【やっつけ映画評】デトロイト

0

     この監督の作品を見るのはこれで3作目。「ハート・ロッカー」で一躍有名になってからしか存じ上げないが、いずれも重いテーマな上、神も仏もないありさま(と拷問)をドキュメンタリー風味で描くから、見るのは腰が引ける。寒さのせいか、気分がすぐれず何もはかどらないので見に行った。殺伐としすぎていて、逆説的に「元気がもらえる」かもしれんと考えたのだが、さてどうだったろう。自分でもよくわからん。どうもこの監督は、俺にとって興味深いテーマを、俺にとっては好きじゃない具合に仕上げる。

     

     警察官による黒人射殺がテーマだ。今でもよくニュースになっていて後を絶たない。最近はスマホ普及のおかげで、警察側の正当防衛主張が大嘘とわかる映像が明るみに出ることもあるが(にしても警官は無罪になるボーンインザUSA)、ということは昔からそうだったんだろうなと思わされる。本作は「昔からそうだった」の実話だ。

     

     1967年にデトロイトで起きた暴動の最中、モーテルの窓から黒人青年がふざけて陸上のスタート用ピストルを撃ったことで、発砲と誤解した市警察がモーテルになだれ込んでくる。宿泊客は全員壁に立たされ、「銃はどこだ」「知らねえ」ボコッ、「撃ったのは誰だ」「俺じゃねえ」ボコッ、の特別公務員暴行陵虐罪が延々と続く。暴動取締の応援に来ていたと思しき州警察の警官が「人権侵害がひどすぎる」とドン引きするほどだ(そしてその良心派警官が厄介事に巻き込まれたくないと目を逸らす地獄絵図)。

     

     市警の警察官が過度に暴力的に振舞うのは、彼ら猴撞深圻瓩黒人だからだ。嘘つきの犯罪者に違いないという思い込みと、隙を見せると殺されるという恐怖心に因るのだろう。いずれも大元にあるのは差別だが、警官たちは、汚い侮蔑の言葉を吐く等の直截的な差別的言動を誰もとらない点(嘲笑するシーンは少しあるが)が説得力を生んでいる。彼らは(内心は黒人を蔑んでいたとしても)職務に忠実なだけのつもりなのだと思う。なので話が複雑になる。まあ差別の話は毎度そうだ。結果、半世紀前の話ながら、五十年一日状態で今に直結している格好になる。監督がこの古い話を持ち出してきた理由もその辺りにあるのだろう。今やる意気込みは、先日NHKがやっていた赤報隊の番組と同じで、その心意気は素晴らしい。

     

     示唆に富む場面はいくつかある。主犯格の警察官は、序盤で暴行に乗じた窃盗犯を射殺しているが、合理的理由が全くない状況での発砲なので、さすがに上司も咎めてくる。だが面倒くさいのか、適当に理由をでっち上げて黙殺する。結局彼を不問に付したことが、より大きな事件につながっていくわけだ。たがが緩む、というのはこういうことなんだな。特に警察は権限と銃を与えられているから、暴動という特殊な状況下でも、原理原則四角四面は重要なのだ。

     

     現場近くで勤務する警備員のディスミュークスは、警察官に職質を受ける黒人のなだめ役のような立ち回りを普段からしているように描かれている。このため「お前は白人の犬かよ」と罵られるが、反発するより生き抜くことを選べと諭す。この頼れる男っぽい大人なキャラクターのディスミュークスも、この事件の現場では出る幕がない。黒人たちを救おうと隙間を見つける努力はいくつかするが、立場上警察側に立たざるを得ないし、状況も不用意な行動を許さない。要するに傍観者になってしまう。結果、彼には皮肉な運命が待ち受ける。不正を傍観すると、やがては自分に返ってくるということだ。じゃあどうすればいいのかといわれると、さっぱり何もわからないから難しい。正義を貫こうとした人物は射殺されたしで。

     

     このように、問題提起の多い作品だが、救いのない実話を扱っているだけに、内容は救いがない。変にどこかでスカっとさせる演出を入れると途端に説得力がなくなるだろうから、制作側の狙いからいってもこういう物語になるだろう。

     それでも、見た人に差別について考えてもらうというメッセージ性からすると、はて効果的なのだろうかとは考えた。

     

     黒人差別を扱った作品は、このブログでもいくつか紹介してきた。横暴な警察官が出てくる点で一番似ているのは「ストレイト・アウタ・コンプトン」だが、その他「42」「栄光のランナー」「ドリーム」などなど、あれらの方がメッセージが響いた印象がある。

     なんでだろうと考えて、これらの作品の主人公は、音楽にしろスポーツにしろ数学にしろ、日常生活とは別の「共通言語」を持っているからだと思った。ヒットを打つのが上手いとか、数学に優れているとかは肌の色だの何語話者だのは無関係に、その分野における基準で尊敬されたり見くびられたりする。必ずしもそう単純でないことは「42」や「ドリーム」のところでも書いたが、そのような別の「言語」があるからこそ、差別の話が分かりやすく可視化されると思う。単に許せないとか素晴らしいとか以外に色々考えさせられる。


     本作の場合は不条理な現実がただあるだけなので、告発のパワーはものすごいが、何かを考えさせられるというよりは、残酷な矛盾に身震いしながら、いかんゆるせんと怒るか、あいつらも余計なことをするからやんけと弾圧される理由を見つけて自分を安心させるかしかなくなりそうだ。被害者の中には歌の才能に恵まれた青年がいるが、彼がその歌の力でどうにかするということはなく、むしろ「白人の前で歌うのはまっぴらだ」と自ら可能性をふいにしてしまう。それだけ不幸な出来事だったのであり、「ストレイト〜」のメンバーたちは、怒りを曲に変える元気があったから、その点恵まれていたということだろうか。


     この歌手の青年以外の若者は、みんな特別何かの才能に恵まれているわけではないフツーで適度にダメな人々だ。差別と直面する人のほとんどは、こういうフツーの人たちであり、全員がジャッキー・ロビンソンやジェシー・オーエンスのように才能で回りを黙らせられるわけではない。この被害者たちのようなスターでもなんでもない人々が、どうやってこの苛烈な矛盾と対峙すればいいのか。そこにもう少しまなざしが注がれていると、胸に手を当てやすくなるような気がするのだが。その点、法廷で証言した被害者の一人が、弁護人に「うるせえばかやろう」と啖呵を切る場面はとても印象に残った。


    「DETROIT」2017年アメリカ
    監督:キャスリン・ビグロー
    出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アルジー・スミス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM