本の感想:牙

0

     「五色の虹」に引き続き、またもや著者が中国の政府関係者にホテルで陰湿に絡まれるサスペンス型ドキュメンタリーの巻となっている。必然、中国の官憲相手に記者が1人で出来ることなど皆無に等しく、前作同様取材は核心の入口でシャットアウト。当人も末尾で述べているように、大して暴けたことはない。

     前作はそれでも歴史の話なので、他の取材先、他に書けることはいくらでもあったが、今作は現在進行形のテーマにつき取材は難航を極める。なのでボリュームも薄いわけだが、取材が難しい分、明らかになることは大してなくても読ませるところは多々あった。


     ただ、この話の流れなら、日本の現状はもう少し読みたいところだ。まあ会社員だけに、そこまで自由自在には動けんわなあ。交通費が会社持ちな分、海外取材は会社員の方にアドバンテージがあるが、どうしても範囲は所属に縛られるところはある。ジレンマだな。


     人生で象牙に接した経験は数えるほどしかなく、何でそこまで重宝されるのかは正直よくわからない素材だ。ダイヤ等宝石の類も特に興味がないが、綺麗だとは思うのでまだ欲しがる気持ちは想像つく。

     印刷屋で働いていたころ、一度だけ象牙を持ち込んで印鑑を注文してくる客を見た。先代社長のおやっさんは、「これに彫ってくれ」と客が差し出した印材を目にした瞬間「象牙か、好かんな…」とこぼしていた。海外旅行の好きな人だし自然環境問題にも関心があるからなのか、それとも不正に印材を入手していた場合の面倒ごとを嫌ってか、理由はよく知らないが、爺様世代の業界人も象牙を嫌うのかという点では意外な気がして印象に残っていた。あと独特の白さは確かに映えるものがあったのはよく覚えている。

     

     博物館でも何度か見た覚えがあるが、具体的に印象に残っているのは台湾の故宮博物院にあった象牙細工である。印材にも用いられるように、象牙は彫刻等の加工に非常にマッチしているわけだが、そのせいか細か過ぎる細工が過剰で、見ていてちょっと気持ち悪いくらいだった。

     大抵象牙の美術品にはその傾向があるが、台湾のあれは(さすが皇帝の秘蔵品といったところか)とにかく突出して細密で感動ではなく不気味さに鳥肌が立った。だけど同じものを見たことがある知人は「何で?あれ最高っしょ!」と言っていたのでやはり好きな人は好きなんだな。

     撮影可だったのであのときの写真を見返してみたが、共感できなかったせいか撮っていない。参考までにこんなやつ。改めてみると「マモー」を思い出すな…。

     ちなみに象牙の美術品を展示する場合、所管官庁に届け出がいるらしく、正直展示は面倒くさいというのが内部の率直な意見だと聞いたことがある。

     

     それで先日会った親戚からは、「死んだらこれあんたにあげる」と象牙の仏像を見せられた。1/144ガンダムくらいの小ぶりなサイズ。随分昔に東南アジアのどこかに旅行にいった際購入したという。そのせいか南伝仏教風の派手なデザインでカラフルに彩色されていて、ホンマに象牙かいな?と内心疑念が湧くが、この場合、偽物であってほしいという気もする。

     どっちにしろ、触った感じはまさに骨で、母親の骨を拾ったときを思い出した。やっぱり好かん。だいたい「死んだらあげる」っていっても、美術展示同様もろもろ面倒な手続きがあるんじゃないの、と思って調べてみたら、何もなかった。

     

     まあこの親戚同様、ありがたがる人は一定数いて、その伝統産業に従事している人も存在し、という中で国際会議で異論を唱える日本の立場はそれはそれで合理性があるのかもしれないが、果たしてホントにそれが理由か?という印象はある。伝統を主張しつつ、ホンマの伝統である沿岸捕鯨より南氷洋にこだわる捕鯨のあのわけのわからなさに通じるややこしげな何か。アフリカでヤバイ橋渡りながらの奮闘をした著者には申し訳ないが、その辺のところの方がもっと知りたい内容ではあった。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM