映画の感想:金子文子と朴烈

0

     あちらさん風にいうと「日帝」がテーマだ。「南北分断」にハズれなしといった韓国映画も「日帝」は今のところ傑作と縁がない。本作も黒金星を見た直後だったこともあり、やたらと退屈に感じてしまいながら見た。


     タイトル通り、2人の男女が主人公で、彼ら無政府主義による大正末の「朴烈事件」をモチーフにしている。「工作 黒金星〜」がイデオロギーを乗り越えようとするおっさんたちの物語だとすると、こちらはイデオロギーに活路を見出す若い衆の話。必然、主人公たち無政府主義者グループに甘いサークルのノリみたいなものが漂い、演出もそんな具合だったので、どうも受け付けなかった。


     金子文子を演じた役者は韓国人なのに、ネイティブな日本語を話す&日本語訛り風の韓国語を話すという離れ業を見せている上、笑顔もイケてるかなり魅力的な役者だと思うのだけど、キャラ造形がダメな演劇によくあるマンガチックな風味で、非常に勿体なく感じた。あと朴烈は、実物の写真と比べると非常によく似ていてそこは評価できる。

     

     事件そのものはかなり地味だ。政治的思惑によるでっち上げで逮捕された朴烈と文子が、自らのイデオロギーに基づき「天皇と皇太子を暗殺するつもりだった」とでっち上げに乗っかる格好で猖典牒瓩鮗白し、そのことで大逆罪で死刑になる。結果が死刑なのでことは重大なのだけど、事件自体は本当かどうかもあやしい謀議を吐露する取調と裁判だけなので、事件を巡る紆余曲折のようなストーリー上の起伏やスリルはない。


     本作は、この2人の性別や出自を超えた同志的連帯(恋愛込み)に着目する格好で描いているのだけど、皇太子を襲うことを言い出す辺りから「どうしてそんな過激なことを考えるのか」に触れざるを得ず、不幸な幼少期等、無政府主義に共鳴するまでの来歴が完全なる後出しじゃんけん的に語られる。構成が悪い。文子の半生は、これはこれでかなり重厚なので手に余る扱いにくさはあると思うけど、それにしてもこの扱いはどうかね。
     加えて、重いテーマなのに男女間をクローズアップしている切り口が、五社英雄「226」に代表される日本映画でちょこちょこ見られる、重いテーマをぬるく描く悪癖と重なって見えた。

     

     事件は地味だが、事件周辺は濃い。本作の中で面白く見たシーンのひとつが、虎の門事件が起こるところだ。半ばでっち上げの猿芝居がごとき取調べを進めているよそで、本当に皇太子が襲撃される事件が起こる。犯人は朝鮮人どころか衆院議員の息子。捜査機関にすれば本当にバカげた失態だし、朴烈にしても上を越されている。かなりドラマチックだと思うが、本作の中ではそれほど重大には扱われていない。関東大震災の朝鮮人虐殺を煽るのが、本作では水野練太郎になっているが、正力松太郎にした方がよかったんじゃないか。ちょうど虎の門事件で首になるし。


     さらに映画の中では触れられないが、朴烈はこの後、思想的転向を繰り返すことになるらしい。彼を英雄視する立場からすると不都合な事実になるからやり過ごしたのだろうか。しかし文子との対比で「お前は生きろ」が強調されているのだから、生き残るとはどういうことなのか、彼がその後辿る道は、是非を超えた面白いテーマなんじゃないかと思うけどなあ。

     

     以上のように、切り口によってはいかようにでも面白い材料になったと想像される点、結構もったいない作品だと思った。ま、それをいうなら日本側で作らないといけないテーマだけど、というのは前も書いたけど。
    朝鮮人をスケープゴートにすることに乗っかって安心を得ている本作の時代から20年後、国民総スケープゴート状態になる。20年て考えてみると、あっという間だ。そして本作前半で描かれる震災時の虐殺は今やなかったことにされかかっていてそれに都知事も乗っかる末法エポック。留飲下げてると20年で他も全部なかったことにされっぞ。

     

    蛇足:本件を取り調べた予審判事の息子が、本田靖春「不当逮捕」の主人公・立松和博なんですって。あのエース記者の特異なキャラクターは、ある程度父親譲りなんだろうなと思った。

     

    「박열」(朴烈)2017年韓国
    監督:イ・ジュンイク
    出演:イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・インウ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM