年の瀬の買い物

0

     正月の土産に、たまにはブランデーでも買ってみようと物色し、名前で選んだ。
     ウイスキーがすっかり定着する一方で、ブランデーは棚の面積を奪われ脇に追いやられている。俺自身もあまり味のイメージを持っていない。給与をもらうようになった20代のころ、すでにシングルモルトウイスキーのブームだった。入社半年研修というので、各地方に散らばっていた同期が久々に本社に集合すると、一部の酒飲みは「ボウモア」「ラフロイグ」等々覚えたての銘柄を必死に口にしていた(俺含む)ものだったが、「カミュのXOが」とイキっている同期はいなかった。

     

     一方で当時のおじさん文化の中ではブランデーはまだ根強かったと思う。付き合いでクラブのようなところに連れて行かれると、ヘネシーのVSOPが出てきて、シャンプー容器のような構造の水差しをホステスがプッシュして、強制的にというか自動的にというか、とにかく必ず水割りにして出てくる、というのが毎度のことだった。水割りは味がよくわからない上に酔いは回るから、楽しい思い出はちっともない。

     

     そういう事情で完全に視野から外れていたブランデーだが、急に買ってみようと思ったのは、ブランデー好きおじさんになったという加齢のせいか、それともひねくれているから流行らないものに興味が湧いたか。ま、両方だろう。

     

     知識がないので名前で選んだ。世界史履修者なら必ず教科書で名前は目にしているはずの有名人である。歴史好きとしては見過ごせない。購入理由はそれだけである。
     スペイン国王カルロス1世にして、神聖ローマ皇帝カール5世。神聖ローマ帝国は、現在のドイツ、オーストリア、チェコあたりに領土を構えていたから、スペインから1000キロ以上離れた国のボスを兼任していたことになる。ついでに生まれは確か現在のベルギー辺りで、好んで使っていたのはフランス語。初めて習った高校生のころ、さっぱりわけがわからなかった。今もよくわからない。主権国家という概念がなく、ヨーロッパの王族がことごとく親戚同士だったから、現代人からすると珍妙に見える現象が起こるのであるが、とにかく彼の出自であるハプスブルク家が勢い余っていた時代といえる。

     

     今年は宗教改革500周年に当たり、一部で盛り上がりをみせていたが、その中心人物であるルターと対立した皇帝としても知られる。お前の説はけしからんと議会に呼びつけつつ、ドイツ語がよくわからないのでルターが何を喋っているのかもちんぷんかんぷんで寝ていたらしい。俺様態度にもほどがあるが皇帝なので仕方がない。

     

     命名の由来は、醸造元のホームページを見ると、この世界皇帝的なところにあやかってのことらしいが、その割には値段は大したことがない(XOだと高いのだろうけど)。同じく国王名を冠したレミーマルタン・ルイ13世なんて、冗談みたいな値段がついている。これがスペインと、おフランスの違いだろうかとくだらないことを考えてしまう差だ。

     

     だが日本には清洲城信長鬼ころしがあるから、為政者の人気と酒の値段は反比例するのかもしれない。あと「下町のナポレオン」で有名な酒もあるが、ナポレオンは下町の生まれだ。「カルロス1世」の「ナポレオン」だったら、わけがわからなくなって面白かったが、ホームページを見ると、この普通のクラスとXOしかないもよう。コニャックじゃないからか。ちなみにカルロス1世の息子フェリペ2世は「太陽の沈まない国」「無敵艦隊」で知られ、ルイ13世の息子が、かのルイ14世。2人とも息子の方が派手な印象がある。

     

     肝心の味はまあ、ブランデーの味ですわ。ふわーっとカールい薫りが漂って、この軽さを味わうと、瓶を空にした後に、軽ロスになりそうな気がする。苦しい。酒の話なのに後味が悪い。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM