【やっつけ映画評】あん

0

     名優の死によって、にわかに必見の作品に見えてきた。
     そういうわけで自宅で鑑賞したのだが、見始めてすぐどら焼きが食いたくてたまらなくなってしまった。食い物を扱う映画は珍しくないが旨そうに見えるのは思いのほか少ないものである。この時点で「とてもよい作品だ」と結論づけてよさそうな気がする。

     

     いずれにせよ、とりあえずどら焼きだ。スーパーに駆け込み、隣で見切り品になっていた黒糖饅頭(半額シール添え)も付け足して、あんこだらけの兵站を整え準備万端、仕切り直して再生した。そしたら今度は、仕事終わりの主人公が、渋い雰囲気のそば屋で天ざるを食い始めて「マジか」と完全に置いて行かれた気分になった。こちらも口の中が甘くなっているところへきて、「天ざる」とは。

     この調子で、甘い―しょっぱいの無限ループが繰り返される恐怖の映画か、何度スーパーを往復せなばならないのかと思ったが、この後登場したのは、ぜんざい―昆布のひとくだりで済んだので助かった。

     

     無口な菓子屋と不思議な雰囲気の婆様の短い付き合いを描いた静かな作品だ。もう一人、高校生にしかみえない女子中学生が絡んでくるが、居場所のなさという喪失を抱えているところがどら焼き店主と一致している。一方、婆様は似ているようでいてまったく異なるというのがポイントだろう。

     

     一見すると奇人変人にも思える婆様を、店主が一気に敬愛するようになるきっかけが「美味いあんこ」なのだが、冷静に振り返るとまるで「美味しんぼ」のような安易な展開だと思う。だが、まったくそう映らなかったのが、あんこという素材の説得力かもしれない。

     二十年ほど前、エアロスミスが新譜のツアーで来日した際、「ニュースステーション」に出演し、久米宏が「日本の食べ物で気に入ったものはあるか」と質問した。くっだらねえ質問するなあと思ってみていたら、メンバーが口々に「アズゥキィ」「azuki」と答えて、質問した当人も俺も面食らっていた。まさかの回答。ボーカルが「甘く似た茶色いビーンズがlegendaryにcoolだねyeah」(記憶想像訳。この人は歌うように喋り、時にホントに歌い出す)と説明を付け加えた。「王者」が枕詞につくロックスターをもうならせる力があんこにはあるのかと、結果的に面白い質問になったのだった。

     

     さて本作はハンセン病を扱っている。個人的に多少なりともかかわりがあった題材なので、心中色々とざわつきながら見た。本作で印象的に登場する「手」も、あれと同じような手をいくつも見たことがある。おかげで、監督の意図とは別の、何でもないカットで不意に涙に襲われた。本作を「面白かった」と言っていた知人に、どこそこの場面で泣いたと言ったら「そんなシーンありましたっけ??」との反応だったから、それくらい頓珍漢な落涙だったわけだが、年を取ると涙もろくなるというのは、つまりところ経験の積み重なりということなんでしょうな。ある意味困ったことだ。

     

     ほとんど忘れ去れた感すらある病気だけに、「あの人らいなんでしょ」と差別してくる大家の振舞いはちょっと苦しく感じたのだが、「私も本当はこんなこと言いたくないんだけど、でもね」と差別を正当化してくるロジックだとか、社会的な力関係によってそれを黙認せざるを得ない苦しさだとかはリアルで、店主の静かな悔し涙は迫るものがあった。この俳優、演技巧いんだな(今更)。そして差別に対して悟りの境地に達しているかのごとく対処する元患者の様子も、これまたいつか見た景色で、ここら辺の話は「ふたたび」のところで書いた。

     

     店主が差別を止められないのは、自分の人生がどん詰まりなせいだ。そして、どら焼き屋に居場所を求める女子中学生は、家庭がどん詰まりの様子である。二人とも落ち着く先がない喪失感に苛まれているわけだが、一方であんこ名人の徳江さんは、「居場所だけはある」という対比になっている。

     病気で隔離された経緯により、生活保障は国が面倒をみることになっており、療養所に居残る限りは路頭に迷うことはない。ただし彼女の10代、20代、30代、40代、50代はここから一歩たりとも出ることは許されなかった。だから預かった小鳥もすぐ逃がしてしまう。言わずもがな、この美味いあんこは、居場所だけは保障されている長い長い時間の中で生まれた名人芸である。その知られざる天才が世に出、人に伝わったというのは、何かを作るという行為の先にある幸せとしてこれ以上のものはない。

     

     非常に困難とはいえ、論理的には自由にどこでも行ける2人とは、徳江の立場は天地ほど違うのである。本作で描かれているのはそのような残酷な対比で、まったく異なる1人と2人が心とあんこを通わせるから、実に尊い軌跡となるのだ。それがわかったからこそ、ラストで無口な店主は似合わない大声を出して客を呼ぶのだろう。

     

    2015年日本
    監督:河鹹照
    出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM