【やっつけ映画評】わたしは、ダニエル・ブレイク

0

     仕事柄、公務員になりたいという学生諸君と接することが多い。何となくそれしか進路が想像できないという引き算的発想の若者もいれば、何かしら生まれ育った地域や困っている人々の力になりたいという見上げたホスピタリティの持ち主もいる。

     後者の学生の多くは、ボランティア活動に参加していて、その種類は多岐に渡っている。催事の運営スタッフや、地域のまちおこし支援、高齢者や障害者、貧困家庭の児童を支援する活動などなどである。彼らの話を具体的に聞くと、必然、何も考えていなかった己の学生時代を振り返る羽目になるから困る。加えて福祉系のボランティアの場合、聞いているこちらの気が滅入ってくるほどシビアな現場を踏んでいることもしばしばだ。特に高齢者福祉ボランティアの場合、ろくでもない人生を送っている身だけに将来のわが身だという気もしてきてしまう。一方で、そんな現場に自分の将来を託そうとする若人がいること自体は明るい話にも思えるから、ついそっちに目を逸らして気分を和ませようとしてしまう。


     本作も、低所得者の救いのない現実を題材に扱っていて、いかにも気が滅入りそうな映画である。だが、主人公たちが国の制度等々に翻弄される一方で、周囲の人々は皆それぞれに温かく救われる。救われはするのだが、ただ現実は変わらないから救われると感じるのは話題を逸らせているだけのようにも思う。


     ベテラン大工のダニエルは、心臓を患い医者から働くことを止められている。このため公的支援に頼っているのだが、「就労可能で受給資格なし」と認定されてしまう(今までもらえていたのが急に打ち切られたようだ)。ダニエルは不服申立を望むが、審査には時間がかかる。このため職安からは、求職活動をして求職手当をもらうよう命じられるのだが、この手続きの煩雑さにダニエルは振り回される。

     

     この物語を公務員叩きだと受け取るのは容易い。職安の職員は高圧的で融通が利かない。一方、本作に登場する市井の人々は多かれ少なかれマトモないい人が多い。ダニエルの隣人の一見チャラチャラしてそうな青年は、案外気のいい若者だし、フードバンクの女性たちには胸が打たれる。もう一人の主人公であるシングルマザーのケイティが商店で万引きして捕まると、店主は彼女の困窮ぶりに人情裁きを見せる。ダニエル自身、ケイティに気安く手を差し伸べ彼女と子供たちのよき支えとなっている。一般市民がみんな善良なのに、役所の人間は一様に石頭で偉そうで一から十までお役所仕事の塊である。

     

     他の映画でもいくつか目にしたことがあるが、イリギスの公務員も日本とよく似ているという印象がある。本作も同様で、既視感のある景色だけに、余計「これだから役人は」と本邦の実状と重ね合わせて呆れてしまう。公務員叩きの好きな人なら余計に膝を打つだろう。

     

     だが、ここで描かれている現状は、公務員叩きの結果生まれた状況だと思う。つまりは有権者がそれを選択したのである。

     

     お役所は古くから、その権威と四角四面さから何かと嫌われがちな存在であるが、そこに加えて「無駄が多い」「地位が特権的」「給与に見合う仕事をしていない」「民間企業では考えられない」といった批判が繰り返されてきた。石原慎太郎、小泉純一郎、政権交代時の民主党、橋下徹――、20世紀末以降、人気を集めてきた政治家、政権は、少なからずこれらの官僚批判で世論の喝采を浴びてきたといえる。結果、公務員の人件費削減も含めた歳出削減が進められた。当初は巨大なハコモノや道路やダムなどの土木分野がやり玉に挙げられていたが、そのうち「合理化」のターゲットは、あらゆる分野に広がっていった。行政のスリム化、といえば恰好いいが、実際のところは職務放棄である。

     

     というのも、爛好螢牴臭瓩梁仂櫃砲覆襪里蓮企業の理屈に当てはまらないものか、企業に任せれば利権になるものかのどちらかだからだ。例えば公園は何の儲けも生み出さない。短絡的に無駄とみなすことは可能だ。そしてものによっては一等地に広大な土地を有しているから、企業に切り売りすれば儲けになる。図書館もしかり。生活保護のような「ただ損するだけ」に見える事業は縮小される。最近では「シルバーパスをやめて学割にすれば」とAI知事が言っていたのも同じような文脈だ。イギリスでも大まかには似たような現状なのは、日本語に訳されているニュースを見るだけでも窺い知れる。企業の理屈でとらえられないものが「無駄」になると、必然公務員の仕事はほとんどなくなる勘定になる。無論、実質ゼロにはできないから、少ない資源できりもりすることになる。

     

     ダニエルが翻弄されるいくつもの出来事のうち、例えば問合せの電話が2時間近く待ってようやくつながること(その間の電話代は自分負担)や、あらゆる申請がネット経由でしか受け付けないことは、人員不足や民間委託など、人件費削減の結果だろう。職安の人間が一様に高圧的で融通が利かないのも人が少ないせいで忙しくイライラしているせいかもしれないが、効率化が背景にあると思う。職安にやってくるあらゆる人々に対し、ケースバイケースで親身になっていては時間がかかる。効率的に処理するためには、あらゆる事案を大枠で分類してマニュアル的に進めて行くのが速い。実際職員たちは、ダニエルにしろケイティにしろ利用者の話を一切聞こうとしない。マニュアル化された手続を一方的に通知して従わせようとする。その態度自体が十分に高圧的なのだが、「こっちの言い分も聞けよ」と必然反発も生まれるから、余計に職員側も「支援が不受理になりますよ」「処罰対象になりますよ」などと高圧的を越えて脅迫的にすらなる。不幸なすれ違いだ。

     唯一例外的に何かと人間的な対応を見せる職員アンは上司から「例外的なことをするな」と叱責される。彼女は年齢からいってベテラン職員と推察される。そもそも親切な人なのだろうが、かつてのやり方から今のやり方にうまく割り切って合わせられないのではないかとも思う。そもそもダニエルが今まで受給していた支援を打ち切られたのも、歳出削減のあおりを食ったのだろう。ダニエルの事情には同情するし、職安の職員も怒りが湧くが、いずれも有権者の選択の結果だ、というのは繰り返しておきたい。公務員叩きの結果生まれた余計に四角四面な公務員だとすれば、何という矛盾だろう。

     

     さて、ここでラストについてである。
     

     八方ふさがりの中で、クライマックスは明るい話が2つある。1つはダニエルの堪忍袋の緒が切れて、職安の壁に落書きをする場面だ。スプレー缶で、職安を糾弾する内容の檄文を書くと、通行人はやんやの喝采を送る。それだけ似たような憤懣を抱えている人がいるということだが、口は悪くとも元が善良なおじさんだけに、警察署で厳重注意を受けるとしゅんとなってこれ以上このエピソードは広がらない。もう1つは、不服申し立てをする場面で、弁護士なのか誰なのか、とにかく外部の人間が、「このケースはひどい」と親身になって全力サポートを申し出てくれる。陰鬱な物語にようやく光が差す格好だが、審査官(?)にいよいよ思いのたけをぶつけようとした矢先、ダニエルは持病の発作に見舞われ急逝してしまう。


     この救いのないラストには反発も少なからずあるようだ。わざわざ殺す必要はあるのか。必要以上に悲劇に仕立て上げたことで糾弾臭が鼻についてしまった。というような異論である。確かに、ダニエルが審査の部屋に入室するところで終わるという手もあるだろう。その方が救いもあるし、共感も得やすかったかもしれない。

     

     それでも悲劇的ラストを選んだ監督の意図を斟酌すると、切迫感が背景にはあるのではないかと思う。もしダニエルが死なないラストを選んだ場合、あきらめない個人の努力を応援する格好で物語は閉じることになる。現状は、そんな次元ではもはや収まらないところにいると作り手側は指摘したかったのではないか。何しろ福祉系の支援事業を嫌う人は、自己責任が好きであるから余計、希望のあるラストでは趣旨が霞む。元気なときには想像しにくいが、時に努力ではどうにもならないことがある。ダニエルは「自分はただ真面目に働き納税してきた一介の市民である」と言っているが、彼自身も元気なときは、緊縮的新自由主義的政策に賛成していたかもしれない。少なくとも政治には無関心だった気がする。そうしていざ困った事態になって後悔するのは個人のレベルにはとどまらない。本作の職安では、アンのような優秀な職員は育たないから、いざ政策が変わっても人材の確保は難しい。

     

     まあ、俺の知りうる限りでは、ボランティアで実地を踏んだ優秀な若人が続々行政の世界に進んでいるから心配は無用かもしれない(アンのように、使命感の使いどころをなくされる可能性は十分に考えられるが)。ところで彼らは、いったいどこでそんなボランティア活動を見つけてくるのかというと、当世の大学の掲示板には各自治体等の募集チラシが本当にたくさん貼ってあるのである。ただで人手が確保できるし、学生には貴重な経験となるからうまい方法といえる。ただしすでに述べたような事情のせいで、それありきで制度設計しないと成り立たないところまできているともいえそうだが。

     

    「I, DANIEL BLAKE」2016年イギリス、フランス、ベルギー
    監督:ケン・ローチ
    出演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ディラン・フィリップ・マキアナン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM