最終日

0

     前日は、会社員時代の知り合いと久々の再会を果たした。今年36歳のナオサンは二児の父のくせして会うたび若返っている気がする。腕白坊主みたいな人柄のせいだろうか。真面目な俺は、この先見かけから老けていくのだろう。

     

     最終日。日付の割には大勢のお客が来てくれた。最終の動員も予想を上回ったみたいだし、東京ってやっぱり人口が多いんだな。
    この日は我らの前に上演した二本のスローペースにやや誘われたのか、序盤ゆっくり始まった岩名君に、ひたすら「巻け〜」と念を送り続けた。演出という立場はラグビーの監督のように、始まるとただ眺めるだけだ(監督の場合は、伝令を通じて多少の指示はしているらしいが)。俺の念とは無関係に、この日のステージは、苦戦を強いられてきた大阪東京シリーズを通じて、ようやくかなりの笑いを取ることができた。岩名君グッジョブ。

     

     とはいえ俺自身は、達成感にはちょっと遠かったというのが正直な感想だ。岩名君はよくやってくれたけど、果たして演出は正しかったのか疑問符が残った。東京だからという気負いは当然あって、勝手に空回っていたと思う。アウェイというのは自分で創り出してしまうものだということか。まあ、どちらにしても、いい経験だった。
     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM