映画の感想:パラサイト 半地下の家族

0

     猛烈に感動した。現実を皮肉ったコメディ&スプラッターだから落涙するシーンは何もないのだが、帰宅して眠りに落ちるまで結構放心していた。何がそんなに、というとこれはだいぶ個人的な話になる。とりあえずは内容紹介を。


     半地下の家に住むキム一家が、文字通り他人の家庭に寄生していく。寄生先は山の手の豪邸に暮らすパク一家だ。
     この辺の社会背景は、「国家が破産する日」の〈それから〉になる。国策(というかIMFの差し金)で新自由主義に突き進んだ結果の格差社会だ。「弁護人」「タクシー運転手」「1987」「黒金星」と、冷戦構造&軍政の崩壊、その結果の民主化ひゃっほーい、の先に待っていたのは、まさかの19世紀社会だった。この格差社会は日本も同じだが、韓国の場合、本作のような半地下賃貸に暮らす人がそれなりいるといい、格差がビジュアル的にわかりやすい。

     

     なんでも、元は北の攻撃に備えた地下シェルターらしく、それを賃貸用に改装して貸し出しているとのこと。湿気はひどいし、便所虫が跳ねてるし、下水管より下に部屋があるからだろう、トイレは天井高にある。なかなか強烈な絵面だ。俺が韓国人ならこの時点で見るのがキツかったかもしれん。「万引き家族」では、あの貧困家庭のやけにリアルな部屋の様子にに息が詰まってしまったものだった(なのでテレビ放映を録画したが序盤で停止したまま)。本作の場合、よその国の情景なので、露悪的に戯画化された舞台美術のように見え、心理負担は少なかった。

     まあ「万引き家族」に難癖つけてた人々と韓国罵倒好きは結構重なり合ってるだろうから君らにいうとくと、本作は韓国の恥部を晒して韓国を「貶めている」映画につき、ぜひ見たら溜飲が下がるんじゃないかな! ご存じないと思うけど、韓国映画おもしろいよ。

     

     閑話休題、そんな一家が、家庭教師だ、専属運転手だ、家政婦だ、と次々パク家に雇用され寄生していく。その詐欺的過程は、スパイものかオーシャンズのような盗人もののようなトリッキーさが楽しい。キム家の人々が総じて優秀なのも笑える。初心者的なドジでスリルを演出するのが嫌いなので見ていて気持ちがよいし、優秀でも機会に恵まれないのが格差社会であるという社会の断面をえぐっているともいえる。


     一番驚いたのは家政婦として寄生する妻で、半地下で暮らす序盤は格好も口も汚いおばさんだったのが、家政婦になりすますと途端に気品のあるマダムに化ける。そのギャップがさすがのベテラン役者だ(この妻が元ハンマー投げの選手だったというのはどういう意味があんの?)。序盤で兄の大学在籍証明を偽造する妹に、父が「ソウル大学に文書偽造学部があったらお前は主席だ」とおかしな感心の仕方をするギャグシーンがあるが、この妹は文書偽造「が」得意なのではなく、文書偽造「も」できるだけで、他にもっとマシなこともできるはずだ。能力の発揮のしようがない不幸と、それが犯罪に向かう不幸が、端的に現れていると思う。

     

     一方のパク家。西島秀俊風の父が、なぜか鼻にかかったテノール声で話すところがマンガチックで可笑しいが、彼らはわりに普通の善良な一家である。劇中の台詞にもあるが、金持ちは大抵割といい人が多いという典型をなぞっている。豪雨で多くの被災者が出た翌日に奥方が「雨のお陰で空気が綺麗ね」と言うときも、そこに悪意はない。ただ無邪気なだけだ。だが被災した側からすればひどく配慮を欠いているように聞こえる。この辺りの鼻持ちならなさ加減も絶妙である。

     

     さて寄生に成功したキム一家だが、この後正体がバレそうになるスリリングな展開にならないこともないが、そこがメインディッシュではなく、全くもって意外な展開を見せる。自分たちの鏡というかフラクタルというか、そういうものを用意するのはトリッキーなストーリー運びの常道とはいえ、実に見事な脚本だ。

     ちなみにリビングがとっちらかったのを慌てて片付け、片付けきらないうちに家主が現れるも特にバレないシーン(ガラスまで飛び散ったのに)はいかにもドタバタコメディ風ご都合主義に見えるが、あのふるまいが家政婦を抱える金持ちなんだろうな。一定以上のホテルに泊まるとき、よもやつい先ごろまでその部屋で誰かが酒盛りをしていたなんて考えだにせず、当然部屋は片付いていると思っている。それと似たような感覚なのだろう。

     もひとつついでに、この優秀なキム一家が、後半のまさかの展開の中では「うっかり階段から落ちる」というドジをやらかしているのだが、これも好意的に解釈すれば、「上層」に上るときは逞しく悪知恵が働くのだけど、「下層」に下がるときは、上を欺くときの器用さが発揮されず、結果ドンくさくなるということか。

     

     さて何に感動したのかといえば、まるでよくできた舞台作品を見たときのような感覚になったこと、もっと正確にいうと、そのような感覚に日々突き動かされていたころを思い出したからだ。
     キム一家とパク一家、どちらも4人家族で男女比も同じ。基本はこの8人で展開し、場面の多くはパク家の豪邸、つまり限定的な閉鎖空間である。コメディ的な展開を牽引力としながら、そのくせスプラッターが交わり、すんなりジャンル分けできないごった煮感ないしははちゃめちゃ感。実に舞台的である。

     残念ながら大抵の舞台作品は、このごった煮はちゃめちゃが悪い方向に作用して、ぎゃーぎゃーわめいているだけのわけのわからん内容になってしまい、それを見た俺は「何だこれは」とストレスを溜め、後日映画館やDVDで「舞台みたいな映画」を見て、これだよこれ、こういうの舞台でやったらええねん俺はやったるぜ、と意気込む。そんなことを繰り返していた時期が確かにあった、と思い出したのだった。思い出したというか再確認、追体験、まそんな感じの濃いめの感慨。それに襲われて、放心してた。
     それが何なんだといわれれば、それだけの話。個人的なことにつき、オチはない。15年くらい前だったら、思い切り影響されて、「パラノイド」とかいうタイトルで出来の悪い剽窃をしていたかもしれない。本家パラノイドの人は難病を告白したとニュースでやってた。71歳かあ。でもコメントは前向き。話が散らかっている。では。

     

    「기생충(寄生虫)」2019年韓国
    監督:ポン・ジュノ
    出演:ソン・ガンホ、チャン・ヘジン、チェ・ウシク

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM