ABC打線とBBBB打線とKKコンビ

0

    フェンウェイパーク県立野球場。グリーンモンスターこと芝生土手の外野席もあるよ。

     

     割と一方的展開で地区シリーズが終わった。
     ナ・リーグのブリュワーズ対ロッキーズのBC対決は3タテでBの勝ち。ロッキーズは下山すると貧打になるのかと思ったが、コロラドに戻っても変わらなかった。呉昇桓のポストシーズンも幕を閉じた。しかしブリュワーズはなぜシャンパンファイトなのだろう。ビールの町なのだからビールかけじゃないのか。


     ブレーブスとドジャースのAB対決は、ブレーブスが1勝したものの昔Bことドジャースが横綱相撲で勝利。ヤンキースが獲るんじゃないかと前に書いて実際にはドジャース入りしたマチャードが、ようやく活躍し出した。同じくようやく出番が来た前田は若干危なかったが0に抑えた。

     

     ア・リーグは、アストロズがインディアンスを3タテで下して難なく勝利。アルトゥーベ、ブレグマン、コレアと、ABCが揃った強力打線は好調の様子。インディアンスは昨年同様、クルーバー、ミラーが打たれたのでどうしようもない。ミラーは乱調もいいとこで全く見る影なかった。ウォームアップで外野手のように助走投げをするドローン男バウアーが一人頑張っていたが最後に力尽きた。

     

     レッドソックス対ヤンキースは、1勝1敗のタイになったところでやはりこのカードはもつれると思ったが、第3戦はコールド勝ちしそうな得点差でレッドソックスが圧勝。ヤンキースは最後にキャッチャーに投げさせる体たらくだった。レギュラーシーズンで野手が登板するのは珍しくないが、ポストシーズンでこれは初めてじゃないかと思ったら2度目とのこと。で、この野手投手を相手にホルトが本塁打を打ってサイクル安打を達成していた。こちらはいくらでもありそうなところポストシーズンでは初めての記録だとか。なんとなくゲタを履かせてもらっての達成のようにも見えるが、まあそれくらいじゃないとポストシーズンでサイクルを打つのは難しいということか。

     

     第4戦は、9回にキンブレルが四死球連発でヤンキースに1点差まで詰め寄られ、さらにきわどいタイミングのアウトにチャレンジのおまけがついた。結果的に判定変わらずアウトで試合終了だったが、もしセーフだったら緊張感を元に戻すのが大変だろうから多分負けてたな。一塁手は股関節の柔軟性が必須だと再確認。

     かつてのレッドソックスだったら死球推し出しの時点で負けのダークサイドに陥っていたように思うが、すっかりメンタルが常勝チームになったね。なにせベッツ、ベニンテンディ、ボガーツ、ブラッドリーJrのBだらけ打線なわけだが、かつて「呪い」を言われていたときは、劇的敗北にBの選手が必ず絡んでいたものだ。時代も変わった。ちなみにヤンキースのブーン監督は、かつての呪いのBのうちの1人だったが賞味期限は切れていた模様。ま、やはりABC対決にNYYはおよびでなかったのさ。スマンね田中さん。

     

     というわけで、ナ・リーグのBB対決は、2年連続ワールドシリーズ進出を狙うドジャースと新参者のブリュワーズとの新旧対決でもある。マエケン―KジャンセンのKKコンビ(もしくはケンケンコンビ)の出来次第か。

     

     ア・リーグは、昨年の地区シリーズと同じ顔合わせで、アストロズとレッドソックスのAB対決。強力ABC打線と、BBBB打線の対決でもある。ないしはアストロズ・マルドナードとレッドソックス・キンズラーの「ともに今季のはじめに大谷さんにサイレントトリートメントしたもんね」同士の対決でもある。2人ともエンジェルズを出て得したね。

     

     ワールドシリーズは、ドジャース×アストロズの2年連続対決か、ドジャース×レッドソックスの伝統チーム同士だけど102年ぶり対決(おもにレッドソックスのせい)か、それともブリュワーズ×アストロズの「お互いMLBの都合でア・リーグ⇔ナ・リーグ変更させられた悲しきエトランジェ」同士対決か。いずれも捨てがたいが、ブリュワーズ×レッドソックスの枕詞を何も思いつかない対決の可能性も十分ある。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM