0

     

     観劇。近場だと西宮と滋賀、そして津での公演がある。日程に迷っているうち売り切れになり、強制的に津に行くことになった。観劇のためにちょっと遠出。なかなか贅沢じゃないか。


     大阪から津までのルートは近鉄特急が一般的だと思うが、乗ったことのない路線でいこうと、JRで京都方面に向かった。京都は素通りして草津で草津線に乗り換える。背もたれが垂直の古式ゆかしい車両で伊賀方面に南下。車両は鄙びているが沿線は新しめの宅地が多い。ほとんどの客は貴生川で降りるがそこからさらに南下して柘植に到着。ここから関西線に乗り換える。さすがに緑が濃い。多少風も涼しくて旅行気分も出てくるのだが、それで嬉しがって写真を撮っているうちに亀山行き車両が俺を置いて出発進行してしまった。時刻表を見間違えて、もっと余裕があると勘違いしていた。

     

     次が来るのはちょうど1時間後。やってもた・・・。いい写真が撮れていれば少しは大義名分も立とうものだが、大したものは撮っていない。とりあえず外に出た。目の前に喫茶店があり、仕方がないので本来津で食べる予定だった昼飯をとることにした。火野正平がこころの風景にとうちゃこする前に、なんてことない喫茶店でなんてことないカレーを食うのと同じパターンだ。そう考えると少しは気がまぎれる。
     客が俺しかおらず、入店するなりエアコンにスイッチを入れたので長居するのも申し訳なく、食べ終わってアイスコーヒーをさっさと飲んで出た。観光案内板を見ると楽しげな史跡等いくつか書いてあるが、こういう賑やかなイラスト風地図を真に受けて「じゃあちょっと寄り道するか」と歩き出すと日が暮れる。

     

     おとなしく駅のベンチで読書しているうち汽車が来た。
     緑を切り裂いて延びる単線は、すぐにも鹿か猪が飛び出してきそう。残念ながら季節柄蝶は飛んでいない。容赦ない山中なので駅間が長いから、やがてうつらうつらとしてきて、気づいたら亀山に着いていた。
     今度は時間を間違えずに無事乗り換え。ここから先は周囲が開けて人間の営みが景色の中に復活する。途中で高校生が大量に乗ってきてすっかりうるさくなると、間もなく行く手にビルが見えて津に着いた。
     来訪するのは母親の納骨以来だ。JRと近鉄が接続する要衝ながら県庁所在地とは思えないこじんまりした雰囲気で味がある。味といえば、炊き込みご飯を当地では味ご飯と呼ぶそうだが、我が家でもそうだった。これは真宗高田派的なつながりの何かなのだろうか。
     駅前には味ご飯ではなく鰻の香ばしい煙が立ち込めていた。昼飯がカレーだったことに対してにわかに後悔が立ち込める。三重県は牛にしろ鰻にしろ、あるいは伊勢海老、真珠、とにかく値の張りそうなものが有名だが、鰻絶滅キャンペーン絶賛開催中のわが国であるから、贅沢四天王(今名付けた)の一角は、昨今なかなか大変そうである。

     

     開演までまだ相当に時間がある。俺は近鉄で一駅移動し、津新町で降りた。JRの本社エリアが違う地域まで来たのに、日常利用している私鉄に乗っているというのは不思議な気分である。さすが路線延長日本一の私鉄だ。
     さてこちらも高度成長期のような味のある駅前であるが、ここから少し歩くと城跡と官庁街がある。その一角にあるのが図書館で、熱中症の被害が相次ぐ昨今、おとなしく空調の効いた屋内で時間つぶし。の予定が、目的の視聴覚コーナーが満席だった。
     怖れていた事態が・・・、と途方に暮れてベンチに佇む間に一気に空いた。事前に所蔵をネットで確認していたある作品を見つけ出し、閲覧を申し出る。レーザーディスクという鰻より先に絶滅したメディアにつき、棚から探すといっても中古レコード屋を物色するような手つきになった。LDだと借りたところで見れないから必然ここで視聴することになる。というかそういう事情のせいだろう、そもそもLDは貸出禁止でついでに俺は市民でも通勤者でもないので借りれない。だが肝心の図書館の再生機械はいつまでもつのだろう。

     

     2時間40分の大作である。LDだと収まらないから3枚組になる。3枚目に移ったところで、時間があやしくなってきたのと疲れたのとで視聴を終了した。自分で操作するのではなく、すべて係の人がやっているので「こらえ性ないんかい」と思われていそうで申し出るのがやや恥ずかしい。だけどヘッドホンなので耳が痛いし、椅子も普通のただの椅子なので映画館のようにはいかない。
    そのころ国会では、枝野幸男が同じく2時間40分の長広舌を披露していた。フィリバスターというには短いのかもしれないが、少なくとも図書館で視聴できる時間より長い。我ながら情けない。いや時間が迫っているのだから仕方がないじゃないか。

     

     津まで戻ってバス停へ。すでに演劇ファンと思しき風体の人々(第七藝術劇場に来る層と概ね一緒の風体)であふれだしている。特にこの西口の駅前ロータリーは主要駅とは思えないくらいロータリーが狭苦しい。夕方のラッシュと重なりバスが現れても一周して乗り場に来るまで時間のかかること。ようやく乗り込み宅地を抜け、でかいコンクリート群に到着した。地方都市でよくある文化ゾーン的な再開発であろう。博物館だのホールだのが林立している。少々複雑な構造をしている巨大な建物の奥に、目的の中ホールはあった。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM