横はげと消えてない天才とカゾク系

0

     今年も右手左手会議を録画してまで見てしまった。佐々木、奥川といった注目株がどこに行くのかというのは興味がないわけではないが、もっぱらの関心は、確率論がいかに人間に容認されないのかの光景なのだった。この辺のことは一昨年書いており、特に付け加えることはないが、巷間騒がれている通りに3〜4球団の競合となった両投手が、いずれも指名確定後もずーっとアストロズのブレグマンくらい無表情だったのが印象的だった。つい、先ごろ亡くなった金田正一が引き当てたときの小池秀郎を思い出す不穏な想像をしてしまうが、10代の少年の進路決定に、いい年のおっさんが血眼になって食いつき、かつくじ引きで決まるんだから、まあどういう顔をしていいかわからんよなあ。


     無理矢理を承知で想像してみる。俺の就職活動で複数社から指名が来たとして、で俺自身にも最低1社は1位で指名来るんじゃないかくらいの腹積もりはあったとしてもだ、複数社指名してきたら確信と驚きが同時に襲って来るだろうし、「おーっと引き当てたのは北海道新聞だ!」などとなったら、何をどういう順序で消化してよいやら。とりあえず何かわからんけど就職決まってよかったねとしかいいようがない。被指名側の精神衛生上においても、完全ウェーバー制にしたら?


     今年はくじで外した球団が、さっさと1本釣りに切り替えたので、現地のテレビカメラはもとより試合の映像素材も追いついていないケースがちらほらだった。まあそれがプロの仕事だろうね。2度も3度もくじで競合するのは、そうなる一定の確率はあるにせよ、担当部門の責任だ。

     

     あとどうでもいい話だが、新監督就任で久々に見た佐々岡が太っていて、うっすらとN国の立花に似ていたような。与田は横方向に額が広がっており、細川たかしみたいになっていた。細川たかしだけのレアなはげ方かと思ったがそうでもないんだな。あとオリックスの福良と西村監督は似ていると知った。途中でくじを引く役が入れ替わったのに、俺もアナウンサーも気づいてなかった。

     

     ドラフトを録画までして見た理由はもう一つあって、メジャーのポストシーズンに関係している。例年このレベルの短期決戦を見ていると、もはやくじ引きではないのかという気がしてきているからだ。


     レギュラーシーズンで打ちまくっていた打者が打率1割台になったり、頼れるエースが炎上したり、こういうのはもはや、何か具体的な原因があることではなく、ただの運/不運ではないのかという疑念が脳裏をよぎり、否定しきれないでいる。そういえば解説者の解説も、あまり説明になっていなかったり合理性がなかったり、予測が見事外れたりするもので、ドラフト実況の「右手で取りました!」同様に意味のないものに聞こえるときもしばしば。ポストシーズンというのは、ただの壮大な右手左手会議を見せられているだけではないのか。そんな思いにとりつかれ、本物の右手左手会議を確認したくなったのである。すると、奥川を当てた高津とアナウンサーのやり取りである。

     

     「いきなり大仕事でしたね」
     「どうしてもピッチャーを強くしたいと言った手前、絶対引いてやろうと思いました」
     「3球団が競合して一番最初にくじを引きました。何か作戦はありましたか」
     「いやまあ直感で、あたった封筒を取ろうと思いました」

     

     これ、サヨナラ打を打った選手のヒーローインタビューと同じやん。「絶対打ってやろう」「来た球を打とう」。やっぱり試合もくじ引きと同じなんじゃん、と確信してしまったのだった。ま、真相は順序が逆で、単にくじ引きのインタビューをヒーローインタビューに寄せているだけなんだが。でもまあ、くじに作戦なんかあるかよ、と同様、野球も場面によっては周りが期待するほど作戦はないものだ。


     まだ続く。
     毎年ドラフトを中継しているTBSは、そのあとの時間帯で「お母さんありがとう」という特番を例年やっている。ドラフトの陰に母の愛のドラマあり、といった趣旨の内容だ。フィクションじゃない題材に毎年同じフォーマットを用意するような無理をしているから、やらせで2番組も打ち切りに追い込まれるんだろうに。

     

     母親が死んだとき、地元紙が「お悔み」に掲載するというので電話をかけてきて、告別式の日程とともに故人をしのぶ喪主のひと言を載せるのだという。「やさしい方でしたか」と誘導尋問するので父親が「厳しかったけどなあ」と回答したが、紙面には「やさしい母でした」と喪主だった兄の言葉として載っていた。父が「厳しかった」と答えたのは、わが一族が「山内上杉」「扇谷上杉」ならぬ「斜構森下」だからというのがまずあり、その点で地元紙掲載のコメントは家名に泥を塗られた格好なのだが、母親は厳しかったのは事実である。

     

     ドラフトは中継のある一位指名の後も、各球団、育成も含めれば10人前後採用しているので、ヤワなファンである俺にはよく知らない名前がほとんどを占めるのだが、一応ネットニュースで確認している。それで知っている名前があったので検索したら、西武が8位指名した岸潤一郎って、まさにやらせで消えた番組「消えた天才」に出てたと知った。消えてねーじゃんというのが小気味よい。「名もなき夜空の星に」「いや肉眼で見える星には全部名前ついてますよ」っていう話のように小気味がいい。

     

     アマチュア野球に詳しい先輩氏から教えられた話では、大学進学後に紆余曲折相当苦労したというが、その岸ほどではなくても、いろんな経歴の人間が指名されているようで、よほどこっちの方がおもしろい話がわんさかある。
     それでも「お母さんありがとう」か。ノーベル賞受賞がニュースになると「妻の支え」が決まってニュースになるが、あれは受賞内容を誰も理解できないのが理由として大きいが、同じくドラフト=母になるのも、よく理解できない人間が担当しているのだろう。だから「日本のいちばん長い日」の制作陣も、「日本のいちばん長い日」がどういう映画なのかよくわからんかったんだろうな。しかし流れる先が何で「家族」なんだ。仕事・家族でしか世界像を認識できてない、セカイ系ならぬカゾク系だからかね。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM