【やっつけ映画評】カティンの森

0

     「残像」が妙に印象に残ったので、同じ監督の著名な作品を見ることにした。監督の名前で作品を選ぶことは俺はあまりしない。大変に楽しんだ作品を見た後、同じ監督の別作品を漁った経験は少ない。なのになぜか、といえば「残像」は作品が面白かったというよりは、何が面白いのかよくわからないが見入ってしまった映画で、そこに監督の怨念のようなものが渦を巻いていると思ったからだ。要するに、ワイダという人が気になったのである。


     タイトル通り、この事件をテーマにしている。名前は有名だが、森で人がたくさん虐殺されて埋められた事件、くらいの乏しい認識しかなく、勉強がてら見た部分もあるが、事件そのもののシーンがないまま残された家族たちの場面が続いていくところが面白い。これは「森で人がたくさん虐殺されて埋められた」という出来事なんだな、と強く再認識した。

     

     第二次世界大戦は、ドイツがポーランドに侵攻したところから始まる。同時に不可侵条約を結ぶソ連もポーランドに攻め入り、分割状態になった。冒頭、ドイツに追われて東へ逃げる民衆が、東から逃げてきた人々と橋の上で出くわす。状況が端的にわかる非常に印象的な場面である。

     

     そうしてポーランド軍兵士は捕虜になり、移送の途中でソ連軍に1万人以上(兵士以外も含む)が虐殺される。この蛮行を暴くのが悪の権化であるはずのナチス・ドイツだから話がややこしい。ついでに犯人側のソ連が最終的にはドイツを破り、ポーランドの牴鯤者瓩箸靴得鏝紊旅餡髪娠弔亡悗錣辰討るから、もひとつややこしい。

     

     映画は、この虐殺で犠牲になった将校の妻を中心に、その家族や生き延びた戦友ら、何らかの形で事件の被害者となった人々が入れ替わり立ち替わりして進んでいく。群像劇のようであるが、あの手法は、様々な登場人物がやがて交差し物語を盛り上げていくのが常なるところ、本作の場合、各自の生きざま死にざまをただ並べただけのような格好になっていて、話が見事に転がっていくというような展開は特にない。というわけで、ひどく散漫で退屈な内容に見えた人もいるだろう。

     

     だけど、事件を起こした側が被害者の国に、この後半世紀弱君臨するわけだから胸のすく物語は期待しようがないのは「残像」と同じだ。

     ここで描かれているのは、ある事実を国家が改竄したときに、何が失われるのかということだと思う。終盤で登場するあの無駄死ににしか見えない青年の暴走〜死が象徴的だ。いかにも若い命を粗末に散らし過ぎに見えて呆れてしまいそうになるが、それだけのことをもたらすということだ。彼以外にも命を散らしたり、自暴自棄になったりする人がいる一方で、膝を屈して生き残りを選ぶ人もいる。共通しているのは、「希望」が失せたということだ。あったものをないと言い出すと、あるべきものも消えるんだなというのがよくわかる。「この人誰だったっけ?」と、途中で混乱してしまうくらい、さして物語を転がすわけでもない総じて脇役っぽいあまたの登場人物のそれぞれの崩壊が生々しく、いちいち深入りしない描き方の分、こちらの感情移入が少ないだけまだ見ていられる。とてもつらい映画だ。

     

     生々しく感じるのは、虐殺の場面が出てこない演出によってリアルタイムな雰囲気が出ているからだろう。各登場人物は誰もその場面を見ていない。確かなことは待ち人が戻らいということと、伝聞で知るおぞましい事件について口にするとその後恐ろしいことになるということだけ。このもどかしさが臨場感を与えている。

     

     このまま終わるのかと思わせておいて、監督はラストで、その場面を描いて見せる。移送された兵士たちがどこかの僻地で降ろされ、どうにも様子がおかしい。ああ、俺たちは殺されるのだと各自がそれぞれの格好で覚る中、一人一人銃殺されて埋められていく。こうして映画は終わる。


     さてこの事件は、この後どういう位置づけになるのだろう。とりあえずwikiで済ますことをご容赦あれ。ペレストロイカのころ、事件の記録が公表されソ連の関与が明白になった。自分たちの犯行を示す証拠がしっかり残っているというのは驚きだが、文書保存の重要性を示す昨今うってつけの事実といえる。ただし、責任者を割り出して訴追する、というようなところまでは踏み込んでいない。調査もしていない。ロシア政府も「遺憾の意」は示しているが謝罪はしていないようだ。なんとも中途半端ですっきりしないが、事実を認めつつ責任はどうにか回避しようとするのはやった側の常というところか。国家の絡んだ犯罪は、政治性からは逃れ得ないようだ。その点、認めないよりは遥かにマトモにしても、本質的には本作が提起している問題は払拭されていないことになる。こうなると、やられた側の主張も政治的に捕らえられるから、余計に話がこじれてくるのは本邦でもおなじみだ。


     まるで追伸のように虐殺場面を淡々と描く本作のラストは、責任云々はさて置き、あったことは確かに動かしようがなくあったのだという監督のメッセージにも思えてくる。捕虜の殺害というあってはならない残虐行為によって命を失った人が多数いることは、評価や政治とは別次元の事実として間違いない。それを明確に示したのがこのラストなのだと思えてしかたない。ロシア政府も事実自体は認めているじゃないか。それはその通りだが、そのうち事実自体も「なかった」と言い出す輩が登場してくることは、すでに日本社会が直面している。
     

    「KATYN」2007年ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    出演:マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、ヴィクトリャ・ゴンシェフスカ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM