ぐだぐだと復帰

0

    晩白柚と黄色いボール

     

     3月末でひと段落ついたように書いたが、全然そんなことはなく、月月火水木金金的な週が続いた。ついでに在宅仕事も多く、学生が書いた文章を4月だけで500本ほど見る羽目になった。すごく単純に見積もると、普通サイズの書籍2冊程度といったところの文字数。こう書くと大したことはないように見えるが、何せ本ではないので、そりゃもう・・・・・・。仕事とはいえ、精神的にかなりすり減る。


     この感覚は何かに近いと思って、何度か書いている昭和30年代のマンガをまとめ読みしたときだとわかった。当時の少年雑誌に連載されていたマンガは、どれもこれもが判で押したような工夫のないワンパターン。黎明期だからそんなものだろうし、それをわざわざ調べると自分で決めてやっているから文句をいう筋合いは全くないのだが、ちっとも面白くないので、マンガを読んでいるだけのことなのに実にすり減ったものだ。そしてたまに手塚治虫作品と遭遇して格の違いに「おぉ!」となる。
     これと似たような感じだ。手塚治虫のような学生はいないが、たまに「よく書けてるやん」というのはいる。ただし若干名。あとはひたすら似たような具合。ただしテキトーにやってるのは若干名で、大方は真剣に取り組んだ末での結果ではあるから、こちらも真摯に添削。

     

     大学の1年だったか2年だったか、とある授業でレポート課題が出て、ろくに講義を聞いてなかったこともあり、何を書けばいいのかさっぱりわからない課題だったから、さあ困った。結局よくわからないままよくわからないことを書いて提出したらば、後日の授業で教授が「みなさんまあまあよく書けてたと思います。ひとつだけ怒りを覚える内容のがありましたが。よほど不可にしようと思ったけど、可にしときました」とコメントし、案の定その授業の俺の成績は「可」だった。
     大学関係の仕事をするときには、常にこの自分史を定期点検するようにしている。自分だってその程度の阿呆だったのだと。ただし「怒りを覚える」とあのとき教授が言っていた気持ちもよくわかるようになってもしまっている。

     

     この作業の中で直面したのは、難しい話になると若人の年齢設定が老化するという現象である。例えば「環境問題と経済」というなかなか難しそうなテーマで文章を書くとすると「経済活動が環境破壊を生み、さりとて環境保護を進めれば経済活動が立ち行かなくなる」という昭和の公害企業の経営者みたいな二律背反を書いてくる、といった具合である。彼らは二十世紀末の生まれなので、物心ついたときから環境への取り組みをPRする企業ばかり目にして育っているはずだから、そういう前提の話をいかにも書きそうなものだが実態は違う。不思議なものだと思ったが、「今の子供は外で遊ばなくなった」とか「近年、近所づきあいが希薄になった」とか書いてくる学生は、学生相手の仕事をするようになってから継続的に存在しているので、「定型として確立しているものをなぞるからそうなる」というのが真相か。

     

     こうして4月が終わり、5月に入っても色々追い立てられるまま。テレビをつけると記憶力に著しい難があることを自ら進んで吹聴する御仁や、コミュニケーション力に著しい難があることを自ら進んで吹聴する御仁、ついでに経営者としての手腕に著しい欠如があることを自ら進んで吹聴する御仁等々で埋め尽くされていて、「SHERLOCK」のシャーロック風に言うと「部屋のバカ指数が上がる」から大変に困る。くだんの監督氏は除名になったようだが、内閣のみなさんも「処分はジョメー」だよホント。ごく一部の人間にしか伝わらない内輪の冗談です。

     

     「ドカベン」に出てくる明訓高校のライバル校の中には、「ブルートレイン学園」に代表される、名は体を表す(というより名しか体がない)学校がある。ブルートレインだけにナイターに強い、という馬鹿馬鹿しい設定なのだが、一方で「クリーンハイスクール」のように、ちっともプレーがクリーンではない逆のパターンもある。さて日本大学はブルートレイン学園なのかクリーンハイスクールなのかと考えることやや。

     

     日大の学生の会見では、顔のアップはなるたけ控えてくれという申し出をちっとも受け付けない報道側の姿勢も一部で批判されていたが、あれはさきほど紹介した学生と同じで、寄るべきフォーマットが1つしかない(会見の撮影の仕方が1つしか頭にない)からああなる。同じことを以前から感じているのが国会のニュースで、野党が質問して首相ないしは担当の大臣が答える、というフォーマットで仕立てるわけだが、少なくとも首相に関してはそもそも会話が成立していないやり取りがかなりを占める中で、意味の通るところだけ取り出していつも通りに仕立てるので、いかにも議論が拮抗しているように見えるが実のところは大部分そうなっていない。これもまた、目の前のものをちゃんと観察して認識しましょうやという点で学生の文章と大差ないんである。難しいもんね。わかるわかる。ま、あんたがたの場合は学生じゃないんだけど。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM