【やっつけ映画評】クリード 炎の宿敵

0

     「3」「4」と下降線を続けたロッキーシリーズの中で、「4」のドラゴは知名度と説得力(やたら強そうな雰囲気)だけは妙に高い悪役だったと思う。それだけといえばそれだけの作品にも思うが、ひとつ秀でているところがあればそれはいい映画だ。

     

     本作は「クリード」の第2作であり、ドラゴのその後でもある。無論、ロッキーシリーズの8作目でもある。ドラゴの説得力に比べると、ドラゴ息子は「クリード」前作の相手と見かけの印象がカブっている気もしてややインパクトに欠ける。冷酷無比な殺人マシーンその2を期待したいところだが、ドラゴが国家の全面バックアップで生み出されたのに対して、息子は貧しい環境で怨念だけでのし上がってきたような設定なので、どうしても泥臭い雰囲気にはなる。ソ連は崩壊したのだなあと改めて。

     

     このドラゴ親子を見て、「釣りキチ三平」の20何巻あたりにでてくる、有明海のムツカケ親子を思い出した。地元のムツカケ名人である小次郎に対して、無闇やたらと憎悪をたぎらせるヤバいおっさんと、そのスパルタ教育を受けたかなり人相の悪い息子が三平に挑んでくる。対する三平は父親がいないので、この父子鷹に嫉妬して暗黒面に堕ちてしまうからこちらもこちらで大変だ。いつもの天真爛漫さが消え「父ちゃんのおっぱいでもすってろ!」などと汚い言葉を吐く。ちょうどドラゴ息子に「このファザコン野郎!」と食って掛かるクリードと重なる。そしてヤバいムツカケ親子同様、無闇な憎悪にまみれているドラゴはもちろんのこと、父に盲従する息子も余計に心配になる。

     

     ロッキー×ドラゴの戦いは、精神×科学の戦いでもあった。雪原で遭難しかけたり、火あぶりになったり、大木を斧で切り倒したり、あんまりボクシングには意味がなさそうな精神論根性論的トレーニングを積んで鍛えるロッキーに対して、全面バックアップ付のドラゴは体に色々センサーを付けて、様々なトレーニングマシーンを駆使したり、何かのお薬を注射したりしている。スポーツの鍛錬における根性論信仰は日本に限った話ではない事実を目の当たりにする。試合はロッキーがわけのわからん底力を見せ、それにドラゴが混乱するというご都合主義展開を見せるから、結局根性論は作り話の中でしか力を持ちえないということを示しているともいえる。


     今作では、ドラゴ親子は金がないのでひたすら泥臭く練習するだけである。これに対してロッキーがクリードに授ける鍛錬は、またしても根性論だ。今度は雪原ではなく、灼熱のステップ地帯で熱中症になりながらのロードワークをしたり、(大木が生えていないからか)地面をわけもなく掘ったり、科学的に間違っているか、常識的に意味がなさそうな方法で鍛え上げていく。「接近戦の練習」のように、実際の試合と関連している練習も描かれてはいるが、全体的には何をしているのかよくわからない。

     それでもクリードの肉体が素晴らしいので、なんとなくそんなものかと見てしまう辺り、今作はドラゴ息子ではなく、クリードにビジュアル的説得力が担わされている。科学的トレーニングが一般化した現代においてはスポ根の生き残る道はないように見えて、現実世界ではやっていないだけにかえってフィクション的な演出としては有効ということを示しているようにも思う。ひっかかるけど。


     ボクシング部分はこのように、往年のロッキー節をなぞっているのであるが、今作はよくできた家族モノの側面を持っている。子供を授かるクリード夫妻の新米父母の話、ビアンカとクリード母の嫁姑関係、息子との関係改善を望みつつ放棄しつつもあるロッキー、などなど、家族関係の描写が多い。不幸なドラゴ親子と対比させる格好で登場するだけに、全体的には幸せに見えるのであるが、それぞれに色々不安が付きまとっている点では、どちらがいいとは一概に割り切れない。なかなか丁寧な描き方をしていると思う。

     このうち、赤ん坊がジムで果たす役割は、灼熱の乾燥帯で穴掘りをするよりもよほどボクシングの課題解決に説得力のある要素となっている。また、復讐心に憑りつかれるクリードに、母親が「お父さんを利用するな」と厳しく説教するシーンもよい。子が父を乗り越えるという普遍的なテーマの部分は、文学的な仕上がり具合だ。

     

     対して父にしごかれまくっているドラゴ息子は、こちらは母への怨念に憑りつかれている。会話の中だけでの登場かと思いきや、実際登場したからちょっと感動した。「ロッキー4」では、美人だけどいかにも冷血っぽい雰囲気でかなりの印象を残した女優であるが、時が流れ、貫禄のありすぎる佇まいに寒気すらした。

     この元妻に対してドラゴが見せる表情が実にやるせなく、自分の年齢・立場が息子よりもドラゴ寄りになっているせいもあり、見ていて大変に切なかった。ドルフ・ラングレンて演技巧いんだなあ。筋肉俳優で売り出したのがもったいないくらいだが、筋肉俳優としては結局パッとしなかった悲哀がこの演技力を生んでいるのかもと考えると、塞翁が馬。こちらもこちらで、ただの悪役ではない点、よくできていると思う。

     

     さて、前作で、なぜクリードはミュージシャンである恋人の曲で入場しないのだろう?と疑問を書いたが、今作は、この疑問に気づいたのか、ビアンカの曲でクリードが入場してくる。このシーンが、なんだかシュールで、格好いい演出のはずなのだが笑ってしまった。という蛇足で終わる。


    「CREED II」2018年アメリカ
    監督:スディーブン・ケープルJr.
    出演:マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、シルベスター・スタローン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM