新春緑藍対決

0

     アスレチックス×マリナーズの話ではない。

     正月で帰省していたとき、NHKでドキュメンタリーの再放送をしているのを見た。台湾の今、みたいな内容。総統選挙を前にしての再放送なのか、とにかく見ながら選挙の見物に行こうかなあと突発的な旅行の衝動にかられた。が、仕事の都合で無理だった。

     

     よし浮いた飛行機代で初売りだ。と、我田引水の新しい算数思考で、その猊發い振皚疂匱蠅貿濺弔法

     「ロケットマン」を見て以来、毛量と服装の派手さが反比例していくエルトン・ジョンを見習う決意をしたが、その機会がなかった。ようやくの買い物である。だが当たり前の話、常軌を逸したデザインは探すのが難しい。もうかれこれ十何年、無難な服しか買ってこなかったので、真人間の店しか知らん。まあそれでもどうにか多少は背伸びした商品の購入にこぎつけた。おだて上手な店員に上手い具合に乗せられ、かなり上機嫌で帰ってきたが、あらためて自宅で着てみると、ただのチンピラだなこれ。

     

     どうだっていい話だった。

     

     選挙結果は現職の圧勝だった。人口2千何百万で800万票。獲得票数もさることながら、投票率の高さに目がいく。民主主義を諦めてるかのような我が国の低投票率とは比べものにならない。なんでよそ様の選挙に関心が向いたかの理由のひとつは、こういう熱狂をじかに見てみたかったからだ。体験したことがないのでどんなんだろうという素朴な興味である。


     それにしても台湾の緑×藍対決は、左右で単純に分けられないところが面白い。二大政党の民進党(緑)、国民党(藍)のうち、歴史的に保守というか反共というかは国民党の方だが、この政党は同時に大陸側と融和的だ。かつて共産党と戦火を交えた政党であり産経の李登輝好きも知られるところだが、とにかく民進党の方が大陸と対立的である。

     だがその中国共産党と折合いの悪い民進党は、脱原発とか同性婚法制化とか、政策路線としては革新系の色合いが強い。デジタル担当相に起用したのが38歳のトランスジェンダーというのも話題になった。

     

     杉田生産性が現職再選の祝意をツイートしていて、あんたの生産性発言との整合性はどうなんだと揶揄する反応を見たが、政策的に対立することがあっても当選者には敬意を払うのが民主主義の作法であるから彼女の行為は間違ってはいない。ただし、この人「反中(ないしは反共)」だけのワンイシューで飛びついているんじゃないかと疑われても仕方のない普段の言動であるから、嗤いたくなる気持ちはよくわかる。


     まあ政治的意見の対立というのは、そこの国ごとに色々と異なるから、日本と同じ尺度が当てはまるわけがない。だのに複雑だとつい感じてしまうのは、「尺度」が普遍的な所与のものだと思い込んでいるからだろう。

     いや、こんな話がしたいのではなく、「台湾」というと「親日」という馬鹿の一つ覚えがまず出てくるのが煩わしくて仕方がなく、その反発から総統選挙という現地のでかい出来事に目が向いたというそんだけのことだ。

     俺個人の周囲でも、そういうボタンでもついてんのかというくらい、人との会話の中で「台湾」という単語に「親日」と返ってくることがよくあって、何か腹立つんだよなあ。「あれ髪切ったの、何だ失恋か?」なんかと似たようなうるせーよばーか感というのかね(俺自身は言われたことないから俺が持ち出す事例ではないかもしれんが他に思いつかなった)。ま、選挙にはいきましょうねということで。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM