四十肩にフォークギター

0

     プライベートな事情で塞ぎ込んでいた我らがバンドのドラマーが、冬眠明けの挨拶をくれたのが春先のこと。またスタジオ入りましょうやと約束して春が過ぎ、暦上夏が過ぎ、はや9月長月。「さてぼちぼち」などと連絡を取ったのは、無精を差し引けば暑さが過ぎるとされる彼岸が近づいたからである。

     

     夏はフェスだ的価値観に沿えば、夏こそ演奏すべしとなりそうだが、ロックンローラーが過度に無茶をするのはステージ上とツアー先のホテルとフィジーのヤシの木の上だけと相場が決まっておる。スタジオ入りは常識的に粛々と、だ。


     「仕事が終わったら連絡します」
     とドラマーからレスがあり、そして間もなく「我慢できなくて」と連絡が来た。戸惑うくらいの前のめり。はて。
     数日前にさかのぼる。ドラマーがようやくのこと話題になった「ボヘミアン・ラプソディ」を見たのだった。才能豊かな4人の誰かが曲のアイデアを思いつき、残り3人が、「?」の後、ああと納得し、だったらこうじゃね?とアイデアを上乗せしたりでやがて曲が完成していく。その過程自体は才能も技術もない我らとて大まかには同じなんだな。あーそうだ、これがバンドだ、バンドはこれだ、とドラマーが強く噛み締めたところで、俺かの「ぼちぼちスタジオどうでっか」の連絡きたる!というわけで前のめり。まあ、金儲け以外で誰かと手間のかかる何かをするためには、天の配剤的シンクロニシティはたまに要るもんだ。


     こうして、呼ばれたら無言無表情で現れるピアノマンとの3人で1000日ぶりのスタジオインとなった。ジャスト1000かどうか数えてないが2年と8か月くらいだからそういうことにしておこう。
     ピアノ、ドラム、ベースのジャズ編成だと自前の曲を練習してもあんまりおもしろくない、というのはすでに経験済み。このためコピーをすることにした。すっかりアコギづいている俺のエゴで、練習した曲のバックに他の楽器があったら余計に楽しいという贅沢な遊びである。

     

     ちょうど「ロケットマン」を見たせいで、エルトン・ジョン「I Want Love」を演奏したくもなったが、ああいうメロディの綺麗な曲は、ボーカルがちゃんと歌わないと演奏していてもあまり面白くないもので、楽器メインで楽しむ場合はもう少し明確にメリハリのついている曲の方がよろしい。そういうわけでデヴィッド・ボウイ「ジギースターダスト」をまず選択。和音だけでそれっぽくなるリフレインと、アクセントの効いたドラムがうまく合わさると心地いいはず。でもドラムが「思ったより難しい」との由。いやあエゴに付き合わせてすんませんな。歌詞の中にも、エゴとともにメインキンラブなどと書いてある。


     その他ピアノメインの曲など2曲。大いに楽しんで酒も飲んで機嫌よく駅で電車を待っていると、ギターケースをかついだ同世代くらいの男性となんとなく居合わせることに。酔いも手伝って「練習すか」と聞いたら「ああ、ライブの帰りです」と。
     「出来はどうでした」
     「イマイチかなあと思ったけど、お客さんの反応はよかったですね。よくあるパターンのやつ」
     わかるよね、くらいの目つきで笑いかけてくるので、わかるよっていう顔をしてあははと笑い返した。この場合の「わかる」はバンド演奏ではなく、芝居での話だけど、まあ一応「わかる」から嘘ではない。聞けば全国津々浦々でライブしている口ぶりなので、おそらく結構な手練れ。それを納得させる風貌も相まって、こちらが本日「ジギースターダスト」をコピーして遊んでいただけなのは内緒である。

     

    ※本稿のタイトルは、暴威時代の布袋寅泰が完成前の曲につけていた仮タイトルのひとつからの借用。アヤフヤな記憶のみに基づいているので合っているかどうか不明。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM