新春飲酒Show

0

     「黒いダイヤ」をただの正月の決まり事のように数切れ口に入れながら新年。珍しく快晴。
     ここ数年は、毎回若干値の張る洋酒を買って帰るのが習慣化している。先々月くらいに、同業の先達氏に誘われて久々にバーに行ったとき、酒道楽のこの方に薦められ、ポールジローなるブランデーをちょびっと舐めたら、まあ芳醇。これを買ってみようかしらと思っていたところ、三宮を訪れたときにやけに品ぞろえの豊富な酒屋と出くわし、早速物色したら、置いていた。


     うーん、しかしさすがに値が張るね。価格に若干たじろいで、今回はまあ・・・、とあっさり方針転換。代わりにポールジローの葡萄ジュースなるものが売っていたのでそれを購入したけど、これもジュースにしては馬鹿馬鹿しいくらい高額なので、まさしくこれ安物買いの銭失いなんじゃないか?


     というような話(言い訳)を帰省して家族にしていると、「ポールジローは美味い」と兄が威張り気味に言う。知ってたんかい。
    ついでに遠方の親戚が、「みんなでいい酒でも飲め」とお年玉?を送ってきたので、近所の酒屋を物色しに行った。店頭にあった高額候補はブランデーのクルボアジェ・エクストラなんたら、スコッチの有名ブランドの上位ランクのやつなど。兄に「どれがいい?」と聞いたら、「クルボアジェは美味いぞ」と、今度はさも普通のことのように言う。知ってるんかい。


     ところで俺が三宮で買って帰った洋酒は、台湾ウイスキーの「KAVALAN」。現地でやたらと宣伝していたので多少気にはなっていた。同じ店にいた会社員2人組が、こんだけ品ぞろえ豊富なのに、「えー、竹鶴これしかないんすか、じゃあ山崎は」などと品薄の日本製ばかり店員に質問していて、「他のこれらもウイスキーやで」と言いたくなるくらい、視野が狭かったので、日本でも英国でもなくあえての台湾がクールでしょ、とよくわからない見栄を張ったのもある。
     ただ残念ながら、価格の割に味は普通であった。マズイわけではなく、クセに乏しいのが不満というか。それでも従弟が「すげーうめー」とパカパカ飲んでいたので、甲斐はあった。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM