左手右手の会議

0

     例年この時期のドラフト会議のテレビ中継がすっかり楽しみになってしまい今年も録画して見た。野球選手の将来がかかった非常に重大な「会議」で、今年のように注目の選手がいると外野の我々もその選手がどこに行くのか気になるという点でも十分にニュースバリューはある。のであるが、外形的にはおっさんがくじ引きしているだけである。これは「会議」なのか?という点からして何だかおもしろいわけだが、感じたことが大きく2つあった。

     

     前にも書いたが、どの球団が誰を指名したのかという根本の情報以外に実況することもあまりないので、右手で取ったとか左でだとか、どうでもいいことをさも重大事のことのように言うのもすっかり楽しみになってしまっている。「お!今年は左で行きました!」と実況が声を張ることからもわかるように、手元にはそういうことを記した資料があるのだろう。意味がないものも継続すると意味が出てくる(現に「また言うてる」と見ている俺が笑っている)。新しい価値の想像という広告屋の得意な手法である。中身はちっともないという点も含め。マルセル・デュシャンの問いかけに対し、後世の人間は「便器」以上のものを探し出すことにいそしむことを選択したといえよう。と、結論づけてから思い返してみると、自分がくじ引きを引くときに、利き手以外で引いたことがない。今度機会があれば左で引いてみようと思う。

     

     清宮を引き当てたのは日ハムで、くじを引いたのは初参戦の木田だった。その新参者が「強者揃いの中で見事!」と実況が興奮していたのだが、くじに「強者」なんてものがあるのか。文脈としては、周りはそれぞれ過去に競合に勝った経験があるから人が居並んでいたから、ということだが、「この方も過去に誰それを引き当てた経験があります」と、過去にさかのぼればそりゃ各自あるでしょうよ。真相は、いつも困ったような顔に見える木田の外見にくじ運が想像しにくいからではないかと邪推している。一方で、ぎょろ目が爛々としたソフトバンクの工藤監督はいかにもくじに強そうで、実際過去2年は見事勝利している。やっぱりこういうやんちゃくれみたいな人はツキもあるんだなあと妙に納得させられてしまうところがあるのが、今年は3回も外していた。こうして帳尻が合うんだな。確率論の正しさを思い知らされた。

     

     「大きく2つ」と書いたが、以上が1つめの話で、2つめは解説者についてだ。槇原と、早稲田の元監督という人が実況アナウンサーに同席していたのは、プロ代表とアマ代表という人選だろう。槇原はテレビ慣れしているが、早稲田の人はそうでもないから、「こうなったらもう12球団清宮(指名)でもいい」など何の問いかけにもなっていないことを口走っており、ほとんどテレビと会話している一般視聴者のごとくだった。アマの立場として指名を待つ側の話を語ればいいと思うのだが、気の利かない実況アナがほったらかしで、ちょっとかわいそうに思った。アナウンサー(もしくは制作サイド)も所詮くじの行く末にしか興味がないんだろう。その元監督氏が、「早稲田に来てほしかった」とボソっと言ったのだけが印象的だった。

     

     蛇足だが、阪神ファンはやはりうるさい。金本が2回外して「また〜?!」と悲鳴を上げていたが、それは酷というものだろう。去年の指名の時点で「え〜?」と言われたのよりはマシだろうが、しかし、くじ運が大きく左右する行為だからその時々で局面が変わることだとはいえ、長距離砲を二度外して3度目は投手に鞍替えというのも素人目にはどういう方針なんだろうとは思ってしまう。それで翌日の報道を見ると、「広島は現在の戦力や年次を踏まえて何年も先を見据えて指名選手を選んでいる(から清宮を指名しなかった)」というネットの記事が出ていて、むしろ他の球団は考えてないのかよと思った。

     

     さて海の向こうでは北米2ヵ国だけでワールドを名乗る中華思想世界大会が幕を開けている。第1戦は息詰まる投手戦の中、ターナーの本塁打でドジャースが勝利。第2戦も似たような展開でドジャースが勝つと思わせて、抑えのジャンセンが同点弾を浴びて延長になり、引き離しては追いつくの盛り上がる展開で最終的に7−6でアストロズが勝った。得点のほとんどが本塁打という、ひと昔前の巨人対巨人のような試合であった。土壇場で貴重な同点弾を放ったアストロズのゴンザレスは、以前にダルビッシュが完全試合まであとアウト1つになったときにヒットを打ってご破算にしたことがある。アルトゥーベ、コレアの陰に隠れてあんまり目立たないが、このミスター土俵際には要警戒である。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM