MLB2018

0

     先日、知人から久しぶりに電話がかかってきて、生きていく希望を自らどうにか作り出さないと潰れてしまいそうだとか何とか、中年の危機を話していた。「お前はどうよ」と言われ、さて最近希望に満ちたことって何かあるかしらと考え、「大谷の打席ですかね」と答えたら、「お前もお前で重症だな」と言われた。


     だけど、「マンガでも没になる」と評されるほどの鮮烈デビューを飾った大谷は、その記録というよりは、体の柔らかさを活かしたしなやかなバッティングが見ていて楽しい。アルトゥーベ、ベッツあたりに次ぐ魅力的な打者だ。誰かに似ていると思って見ていたのだが、一球さんもしくはスラッガー藤娘だな、と気付いた。どっちも右打者だけど、例によって水島大先生であるから、野球といえばそれしか知らないのかという話である。下馬評の低かったエンジェルスがアストロズに伍しているのも、彼の存在が大きいだろう。是非ワイルドカードに進んでもらうと、一発勝負を投手か打者がどっちで?という話でしばらく持つと思う。

     

     エンジェルスのいるア・リーグ西地区は、昨季優勝のアストロズが盤石。立憲制の国王のような存在にイチローを収めて「若手を使え」の批判を抑え込んだマリナーズが追撃している。

     中地区は低調な滑り出しだったインディアンズが首位に浮上。なにせ呪いの元凶たるお馴染みのロゴマークを廃止すると表明したので、いよいよ呪いが解かれるのか、実際に廃止される来季以降になるのか、いずれにせよ近年はポストシーズンで奮闘したチームが優勝するのがパターンであるから一番の注目チームといえよう。

     東地区はレギュラーシーズンは勝っているのにポストシーズンで負けたからと、ちょっとかわいそうな格好で監督の首を挿げ替えたレッドソックスが好調。余計に前監督がかわいそうな気もしないでもないが、ハリルホジッチ首→その後、の惨状に比べれば何の問題もない。台湾の林がこの隙のないチームでどれほど活躍できるか注目。

     同じく監督が若手に交代したヤンキースは、マーリンズのオーナーに就任し、その実ヤンキースの回し者疑惑があるジーターからスタントンを仕入れ、マリス&マントル以来およそ半世紀ぶりの王者っぽい打線を擁している。しかし、優勝が至上命題的なチームがちっとも優勝できていない状況が続いているのに、ここのGMは20年くらい続投し続けているのは何でなんかね。過去のヤンキースであれば、オリオールズからマチャードを引き抜いて節操のない強力打線の上乗せをやりそうだが。いつの間にかブルージェイズにオ・スンファン(呉昇桓)が加入していた。

     

     ナ・リーグは、西地区の本命ドジャースが怪我人続出で出遅れ。カーショウ、ターナーを欠くと激弱になる点、現代野球とはとても思えない古典ぶりが魅力である。やはりこの2人がチームの核か。ヒルもリュもDL入りで前田に期待が集中するある意味燃える状況だが、彼もお尻の辺りが痛そうで不安が残る(その後DL入り。先発全員故障でYuを呼び戻すしかないと思ったら彼もDL。松坂でも獲るか)。ダイヤモンドバックスは主砲をレッドソックスに放出したが、両チームとも強くなったからなんと気持ちの良い取引か。ロッキーズも着実に力をつけ混戦模様。一方、偶数の年なのにジャイアンツは下位に沈んでいる。そんな中、かつての名捕手イバン・ロドリゲスの息子、デレック・ロドリゲスがデビュー。ただし投手である。まるでバンド解散後に、ドラムからギター&ボーカルに鞍替えしたデイブ・グロールのようであるが、このデレックもデイブ同様見事な長髪だ。というかジャイアンツは長髪でないといけない規定でもあるのか。

     

     中地区は下馬評が高いブリュワーズが強いが、ポストシーズンの常連だったカージナルスも復調の兆し。低迷とみせかけいつのまにか上位に食い込むカブスのしたたかさも定番化している。大谷の登場で徐庶のように存在が薄くなってしまったYuの快投が望まれる。
     東地区は監督を代えたチームが多い。このうち優勝が指定席化しているナショナルズは相変わらず強く、あやうく100敗が何年か続いたフィリーズも急に強くなり、一方メッツは低迷。監督を代えていないブレーブスがまさかの好調で、赤3チームの混戦模様である。ハーパーがいるうちに優勝したいナショナルズだが、少なくともワールドシリーズ出場をそろそろ決めたいところ。一方、ジーター、マッティングリーのヤンキースコンビが支配するマーリンズは、まるで巨人の天下り先たるかつての横浜であるが、かつての横浜同様、独自の勝率を堅調に維持している。最弱チームは翌年のドラフトで1位指名の権利がもらえるため、今季は負けるのが任務との評もあるが、それは八百長ではないのか。ブラックソックス事件ならぬ、クロカワカジキ事件也。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM