像がついたとしても、確証がないと書けない。
    このため結局こうなる。

     

    19)突撃取材は笑顔が肝要。

    取材を断られても家の壁を蹴ってはいけない。

     

    20)聞き込みは9割徒労

    疲れますよね。

     

    21)核心に近付くと捜査機関に呼び出される

    どうせ連中、本丸まではたどり着こうとしないくせに。

     

    22)裏づけを取りに行った相手はしばしば詩人になる

    こういう修辞法はどこで覚えるんだろう。

     

    24)批判に必要なのは対案ではない。

    そういうことです。

     

    25)中心を撃ち損じると皆が安心する

    「皆」は当事者だけではない。人はスキャンダルを期待しつつも、ほどほどに収まることをどこかで願うものだ。

     

    26)最後に人を動かすのはなんだかんだで熱意

    禅問答を強いるディープスロートに対して、しまいにウッドワードが「うるせえ全部言え」と迫るこのシーンが、取材の本質を身もふたもなく突いていて最高だ。

     

    27)ここまで苦労したのに、世間の関心は低い

    「矢がも」や「タマちゃん」の方が100倍反響があるのは周知の通り。「だから動物に戦争をさせると、反戦ムードが一気に高まって戦争がなくなる」とはマスター・キートンの父親の仮説。

     

    28)求むこんな上司

    報道機関だけではない。日本経済V字回復の切り札。
    森友を報道しないと批判されていた新聞社でもストップをかけていたのは上の人間。聞くところによるとこのエラいさん、「違法性が明確になっていない」と、急に人権意識に目覚めたらしいが、正論は言い訳の方便に使うためのものではないんだぜ。

     

    29)正論は立ち位置を確認するため使うもの

    結局はこういうことだ。

     

     本作を見て改めて思うのは、後世の人間が結果として「知っている」ことも、明らかにする過程は労力はもちろん、時間もかなりかかっているということだ。人によっては拍子抜けするのではないかとも思うラストの淡々とした年表紹介と、ひたすらタイプライターを打つウッドワードの姿はそれをよく表している。大きな問題は、飽きたとか過ぎたとかは言わんことだよ。

     

    「ALL THE PRESIDENT'S MEN」1976年アメリカ
    監督:アラン・J・バクラ
    出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード、ジェイソン・ロバーズ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM