映画の感想:ブレードランナー2049

0

     くしくも同じ監督の作品を立て続けに見た。

     「っぽい」という枠組みを残せるのは、何かを作る側にとってはしてやったりだ。というか芸術というのはそういうものといえるか。大学に入ったとき、「ブレードランナーっぽい」ものを喜ぶ人間が多くて驚いた覚えがある。正確にいうと、「ブレードランナーっぽい」という表現が、共通理解を前提としてやり取りされている状況に驚いたのだった。

     そんなに有名な映画だっけかと思ったのは都市部と田舎の文化格差のせいだと片付けたが、そんなすごい映画だっけかとビデオ屋で借りてきて見てもあまりピンとこなかった。その後何年もたって改めて見て、これはたしかにおもしろい映画だと感じ、ようやく当時の友人たちに追いつけたのだった。個人的にはかくのごとき情けない事情で思い出深い作品だ。ただし、何がおもしろかったのかと問われても、ろくに言語化することが出来ず、「雰囲気」とか「世界観」とかの駄目な演劇演出家みたいな言葉しか出てこない困った作品でもある。

     

     続編たる今作も、感想を書くのが難しい映画だった。聖書をモチーフにしているようで、「誕生」というか「創生」というか、とにかく普遍的でデカいテーマを戴き、大して話らしい話もなく、その場その場の場面の印象とか、感情への共感とかで引っ張るよくできた演劇みたいな映画だった。尺が長いのも演劇的だったが、壮大なテーマを掲げて話らしい話もなく2時間超える演劇は割と出来損ないのケースが多いというのは個人の感想余計な話。舞台作品との違いは、圧倒的に金のかかったセットという言うまでもない話だが、「映画を見た」という気分は十二分に味わえる。

     

     その他、あれがよかったとか、これがわからなかったとか、単発の指差し確認しか書けることがないのだが、備忘録としていくつか書いておく。

     前作同様、電飾ギラギラのビルが林立して地面はカオスという大袈裟な香港みたいな街に雨が降っているのだが、不思議と古臭く感じず、これは意外だった。スターウォーズ3のように、何年も前の前作とののりしろ部分が、時代の経過で齟齬をきたしてしまっているような事態が必然的にあると思ったのだがそうでもなかった。

     そのスターウォーズ同様、ハリソン・フォードの子供がトラブルを起こす話だったわけだが、彼が演じるデッカードが登場してから若干失速したように感じた。主人公Kの孤独が、猯人瓩箸里笋蠎茲蠅鯢頭に、妙にしみじみ伝わってくるのに対し、デッカードの孤独は宝くじで10億当たって破滅した人みたいな種類のものに映ったからだろうか。

     ラブが妙に強いのは、アクションという点から生まれた演出だと推測するが、邪魔に感じた。それがなぜかを考えてまとめてみようと思ったが無理だった。
     さて実際の2049年に、カリフォルニアで日本語の電飾看板はギラギラしていられるのだろうか。

     

    「BLADE RUNNER 2049」2017年アメリカ
    監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    出演:ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング、アナ・デ・アルマス

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM