東京4日目公演2日目

0

     前日泊めてもらった大学時代の友人Uの家はまさしく戸建ての家で驚いた。「世田谷」に「家」=芸能人。阿呆な等式がまず浮かんでしまう。実際、近所にテレビに出ている誰やらが住んでいるらしいけど。

     

     初日の問題点をいくつか考えたのだが、手っ取り早くクリアする方法としては「巻く」のがいいのではないかと考えた。巻くとは要は演技のテンポを速めるということだ。前日に引き続き、東大内の偽の安田講堂(1号館という素っ気無い名前らしい)の前のスペースで返し稽古をした。盆で人気の少ないキャンパスに、岩名君の声がこだまする。学力低下が指摘され久しい東大生たちが奇異な視線を送って通り過ぎていき、研究生か助教か、やや歳食った人は温かい視線を投げかけてくる。

     

     雨が降った昨日とはうってかわって日差しがきつい。ミンミンゼミは大合唱。岩名君は大汗をかいて(彼はいつも大汗だが)巻きの演技をしている。そんな努力が何か社会的に報われるかどうかと問われれば、報いは舞台の上にしかない。

     

     自己満足と言われれば、断固否定はするものの、相手を納得させられるかどうか自信はない。弱気な俺を挑発するように岩名君は、日本の知の集積地で不埒な台本を全力でやる。こっちも負けじと真剣に見続ける。会社員はサボるのも仕事。しかし我々は、少なくともこの場においては会社員ではない。好きなことに人生を費やすならサボる暇はないのである。

     

     この日は、会社員時代の知人が見に来てくれた。おおよそこんな場には似つかわしくない国家権力に奉仕する立場の人だが、わざわざ見に来てくれるのは何より嬉しいし、芝居とは縁のなかった人が小屋に足を運んでくれることは余計に嬉しい。全作品を見て、詳細な感想までいただいた。職業柄、報告書を上げるのが癖になっているのだろうかなどと考えつつ、感謝。
     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM