Thunderbird行ったり来たり(余話)

0

    金沢文芸館

     

     話はさかのぼる。我が先祖は日露戦争に従軍している。地域柄、第九師団に所属しての出征だったため、こうして石川県立図書館所蔵の古い書籍に関心を示すわけである。そこにしかない蔵書を見ているときの自己満足贅沢感はなかなかのものだ。むろん国会図書館には総じて置いてあるが、あの繁雑な場所で見なくて済んでいるという点で余計に贅沢気分になる。


     刺激を受けてにわかに久々に色々と調べたくなり、第九師団以外に気になっている別の戦争関連の文献を探し出した。国会図書館の所蔵はすぐに確認できるのだけど、関西周辺の図書館に置いてないものかを検索するわけだ。今時は、横断検索サイトが充実しているので手あたり次第に調べるのが多少なりとも楽ちんになっている。

     

     大阪の場合、市立、府立ともよその地域に比べると蔵書は充実しているという実感が、これまでの経験ではある。かつて都会だったころの貯金だろう。いつまでもつか危ぶまれるところも多分にあるが、今回も求めた資料が1つ府立にあった。貸出可だったので久しぶりに訪れた。

     

     府立(県立)と市立の図書館の役割分担として、前者はミニ国会図書館的なアーカイブ機能をより担うべきだと思っているし、大抵そういう側面を背負っていることが多い。なので新刊の小説等は要らないんじゃないとも思う。そういう多くの人が読みたがる本の扱いは、府立が立地している東大阪市立図書館が担う仕事だろ、と思ったのだけど、よくよく確認したら東大阪市立図書館は3館と分室にとどまり、人口50万もいる自治体の割に少々頼りないのであった。

     逆に言えば「頼りない」と感じるのは、自身に縁が深い北摂の自治体はいずれも市立図書館の数が多めだからで、これが今時の基準かと勝手に思い込んでいたせいである。改めて確認すると関西の自治体で4つも5つも図書館を抱えている方が珍しいのだった。数が多いというのは細切れに分けているだけでもあるのだが、その場所にいかなければ利用できない以上、蔵書数はともかく場所自体は多い方が便利なのは間違いない。というわけで、府立図書館は東大阪市のこの辺の住民たちにとっては市立図書館的位置づけになる。


     先日ある学生と図書館の蔵書の話になり、その学生は「人が集まるのだから新刊本はどんどん置くべきで、そのせいで専門書等の借り手の少ない本が所蔵できなくなるデメリットがあるにしても、人が来ないと話にならない」という。やれやれ。当人は博物館系の仕事に就きたいというので、「その理屈でいくと常にツタンカーメン展やガンダム展が優先になるよ」というと、あれ?確かに…と首をかしげていた。人間、自分の好きなものに対してはキリッとした爐錣りやすい疝屈を嫌うものなんだな。

     

     話が逸れた。毎度多少なりとも期待に応えてくれている大阪の図書館に今回は蔵書が1点しかないので、周辺の府県を検索した。結果、今まで全く知らなかったのだが、奈良県の施設は戦争関連の資料を割と豊富に所蔵しているのだった。
     2005年に移転新築された県立図書館で、正確には図書情報館という。近鉄新大宮ないしはJR奈良が最寄だが、アクセスが面倒くさそうなので自転車を借りた。まったくやる気のない雰囲気の爺様がやっている店で、手続きも超簡素。今時観光客を当て込んで運営しているレンタサイクルは割と手続きが煩雑なことが多いから、こりゃ気楽でええ店だと思ったら、前ブレーキのコードがだるんだるんで少々危ない。資本主義!といったところか。まあ贅沢はいうまい。

     

     ここは戦争資料コーナーを設けている。それもカラーボックスレベルの棚に「黒い雨」とかが並んでいるだけのよくあるやつではなく、市立図書館分室並みの書棚の数に、よそだといかにも書庫にありそうな資料が開架でざーっとならんでいる。実に壮観だ。求めていたもののいくつかは、自費出版レベルの個人の従軍回想だったり戦友会の文集的なので、こういうのをしっかり所蔵しているのはこれこそ図書館だよね。

     

     そして目的の1つだった記録を蔵書の一冊の中から一件確認した。この本自体は何十年も前に印刷され、散逸したならともかく、少なくとも2005年かその辺りからずっとこの書棚に収まっている「昔から平然とそこにあるもの」に過ぎないのに、おー、発見した!という気分になるのは毎度のこと。神々しいものすら感じてしまうのは、「記録」の重大性をおそらく現わしているんだと思う。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM