映画の感想:政治の映画2本

0

     政治家、それも国家元首が主人公の作品を2つ見た。
     「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。ダサい邦題だ。原題は「Margaret Thatcher」かと予想したが、「The Iron Lady」だった。「涙」をつけるところが邦題っぽいが、実際、「鉄の女」と「涙」が出てきたから内容通りの語彙選択だ。

     

     「鉄の女」は、主張を曲げない女性政治家に対してしばしば用いられる枕詞で、サッチャー以外にもそう呼ばれた政治家は、ウィキペディアが紹介するだけで十数人。でも政治家ってそういう仕事じゃないかしら。元首になる人ならなおさらのこと。要するに女だから、女は弱いという固定観念があるからこそ使われるのだろう。「鉄の男」はあまり聞かない。「鉄男」という映画が昔あったが、これは文字通り鉄になる男の話だった。「鉄人」は、頑健なスポーツ選手もしくは調理技術が長けてるっぽい人を指すから意味が異なる。
     「鉄の女」は過去の話ではなく、ドイツの現職首相にも用いられているのを見たことがある。「女帝」という陳腐にもほどがある表現も目にした。上沼恵美子じゃあるまいし。このような言語感覚が現在も流通しているのはいかがなものか。メルケルに何か枕をつけたいなら「ビール党」ではないのかと思うが、政治家に政党以外で「党」を使うとややこしい。

     

     タイトルだけを云々していると駄目な文芸選考委員のようであるが、このタイトルが割と中身を表しているように思う。
     「鉄の女の涙」から想像するのは、ときに冷血とも見える思い切った判断を下す豪腕の政治家でも、個人としては悲しみや孤独を抱えている――というような類型的な伝記ものである。テレビ局がやっつけで作るような、批評性皆無の顕彰まがいのあの手のような内容だ。本作は、引退後のサッチャーが、先立たれた夫の幻影と会話しながら過去を回想するという凝った構成ながら、全体的には表層的に来歴をなぞったようにしか見えなかった。政策判断の裏面や秘史が出てくるわけでもなく、当人の内面をえぐるわけでもなく、家族モノとして掘り下げるわけでもなく、回想スタイルを採用したのも、手際よくダイジェストでたどるための方便にしか見えなかった。どういう意図なのだろう。テンポがいいのと、無自覚な顕彰に陥らないように注意している点はうかがえるから、その辺は好感がもてる。

     

     作中ちょっとだけ登場する炭鉱労働者のストライキは、「パレードにようこそ」で描かれている舞台そのものだ。同性愛者の地位向上を訴える活動家が、サッチャーの炭鉱閉鎖に対抗する労働者と連帯しようと奮闘する非常に面白い映画だった。暴力として働く善意(道徳)と、手を差し伸べ、その手を握る理想形の善意が交差する感動的な作品だ。これを見ると「鉱」を虐げて何が鉄の女だとすっかり彼女が嫌いになってしまう。本作に期待したかったのは「さりとて首相にも一理ある」という反対側の視点だったのだが、「新自由主義」で済むような見出しレベルの描き方にとどまっていた。一つだけわかったのは、食料品店の娘から政治家にまでなった当人の負けん気と努力が小さな政府を志向させた点で、なりあがり系の人に多いタイプだと思うが、トワネット系ではないようだ。

     

     「リンカーン」。何のひねりもないタイトルながら、こちらは主題が明確だ。
     五十余年の生涯の最後の4カ月=4年続いた南北戦争の最後の4か月だけに的を絞っているところがその最大の理由だ。子供のころ読んだ伝記に登場する話はほとんど出てこない。的を絞るというのは、切り口が明確にもなる。


     この期間に何があったかといえば、奴隷制廃止を憲法に盛り込むための奮闘だ。南軍は和平したがっている。憲法をあきらめれば、これ以上国民を死なせることはない。一方で修正案を成立させるには、与党である共和党の温度差をまとめる必要があるし、それだけでは下院での票数が足りない。世界史を履修していれば結果は知っているはずだが、それでもどうなるのだろうとハラハラしてしまった。知らなければ余計だろう。そのようなエンタテイメント性もしっかり確保しつつ、奴隷制廃止という(後世から見れば)全くもって正しいことも、法制化するには色々難しいことがあることが示され、「法の支配」とは何か?といういい勉強にもなる。脇役の存在感も光っており、さすが手練れの監督による映画だと思わされる。

     

     この作品は与野党左右、双方に目配せしながら描いた「サッチャー」と異なり、作り手は思い切りリンカンに肩入れする立場である。奴隷制廃止を巡る尽力を顕彰しているともとれる。それでも鼻白むことがなかったのはなぜだろう。

     仮に「サッチャー」が思い切りサッチャー寄りの内容だったら党派性が鼻について辟易していたと思う。フィクションに政治を持ち込むのはいくらでもありえるが、党派を持ちこむのはいただけない。プロパガンダになってしまう。

     

     

     一つは、「リンカーン」が百何十年も昔の話だからというのがあろう。主人公は政治家というより歴史上の人物。リンカンと大まか同世代の井伊直弼が主役の「花の生涯」と構造的には変わりない、ともいえそうだが、アメリカは建国以来、国の大枠は変わってないので、幕末〜現代の日本に比べて時代の断絶は小さめだと思う。なにせ作中、今と同じく共和党と民主党の議員が下院で喧嘩している。なので日本史に比べて「遠い昔の話」の度合いは薄めだ。ただし差別に対する態度はまるきり逆で、その点は隔世の感を覚える点である。人道主義、博愛主義的なことを口にする議員は共和党側に集まっている。初の黒人大統領は民主党から出ると聞いたら本作に出てくる民主党議員は即憤死するのではなかろうか。

     

     もう一つは、リンカンが目指す修正案に対する反応が、賛否の2つだけではなく様々な点だ。共和党議員の中にも、奴隷解放宣言だけで充分だとする人もいれば、逆にリンカンの案は手ぬるいという急進派(急進的な平等実現派)もいる。既に触れたように法手続き上実現はかなり難儀だと乗り気ではない人もいる。黒人側の意見はあまり登場しないのが若干頼りないが、一応「自由のために戦ってきたが自由が何なのかよくわからない」という胸を打つ台詞も出てくる。わかりやすく二項対立に描かなかったのは、真実味を出すというだけでなく、白ける危険性を排除するのにも一役買っているはずだ。というのも、党派性はしばしば二者択一の行為に現れるからだ。

     

     3つめは、何より扱っていることが普遍的だからだ。財政政策のような、特に正解が決まっていないことではなく、人間存在の根幹にかかわる問題である。どちらも元首が主人公とはいえ、扱うテーマの種類がまるで異なる。終盤辺りで閣僚に対して「私は大統領だ!」とまるで独裁者のように凄むリンカンは、さながら「鉄の女」ならぬ「鉄の男」で、奇しくも「サッチャー」でも終盤に彼女が閣僚に凄むシーンがあるが結果は正反対である。前者は結束を固め、後者は政権が瓦解する。奴隷解放の場合、向かう先がいわば愛とか優しさだから、権限をことさら誇示するならやはりそちらじゃないといかんよなあと思う。

     

     とはいえ、片や背後から頭を撃たれて死亡し、片や孤独とはいえ天寿を全うした。恨まれの総量が多いのはサッチャーの方な気がする。無論、奴隷解放によって財産を失った者も少なからずいただろう(奴隷は動産になる)。だが、近代以前はともかくとして、暗殺は得てして損得勘定ではなく狂信や(当人にとっての)義憤で引き起こされるものだから、低所得者層に恨みを買う人より普遍的根源的なところに手をつけた人の方が遭遇する可能性が高い。だからこそ偉大というのもあり、顕彰的ともとれる作品を作る意味もある。ただし、ジェシー・オーエンスの登場は70年後、ジャッキー・ロビンソンの登場は80年後、キング牧師の登場は100年後で、バラク・オバマは140年待たないといけない、とすでに前に書いたような終わり方で終わる。

     

    「The Iron Lady」2011年イギリス
    監督:フィリダ・ロイド
    出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント

     

    「LINCOLN」2012年アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM