帰省の読書

0

     前日、友人と忘年会で肉をたらふく食べたら、帰宅して腹を下した。悲しい胃腸事情だ。おかげで早起きしてノンビリ座って帰省するつもりが、出遅れて混み合う特急で立ったまま国境の長いトンネルを超えると雪国であったの羽目になった。


     肉に懲りたわけではないが、直立姿勢の気を紛らわす旅のお供はこちら。

     発売と同時くらいに買っていて、期待通りっぽい印象だったので、こういう事態のためにとっておいた。夢中で読んでいると立っているのも大して気にならない。

     

     密漁の実態に迫った内容で、必然的に暴力団も絡んでくる。というわけでこのおどろおどろしいタイトルだ。こういうヤバい世界を取材したノンフィクションは、しばしば書き手に「裏社会に通じている」と誇示するかのような肩肘張った姿勢が垣間見えてそれがどうも苦手なのだが(似たような理由でヤクザ映画やヤンキー漫画も苦手)、この著者の場合、どこかちょっととぼけたような善良な感じが惹き込ませる。


     その一方で、このテーマが取材できる時点で当たり前なのだが、かなりの人脈と機動力に圧倒されるわけだが、突撃取材一辺倒ではなく、歴史研究的なアプローチの章もあって、こちらはちょっと予想外だった。特に北方領土近海の漁の話は、領土問題の地であるがゆえに領海って何?という前提を揺さぶる問いが横たわっていて、なるほど勉強不足だったなあ知らんことはいくらでもあるなあと多少恥じ入りながら面白く読んだ。頭の片隅で、先日見た昆布漁の写真展を思い出しつつ。

     

     本書に興味を持ったのは、著者自身がかなり以前に自身のツイッターで、ウナギ界隈のヤバさをほのめかしていたのをたまたま見たからだった。はてそんな恐ろしい実状なのだろうと勝手に妄想を膨らませていた分、なんとなくウナギの章に拍子抜けしてしまった感もあるが、要するにこれ、書けないことがそれだけ多いということなんだろう。それを想像するとゾッとる。

     

     「食べてるあなたも共犯者」と帯の惹句にはあるが、これはまあまさにその通り。非合法なマーケットの存在は、それを買う一般消費者がいるから成立するわけで、だったら買うのをやめときましょかという判断は考慮されてしかるべきだろう。無論、合法的な魚介もちゃんとあるし、それを生業にしている人々がいる以上、簡単な話ではないが、高級魚介を無邪気に喜ぶ態度は少なくとも慎むべきとは思った。映画「ブラッド・ダイヤモンド」は、まさしくそんな話だったっけか。

     

     そこへいくと南極海の鯨はもひとつわけのわからん話だ。市場規模と政府の強気がアンバランスな点象牙に似ているが、象牙と違ってナショナリズムが沸騰しやすいのは、食い物だからか。美味いやつは非常に美味いのだけど、美味いのが提供できる店は限られているから沸騰する人の多くは美味いのを食ったことがないと推計できる。話がわけのわからん自慢に逸れてきたのでこの辺で。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM