映画の感想:ラ・ラ・ランド

0

     話題作をテレビ放映でようやく見た。
     予定の管理が雑な男女の物語だった。
     まあ、恋愛は往々にしてこういうくだらないミスによって取返しのつかない結果になるもので、特に若いときほどそうだと思うが、CM明けに画面隅に出ていた惹句には「大人の恋」だとか書いてあった。ちゃんとしろよ大人。

     

     予定がダブルブッキングしたとき、片方はそれをうっちゃって相手のもとに駆け付けたのに対し、片方は自分の都合を優先して後で相手にフォローする方を選んだ。結果は推して知るべしで、この点は恋人関係なり夫婦関係なりで、肝に銘じておく真理のように思った。
     にしても、ご都合主義の感否めず、本作は要所要所でちょこちょこその辺が目立って、世評ほどには感動できなかった。

     一番気になったのは、ヒロインのミアが評価されるところ。オーディションをいくら受けても落選続きなので、いっちょ自前で一人芝居公演を打ってやろうと挑戦するのだけど、客の入りも評価も惨憺たる結果。でもキャスティングの会社からオファーが来る。「わかる人はわかってくれる」という展開なのだけど、じゃあ拾う神は何をわかってくれたのかはサッパリ見えない。

     そもそもミアがどんな作品を演じたのかも全く描かれていない。一方の恋人セバスチャンについては、ジャズを語るし演奏もするし、色々シーンが割かれているのにだ。

     

     男は自分のやっていることを語りたがり、女はそうでもない、という景色はよく見かけるし、俺自身もそれこそmansplaining野郎なので、この非対称は典型的といえばそうなのかもしれないけど、曲がりなりにも男女それぞれの人生と恋、という映画だから、ちょっとどうかしらとは思う。


     一人芝居の客の入りについては、既視感たっぷりで妙にリアリティを感じてしまった。少ない客のうちの結構な割合が友人知人というところ含め。あと、見終わってすぐ客が感想を口走るのは禁忌である。劇場内で「ツマランかった」などという人はさすがにめったにいないが、劇場出た瞬間口にする人はいる。でも周囲の客の中には縁者がふんだんに含まれれているので、最寄り駅から乗った帰りの電車を降りた後か、もしくは居酒屋、喫茶店等々に入店した後かにするのが賢明である、感想を言うのは。

     

    「LA LA LAND」2016年アメリカ
    監督:デイミアン・チャゼル
    出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、カリー・ヘルナンデス


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM