おっさん枠、舞台に立つ

0

     何度となく公演を行った劇場が閉鎖になるということで、ラストイベントが開催された。その初日に出演してきた。舞台に立つのは何年ぶりか(ほとんど座ってたけど)。劇場のプロデューサーと会話するだけのトークイベントにつき、わざわざ知人に告知するものでもないだろう。と思って劇場に着いたら向井が来ていた。「会議抜け出して来ました」。アホか君は。ま、劇場の最新情報を怠りなくチェックしているところはさすが。

     

     軽い面識だけある勝山さんとの共演だった。この劇場に関わり出した時期にちょうど10年の開きがあるので、それくらいの年齢差になる。彼は待機場所で、出演を終えた別の人と今後の舞台の予定の打合せのようなことをしていて、肩身が狭い。舞台を離れて久しい身の俺がこんなイベントに呼ばれる理由は、「出来て間もないころから知っている」といういわば昔話要員だ。

     

     我々の1つ前に出演していたのは、劇場と関わりのあるライターの女性だった。舞台に立つ人ではないので声が明らかに小さい。テレビ収録の観覧に行った人が、出演者の声のデカさに驚いたという話を聞いたことがあるが、同様に、この女性が悪いのではなく人前に出るというのはイメージ以上に人として不自然な行為を必要とするのである。「声張りましょね」などと打合せしていざ舞台に立つと、勝山氏の声がやたらとデカかったので思わず「声でか!」と思ってしまった。まるきり素人の反応。

     

     勝山氏の舞台は一度だけ見たことがある。彼の劇団に所属している人と共演する機会があり、その縁で見たのだが、会話ではなく体の動きを重視したような作品で、ある意味王道みたいな作品だった。少なくとも俺はまったく作れないタイプの舞台。へえーと感心しながら面白く見た記憶がある。

     

     そういう人だからか、スイッチが入ると割と熱く語り出す。プロデューサー氏もどちらかというと語りが長いタイプなので、途中俺が進行役を務めていたような気も。すでに述べたように、俺は昔話枠なので、「出来て間もないころは屋根なかったもんねえ」とこの日の昼間に思いついてメモしたギャグを披露したが、見事にスベった。「そううけない」は想定内(そうていない)。立て続けに「床も芝生やったし」でかすかな笑い、「楽屋もなかったし」で「それだけホントの話やんけ」と突っ込んで欲しかったのだけど、そのためにはボケがあとせめて追加で3つは要る。当然、「そうなんですよ!楽屋なかったんすよねえ」とプロデューサー氏からは善良な一市民の反応が返ってきた。ただこの「楽屋ない話」は、若干名おられた関係者でははない純粋な演劇ファンのお客さんには面白い話だったようで結果オーライ。

     

     開業当初は2階に特撮モノのビデオ販売店があったが(大森一樹が来ていた)その後移転して空いたので楽屋になった。当初は開場前に客席で役者陣は身支度を整えてソデの奥に引っ込み、開演までの30分ほどを3畳ほどの暗闇の中で全員じっと待機しなければならなかった。お陰で開演前には暗くて狭いところにいないと落ち着かなくなってしまった。明るい楽屋があるほかの劇場だと居場所なく感じてしまい、結局ソデのところで待機していたものだった。要点そんな話だ。

     

     現在もつづく一人芝居フェスの第一期にも関わっていたので、そんな話もした。初参加はフェス2年目の2002年で、高校野球の監督が大事な試合の最中に猛烈な下痢に見舞われトイレの個室で悶絶しながら指示を出すという馬鹿馬鹿しい内容だった。本物の便器を使用したのは誤魔化しがなく英断であったが、本来一人芝居なので狭いソデには役者1人だけ待機すればよいものを、便器が重たいせいで便器セッティング要員(ちょび)も暗がりに居続けなければならなかった。この劇場に便器を置いたのは我々が初。俺の役割は終演後の搬出で、自分の車に積み込んで返却しに行ったのだった。フェアレディZに便器を搭載したのは日本で俺が初だろうか。Zの主要市場である北米にはいそうな気がする。というような話もまあまあウケた。

     この一人芝居フェスも年々巨大化して、今年は台湾で上演している。ちょうど俺が行った時期と入れ替わりだった。プロデューサー氏の手腕は大したものだ。我々が出ていたころは、なんとなくお約束で呼ばれていた感があるが、現在は審査を通らないと出られないのでなかなか厳しくなっている。

     審査の話ついでに脱線しておくと(無理やりつなげている)、審査員への暴言騒動が注目を集めているが、個人的な好き嫌いといった主観を明言して審査するのは勇気のいる潔いことだと思う。答えの決まっていないものであっても一定水準までは「客観的指標」で採点できるものだが、それ以上となるとあとは主観が大きい。でも大抵は客観的評価であるというテイを装う。一応専門的識見がある人間としてその席に座っている以上、好きとか嫌いとか素人みたいなことをなかなか口に出来ないからね。なのでホンマは自分がうまく理解できないだけのものでも、評価できない「客観的理由」を武装しようとしがちであるが、それはちょっと卑怯な態度ともいえる。下手端にいた大御所も「僕は古いのか、ちょっと受け付けない」といった趣旨のことを言っていたが、同様に潔いと思う。それで100点満点中15点とかだったら、一定程度までは客観的指標が成立するからこれは不当である。

     閑話休題。終わって向井に感想を聞いたら「らしくてよかったんじゃないでしょうか」と鼻をふがふが鳴らして苦笑している。向井が苦笑するときは俺にとっては上首尾だというのが相場だからこれでよろしい。

     

     2日後、イベントの最終日に打ち上げを兼ねた例年よりも2週間ほど早い忘年会だった。仕事終わりで顔出し。「あ、毎年忘年会だけ来る人」と一部から言われたが、何言ってんの、出演者様だよ。

     

     劇場は取り壊しになるが、別のところに新規開業するので暗いニュースではない。儲かる事業でもないのに、会社(本業は別で、劇場は一部門に過ぎない)はどれだけ太っ腹なんだという感想だが、その辺の社内事情をうかがうと、稼働率だけは高いので社内や銀行への説得力はそれなりに高いそう。つまりはここを定宿にしていた我々もかすかな貢献をしていたわけで、ひいては社会の文化資本への貢献ですわね。

    どうせ取り壊しになるので、壁にサインしちゃってよと言われてデカデカとサインした俺の上にサインするMr.シロッキー


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM