地区シリーズまとめ、とカズオとカート

0

     リーグ優勝決定戦に進むチームが決まった。
     ナ・リーグは、本命ドジャースが3連勝であっさり通過、といっていいのか、まあまあDバックスに粘られた。エース・カーショウの今後の出来やいかに。昨年先発のくせにクローザーより短いイニングしか投げさせてもらえなかった前田は中継ぎで安定した投球。ダルビッシュは好投したものの頭に死球を投げてしまった。

     

     ナショナルズ対カブスは、シーソーゲームで最終戦までもつれ込み、どっちが勝つかさっぱりわからない拮抗した戦いとなった。半分ほどは、まるで四球を出すために登板するエドワーズJrを筆頭にカブスの中継ぎ陣が不安定なせい。上原不在が響いている。おかげで先発のレスターがリリーフ登板することになって、少年野球より下手くそな牽制を披露する羽目になった。それでアウトを取っているから奇蹟。

     最終戦は、どこからでも本塁打が出るナショナルズが打ちまくっているのに、振り逃げ、押し出し死球、ゲッツー崩れ、相手のエラー等々ひたすらセコイ得点を重ねてカブスが勝ったからこれまたうっすら奇蹟。カブスの連覇はありえるかもしれない。ナショナルズはまたも地区シリーズで敗退したが、東地区を勝ち抜くのにポストシーズンを勝てないアトランタ・ブレーブスの伝統を着々と引き継いでしまっている。「何かをやりそうな男」対決はこれで実現しなくなったが、ワースは打球を後ろに逸らしたくらいしか何かをやっていなかった。長髪ヒゲまではワースと同じなのになぜか全体的にチャラい印象の主砲ハーパーも不発。逆転での敗退に落胆した監督の声が消え入りそうだったので、御高齢なこともあり、健康の心配をしてしまった。

     

     ア・リーグは、アストロズが危なげなくレッドソックスを下した。アルトゥーベは「小柄」がどうでもよくなる打棒爆発の活躍。コレア、スプリンガー、打つべき人間がきっちり打っている。盤石で優勝候補最右翼といえそう。レッドソックスは、ファレル監督が解任された。長い歴史の中で地区連覇したのは初のことらしいのだが、地区シリーズでまた負けたのでクビということか。監督交代でバレンタイン時代のようにまた迷走するかもしれない。


     もう一個の山では、インディアンズとヤンキースが最終戦までもつれ込んで、インディアンズはいいとこなく敗れた。22連勝したくせに地区2位のチームに負けやがって、と思ったが、3戦目で先発してチームを救った田中将は24連勝(色々含めると30連勝)の上手をいく男だった。昨年ポストシーズン中にドローンで遊んで怪我をして登板できなくなったことをいまだ引き合いに出されるバウアーが今年は初戦で好投し、2戦目は大差をひっくり返す強さを見せたくせに、あとの試合はBクラスチームのように静かだった。クルーバー、ミラーが打たれるとインディアンズは勝ち目がない。呪いが顔を出すまでもない敗退であった。

     

     というわけで、ナ・リーグはドジャース対カブス、ア・リーグはアストロズ対ヤンキース。30年近く優勝できてない古豪と、108年ぶりから一転連覇がかかる奇天烈集団、勢いづく重量打線と、番狂わせの常勝チーム(矛盾)、といったところ。優勝回数は突出しているヤンキースは、どうせそのうちまた勝つし、あまり面白いチームでもないので(バードの尋常ではない目つきの怖さは必見)、個人的にはおよびでない。ワールドシリーズがドジャース対ヤンキースだと、日本人投手対決という見出しが立つが、あくまで一要素でしかないトピックがすべてのごとく日本の報道が騒ぐのが目に見えているので勘弁願いたい。

     

     ここでカズオ・イシグロのノーベル文学賞で、またぞろ「日本出身」問題が起こっているのでMLBに無理やり話をつなげて書いておくとする。スズキはスズキでも、カート・スズキという選手がいる。マック鈴木と違い、鈴木和人だから愛称「カート」というわけではなく、日系アメリカ人である。ミドルネームはキヨシらしい。実績はそれなりあるが、スター選手でもないので日本ではあまり知られていない。スズキなのに!と茶化している自分自身がこの選手を覚えているのはやはり「スズキ」だからというのは否定しようがない(別に「カトウ」でも「ヒライ」でも同じ)。

     同時にレンジャーズのバーネット(元ヤクルト)にも目が行くし、それ以上にアストロズのコーチをしているパウエルは中日での活躍を知っているからつい応援してしまう。コーチ、それも補佐だから何を応援するのか自分でもよくわからないが。一方で、ダイヤモンドバックス監督のロブロは一時期ヤクルトにいたそうだが、残念ながら当時を知らないので何かを思うことはない(アストロズのグリエルも同様)。といいつつロブローの語り口を見るにつけ、いい監督(というかいい人)そうなので気になる存在ではある。

     

     そして前田とダルビッシュに対して、なにがしかの親近感のようなものがないといえばウソになろうが、ドジャース投手陣でやはり一番応援したくなるのはカーショウである。投げ方が格好いいのとカーブの曲がり方がマンガみたいなのと帽子のツバが今風まっすぐではないところは見ていて面白い。ロバーツ監督は沖縄生まれらしいが、そんなことより顔が甘利明に似ている方が気になるし、それ以上にやはり、現役時代にレッドソックスの呪いを解く最大のキーポイントとなった9回2アウトからの盗塁を決めたことが印象としては一番大きい。
     要するに、出身で贔屓する感情をことさら否定するのも不自然ではあると思うが、そんなことよりはるかに気になることがいっぱいあるということで、生まれが長崎だなんだと騒ぐよりちゃんと本を読めと、言うまでもない話をぐだぐだ書いてしまった。

    あの長寿連載マンガの秘密に迫る!というような深夜番組でたまたま紹介されていたズバリの一コマ


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM