ライブハウスには見るのも弾くのも行けてない

0

     新幹線の利用激減の中、今月は新幹線利用が何件か続いている。行先には、筆記一位で日本語弁論優勝の韓国人受験者を不合格(この日付けより後に出た報道だが)にした大学も含まれる。大学側はその後の一般入試で合格している学生がいると反論して国籍差別を否定しているが、不自然なのは確かで、こうなってくるとこっちも余計なことを考えさせられる。
     俺はこの大学から受注している業者の下請けであり、来期の発注があるのかどうか知らないけど、あった場合はどーっすっかねー。深沢潮と小学館のような話が二軍文筆屋の俺にも降ってくるとはな。大学側が否定している以上、あんまいえることもないっすけどね。加えて、大阪在住者は封鎖くらうかもしれんから、発注が来ないかも。

     「どうしてこんな重大事を大手は報道しないんだ」と御立腹の方々もいるようだが、大手の中には在日コリアンを採用してない会社があるからじゃないかな。

     

     新大阪駅構内の喫煙所は元から芋洗い状態の混雑ぶりだったのが現在も大して変わりなく、なかなかのシュールレアリスムとなっている。ちょっと前に、例の借金遊び人のプルームテックCMが上映されなくなったので行く意味も半減しているから、回避して吸わずに乗車。タバコが吸えないことより、あれが見れなくなったのは実に残念だ。特に、鼻持ちならないパーティにさんざん顔出した後「一人の時間も必要だ」とバーに行くシーンなど最高だった。「一人の時間」て、お前遊んどるだけやんけ、という、何もしてへんやつほどもっともらしいことを言う真実をえぐっていたもんだ。

     

     この日はもう少し遠出。着いたら発注元の会社の担当者から「出席状況はどうですか」と電話があり、ついでに「ライブハウス行ってないですか」と言われた。何日か前にも親父から「ライブハウスに行ってないか」と電話があった。いずれも半分冗談めかした調子だったが、一応俺は「ライブハウスに出入りしている人」と認識されているらしい。複雑な気分だ。見るのも出るのも、ライブハウスはすっかり縁遠くなっているからだ。冒頭の写真ももう3年以上前だ。

     

     似たような話でさらに先日のこと。人を集める催事の類が軒並み中止・延期になっている中、毎年忘年会を開いている劇場プロデューサー氏が気になり、劇場HPを確認したら理路整然と通常営業をする旨の告知があった。いかにも氏らしい。見舞いのひとつでも送っておくかと、「よう寝なさいや」とメールをしておいた。すると翌日リンク付きの返信が来て、見れば某劇団の公演を中止にする旨、これまた理路整然とした告知を掲載していた。

     

     意気込んでたのに方針を転換せざるを得ない状況になったのは、さぞ悔しかろう。氏がその断腸の告知を掲載するや否や俺から激励メールが来たので、「なんというタイミングで!」と氏は驚いていた。完全に恋が始まるタイミングだな。モテ男しぐさは別のときに発揮したかった。

     

     ライブにしろ舞台にしろ、ちっともやっていないので、俺自身は中止にすべきか否かと頭を悩ませたり、中止判断を下してガッカリ&ドタバタしたりといったこともない。バンドのライブだったら延期するだけで済むが、舞台の場合は延期は大抵中止を意味する。ライブのたびに同じ曲を演奏するバンドと違って、舞台は基本的には公演のたびに新作をやる。延期の日取りが決まっているならまだしも、先が見えない場合、いつまでも台詞や段取りを覚えている役者はいない。そもそもスケジュール組みなおして同じ人間が集まれる保証はない。たまたま聞いたラジオ番組で宮藤官九郎も同じようなことを言ってた。だもんで、延期≒中止は廃棄に近い意味を持つ。渦中にいたらなかなかに心理負担が大きい。

     

     ま、やってない俺には無縁のことだ。不運と出くわさなかった意味では幸運だが、不運はやってた人間にだけ訪れる。失敗は挑戦したやつだけに訪れる、のと同じような話である。だから要するに俺は土俵に乗っていない、もといステージに上がっていないだけのことであり、それが変に実感されてしまって寂しくもある。ま、感傷に過ぎん。演者はともかく、ハコ側は経営に関わる話だもんで。そういう俺もこの先、仕事どうなんのかな。

     

     しかししばらく海外に行くのが難しい状況が続くだろうから、「我らがバンドのライブ@台湾かどっか」もお預けだなあ。やろうぜ言うてるのメンバーの中で俺だけなんだが。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM