映画の感想:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

0

     話らしい話もない内容と聞いていたので勝手に短い作品だと思い込んでいたが、よくよく見れば「上映時間161分」とある。長い。話らしい話もなくどうしてそんなに長くなれるのだろうと不思議に思いながら見た。長い謎はすぐ解けて、一個一個のシークエンスが、よくある映画のテンポ感覚からするといちいち妙に長いからなんだな(例えば序盤の犬に餌をやるシーン。普通はあんなに長く要らんだろ)。割とサクサク展開していく映画を作っている監督のようなイメージがあるが、よくよく振り返ってみると、そこそんなに要る?っていうくらい、時によってやけに長いこと引っ張るのは昔からやっている。それを全体に適用した格好。


     ある時期のある地域の様子を、ストーリーがあるようなないような展開でだらだらねちねちと描き、パロディもあれこれ、となれば、これはもう映画におけるユリシーズといっていいのではないか。と、読まずに言っている。まあとにかく、この長ったらしい感じは不思議な面白さがあって、文学作品風味も感じたのだった。
     

     終盤の、とうとう青春の日々は終わるというような場面でストーンズの初期の代表曲「Out of time」が流れるところにジーンと感じ入ってしまい、この曲はこんないい曲だったのかと再認識させられる辺り、使い方も映画自身もよくできているのだろう。で、終わりかと思ったら全然そんなことはなく、ここから先、全く予想外の展開だった。そういえばこの監督、偽史を語るのもお得意だった。結構残酷なのになぜかすっとしてしまうアクションの見事さ含め。
     

     本作の中で重要かつ、かなり異質な存在が「マンソン・ファミリー」である。彼らが一体どういう存在なのかは、「ネタバレじゃなくて知っておかないと意味がわからない」と町山智浩が断ってラジオで紹介していた。確かに知らないと「こいつらのこのシーンは何なん?」となるかもしれない(どちらかというと爽やか女優シャロンのシーンの方が「何なん?」となりそうか)。で、おそらく現地アメリカでは、ほとんどの人が「ああ、あれか」と思いながら見ているだろう。
     

     だけどこれ、知らない方が面白いのかも、という気もした。俺の場合、そのラジオを聞いてなくても、事件自体はどこかで読んだことがあって超漠然とは知っていた。ロックバンドのマリリン・マンソンの名前の由来として知ったような気もするし、もっとゲスい雑誌の記事で読んだような気もする。おそらく両方だ。
     

     で、そういう気色の悪い集団だという知識があるので彼らが登場した時点で腹の奥が少々ざわざわとしてくるわけだが、知らなくてもどこか気味の悪い連中だと感じることは出来る演出になっている。ただしその気味の悪さは、いかにもこの後ゾンビに変身しそうだとかそういう恐怖丸わかりな調子ではなく、ただのキワモノ的な相容れない人たち、くらいの不気味さだ。「今はやりのヒッピーのうざい連中、の延長線上にいるかなり濃い連中」くらいの位置づけといおうか。


     それが実はそんなレベルではまったくなかったというのをこの後、実際のアメリカ社会は知るわけだが、同じことは日本社会でも経験することになる。麻原彰晃を面白キャラとして消費する人々、うさん臭さに眉を顰める人々、「ところどころついていけないけど、たまにマトモな筋の通ったことも言っている」と教団の本を読んでいた友人、ようそんな気色の悪い装丁の本を本棚に並べられるな、と呆れたがそれ以上は特に考えなかった俺、等々を思い出した。
     

     事前に知らない方が、その同時代感はより経験できたかもなあと、そんなことを考えさせられた上手い描き方だと思う。いかにもそういう存在として出てくるわけではないが、さりとてフツーの連中というわけでもないネジのはずれたサマが絶妙。俺の場合は、マンソンファミリーをうっすらと知っていただけだったから、見ている途中か見終わった後で、ああ!あれはアレか!と気づいてゾッとするという一番丁度いい触れ方が出来たのかも。
     

     後は備忘録。
     演技の中で最も難しいのではと常々思っている「下手な演技」が本作にも登場していて、これがなかなか見事だった。素人の棒読みの類ではなく、頑張っているけど下手くそな大根芝居。台詞を忘れてしまった惨めさを挽回しようと頑張れば頑張るほど要らない過剰さの上塗りになって滅茶苦茶ダサい演技になる辺り、見事だった。プリオは演技が上手いんだなあ。

     

     で、落ち目の役者役の彼が劇中で演じる西部劇の悪役の格好が、まるでバート・レイノルズだと思ってみていたら、実際バート・レイノルズをモデルにしたのだとネットの記事で読んだ。バート・レイノルズといえば「トランザム7000」だが、あの作品では、助手席に乗せた若い女が脚を伸ばしてフロントガラスをヒールでカツカツと蹴るシーンがある。滅茶苦茶行儀悪いなと子供心に妙に印象に残っていたんだけど、本作でも助手席に乗せたヒッピー娘がフロントガラスを足の裏でべたべたと触るシーンがあった。この監督は何かと「わかる人はわかる」パロディ、引用の類が多いので、「これももしかして?」とつい思ってしまう。デカいアメ車だと、こういう人って向こうじゃ普通にいるっていうだけのことだと思うんだけど。
     

     大脱走のシーンに代表されるように、作っている人間が一番面白いという作品だったと思うが、それが特に鼻につくでもなく客の側も楽しめる点、さすがは手練れの監督であり、楽しく作ったものを楽しめるというのは何かと幸せなことである。

     

    「ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD」2019年アメリカ
    監督:クエンティン・タランティーノ
    出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM