リーグ優勝決定戦終了トントン対決

0

     ナ・リーグはナショナルズが4連勝でカージナルスをスウィープし、見逃せない試合が重なるはずのこの時期を一気に暇にした。カージナルスは勢いづくワイルドカードに弱い。2015年の対カブス、2004年の対レッドソックス。どちらも気づいたら敗退していた。小技ベースボールの限界だと見切って、ラルーサ色を排除してはどうか。小技の本場・日本野球が大変勉強になったと言わされまくったマイコラスにも、次のステージが必要であろう。

     

     ア・リーグは田中の先発試合で好発進したが、2戦目は、虚弱のコレアが覚醒し、アストロズがサヨナラ勝ち。打った瞬間本塁打を確信してちんたら塁を回ってもやっぱりホームランなのがブレーブスのアクーニャとは違うところ。歓声を寄越せとばかりに耳に手を添え観客にアピールし、三塁を回ったところでヘルメットを脱いでホームに向かってバスケのシュートを放つ趣旨不明のパフォーマンス(1点しか入ってないのに2点の仕草とはこれいかに)が、妙にサマになる伊達男である。

     

     第3戦は、アストロズ先発のコールがピンチを作りながら要所を締め、全くヒットの出ていないグリエルがワイルドピッチと犠打で2点に絡むカージナルスぶりを発揮して勝利。第4戦、ヤンキースは田中に託すも、スプリンガーに被弾。2017年のダルビッシュに続き、パ・リーグ投手が彼の餌食となった。

     

     アストロズが一気に4連勝するかと思いきや、5戦目でバーランダーが、これがやはりスポーツ・イラストレイテッドの呪いなのか、立ち上がりの不安定さを見せ、打線も何ひとついいところなく敗戦。やはり寒さに弱いのか。しかしヤンキースも、期待できるのはルメイヒューだけで、ジャッジは沈黙。スタントンはまったくの大鑑巨砲状態でそもそも出番がない。嫌なところで打つ男・ガードナーもさっぱり元気がなく、見どころといえばエンカルナシオンの格好悪い走り方くらい。

     

     6戦目は、打率1割台なのに打点は稼いでいるグリエルに一発が出てアストロズが先制。しかし唯一頼れるルメイヒューが9回の土壇場で同点弾を叩きこみ、意地を見せる。の、はずだったが、9回裏にアルトウーベがチャップマンから特大の一発を放ちサヨナラ、千両役者ぶりを発揮した。ホームランを打たれると決まって外野を振り返りながら半笑いになるチャップマンを久々に拝めた。ご馳走さんっす。普段は感情を表に出すアルトウーベなのに、このMVP確定の場面では落合博満のように無表情で淡々と塁を回っており、コレアとの格の違いを見せた。

     

     というわけで、1文字2文字対決は1文字が強かったということで、ワールドシリーズは、ヒューストン・アストロズ×ワシントン・ナショナルズ。日本人対決にも日系人対決にもベネズエラ対決にもならず(訂正:たまに出てくるナショナルズのパーラがベネズエラだった)、リーグ最高の先発陣を要するチーム同士の対決という妥当な野球ファンのような惹句しか見当たらない組合せとなった。

     

     ナショナルズは、初のワールドシリーズ進出。今季チームの顔であるカルロス1世・ハーパーを放出して派手さは消えた、と思わせてポストシーズンの強打ぶりは侮れない。散髪(散髭)した関羽のようなレンドーンと、名は体を表す外に打つのが上手いソト。青の正統ドジャースの赤髭ターナーと対局に赤チームで青臭い雰囲気を残すターナー。そしてWSに出場できないまま引退した天才・鈴木の代わりに頂上決戦に進んだスズキ、は専業キャッチャー的な人で打撃は期待できない。投手陣は、2012年のWSにともにタイガースの一員として出場しているシャーザーとバーランダーが、それぞれナショナルズ、アストロズに所属して対決する格好になるが、おそらく第1戦にアストロズはコールを使うだろうから、この2人の投げ合いにはならんだろう。

     

     アストロズはここまで何ひとついいところがないルーキー・アルバレスが注目。期待できない打者をレギュラーで使い続ける点、ヒンチ監督はロバーツと同じなのだが、ロバーツと違って投手の起用もある程度レギュラーシーズン通りであるので、どっしりした印象はある。俺と年一緒なんだけど風格あるなあ。
     まあ優勝経験のないナショナルズを若干贔屓しつつ、ドジャースが無様に散り、正直どちらでもいい気分ではある。とにかく第7戦までもつれて楽しませてほしいね。ヒューストンにワシントンだからトントン拍子にいかないように…。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM