馴染めない男と馴染んでくる男

0

    雪のない富士山を見るのは初めてかも。乗り合わせたコーカソイド系外国人観光客が、周囲の日本人乗客がなぜ揃いもそろって窓の外を撮影しているのか「??」といった反応を見せる締まりのなさ。

     

     親戚の用事で東京に。
     今月も仕事で新幹線に乗ること自体は多いけど、すべて西行き。東京方面のホームに上るのは何年ぶりか。皮算用ではもっと多いはずなんだけどおかしいなあ。

     

     この日もそうだけど、新大阪駅の新幹線乗り場では、乗る前に喫煙コーナーに行くことが多い。そこには液晶モニターがあって、行き場を失くした煙草のCMが流れている。以前は、アイデアが降ってくるなんて嘘だというモチーフだったことは前に書いた。妥当な部分はあるにせよ、アイデアはやはり降りてくるもんだというような話である。

     

     最近見るのは、あのCMは随分マシだったんだなと思わされるような酷い内容である。

     加熱式煙草のCMで、3種類あるからシーンに応じて使い分けられますよといったようなことを訴えている。だもんで、若い男がどこでもドアのようなものであっちこっちに移動して、その場に合わせたタイプの加熱式を味わうという構成なのだけど、その「場」というのが、鼻持ちならない雰囲気のパーティーだったり鼻持ちならない雰囲気のBBQだったり、高そうなバーにジャズクラブ、都市のど真ん中でのスケボー遊び、と続く。

     

     で、こいつはどうやって生活してんの?

     

     そんなことを考えたのは、長髪を後ろで括ってカジュアルな格好であちこちウロウロしている30前半くらいの主人公の風体振舞いがまずある。そして、不労所得で暮らしている資産家なのかこいつは、という映像を映すそのモニターの下にいるのが総じてくたびれた様子のワイシャツ不機嫌男ども(一部女性)。誰が共感するんだこれ、というギャップの物凄さによるところ大である。


     しかし、資産家の割には鼻持ちならないパーティ&バーベキューに馴染めていない雰囲気が気にかかる。金とコネで貴族の仲間入りを果たしたけど宮廷サロンに居場所がなくて始終半笑いの大商人、とでもいうような様子である。
     このCMは最後、海辺の断崖で独り焚火をして黄昏ているところで終わるのだけど、そのどこかわからん断崖の遠くの方で、どこでもドアをくぐって別のもう一人が去っていく。スーツに帽子にアタッシェケースのいでたちで、それを見送る主人公は何かほっとしたようなやるせないような微妙な表情をしている。

     どうもはっきりしないラストなのだが、あのアタッシェケース後ろ姿は借金取りなのではないかと気が付き腑に落ちた。何のことはない、単に借金で遊びまくっているだけだった。まあ、金ないやつほど煙草やめてないという点では真実だな、と無理にひねり出すしか作ったやつの気が知れん。市場そのものが縮小している分野だから、必然CMもダサくなるのか。

     

     後日、そんな話を、仕事でたまに会う営業の人(喫煙者)に語ったら、「あのCMを、そんな視点で見るわけですねえ」と、まるで五島勉でも見るかのような顔つきをされてしまった。要するに、良くも悪くも何にも響いていないCMだということで、余計ダメやんけ。

     

     さて、煙草を吸わない人の中にはいまだに新幹線や特急列車に喫煙車があると思い込んでいる人がたまにいるが、とうの昔にそんなものはない。新幹線の場合、広くても3人、しばしば2人分しかスペースのないガラス張りの個室で吸うことになる。必然混むので面倒くさいからあんまり行かない。が、この日は小田原を過ぎた辺りでなんとなく向かったのだけど、2人分スペースの片方に座り込んでスマホをいじっているヤンキー風の男がいる。

     加熱式なので灰が落ちることもないから、たまにアリバイのように口をつけるだけ。このため実質一人分のスペースのところを数人が待つ状態になっていた。1人また1人と入れ替わる間、そいつはずーっとどこ吹く風で座り込んでスマホに夢中。さすがに腹も立ってくるので、「蹴とばすぞコラ」くらいの念力を送りながらガラス越しにその男を凝視していた。

     

     それでようやく男が立ち上がり、最後の待ち人1人になっていた俺と出口で鉢合わせた瞬間、その男が破顔一笑「カッコいいTシャツっすねえ〜」と、柔軟剤でふわっふわのタオルのような物腰で語り掛けてきて、虚を突かれた俺はただ「うん」と応じるだけだった。
     なるほどこの男はずっとそうやって生きているのか。全く賛同できないが、それはそれでひとつの処世術だわな。何か勉強になった。こいつをCMに出した方がいいんじゃないかとすら思わされた。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM