愛と平和で何がおかしい

0

     台風により延期していたスタジオ入り。前回の中止はちゃっかりキャンセル料を取られた。あれ? こんな日にスタジオ入りするのは、こんな日に宅配ピザを頼むなと同様の想像力を欠いた行為かと思って遠慮したのが少々馬鹿馬鹿しくなるぞ。なるほど、電車が止まっても出勤しろというアホな会社の意図はそういうところにあるのか、と納得した。みんな休もうぜという呼びかけは、お互いの財布の問題としても重要でなのだな。


     ピアノマンは日中ずっと練習していたらしく少々疲れ気味のご様子。俺はというと、仕事終わりで楽器屋に寄ったから5分ほど遅刻した。前回アコースティックギターにピックアップをつけてエレアコ仕様で弾こうとしたのにうまく行かなったため、本日はエレキギターを持参することにしたのだが、問題はケースがないことだった。ヤフオクで買ったとき、純正のケースとともに送られてきたのだけど、そのうちカビて汚くなってしまったので廃棄していた。持ち歩くことがなかったので何の問題もなくこの日まで来てしまったというわけだ。

     

     なので仕事終わりで、あわてて楽器屋に飛び込んで「ギターケースくれ!」と店員を捕まえ、「安いのだとこのタイプですよ〜」と呑気に持ってくる長髪のあんちゃんに「これで!」と即決して店を出た。普通そんなに慌てて買うもんじゃねえだろ。急な訃報に慌てて数珠を買いに来る弔問客のようだ。

     帰宅して着替える暇がなかったので、ネクタイ姿のままギターケースを背負ってすぐ電車に乗ったが、正確には弔問客ではなく、結婚式の2次会で余興をたのまれたおっさんの図だった。5時過ぎに電車に乗ってるから、時間帯的にもまさしくそんな具合(若干遅刻気味)だし、たまたまこの日、明るい色のネクタイしてたしで余計に。

     

     ま、しかしこの日は母親の命日につき俺にとっては慶事ではなく弔事の日になる。慌ててギターケース買って、って、あんた何してんのという感じだろうな親にすりゃ。

     

     本日のコピー曲はエルビス・コステロ「(What's so funny'bout) peace love and understanding」。そういえば母親はエルビス・プレスリーが好きだったから、半分ほどはちょうどいいな。プレスリーからコステロになった途端、外見のスター性は全く消え失せ、阪大の基礎工学部の人みたいになってしまうのであるが。


     単純なポップソングかと思って演奏してみると、これが無茶苦茶楽しい。少ない人数でやるときは、ドラムが凝ってる方が楽しいということがよくわかった。
     しかし、そうなると次なるコピー曲を何にしたらよいものか悩む。ピアノマンは「いっそビートルズでいいんじゃないっすか」という。まあ、いつこの世から「ない」ことになるかわからんからな。「マズいことになる」前に、1曲くらい覚えておいてもよいかもしれん。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 「続く」の続き
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM