【やっつけ映画評】ホテル・ムンバイ

0

     「ホテル・ルワンダ」のインド版のようなタイトルである。ホテルが武装勢力に襲われるのは同じ。といっても「帰ってきたムッソリーニ」ほどには同じではない。本作で襲ってくるのはイスラム過激派のテロリストなので、交渉の余地なく問答無用で殺してくる。限定的な空間内で、命からがら逃げまわる様子は「新感染」の方が近いといえそうだ。


     機関銃を持ち、かつ操れる人間相手に抵抗できることは「逃げる」「隠れる」くらいしかない、という現実を本作はよく表している。テロリストと警察以外の登場人物はとにかく逃げるか隠れるかしている。インド映画界にこの人以外イケメン枠の俳優はいないのか、というくらい毎度おなじみとなっているデーヴ・パテールも、手際のよさやコミュニケーション能力に卓越したところを見せるものの、基本は逃げて隠れてばかりだから、主人公要素は少ない。


     それでもぐいぐいと惹きつけてくるから見事な作品である。この緊迫感は実にインド映画らしからぬテンポ&展開だと思ったら、案の定、豪米との合作だった。踊りもしなければ聖人的バカも登場しない。こういうのは当のインド人にとってはどう見えるんだろう。


     テロリストたちは劇中「まだ子供じゃないか」と言われているので、かなり若い。若さゆえの潔癖さと貧しい生育環境を、どっかのおっさんに上手く利用されて実行犯に仕立て上げられているように描かれている。この辺の、それほど深入り・同情するわけでもなく、さりとてダイハードの悪役のようには描かない演出は上手い。

     おそらく彼らの話をじっくり聞けば、ある程度頷ける部分もあるのだろう。一方で被害者側は高級ホテルに泊まれる所得階層で、言動も若干鼻持ちならない人々が目立つ。だからどうというわけではないが、少なくとも背景まで踏み込まないと、毅然と断固たる態度、だけではなくならんわなあと思わされる。


     と書いて気づいたけど、「逃げる」「隠れる」以外に、もう一つあった。それこそ毅然と断固たるの類。「命をかけて抵抗する」である。

     


     例えば騙し討ちの片棒を担がされたフロント係は、良心が咎めたのだろう、2回目から協力を拒む。執事長みたいな年配の社員は、銃撃から客を守るため身を投げ出す。どちらも即射殺なので、「命をかけて」というのは文字通りである。テロに屈しないというのはこういうのを言うんだな。凄い勇気だ。正義の名のもとに誰かを見殺しにすることではない。

     

     舞台となるタージマハル・ホテルはその名に恥じぬ高級なとこなので(だから狙われた)、従業員のプライドが高い。それはつまり、「客=神」のような建前の遵守であり、だから命がけで客を守ろうとする。これは日本の労基法無視企業と一見似ているようで、正反対にあるような気がするのだけど、何が違うのだろう。安売りしないところかしら。とにかくこの、譲れないものを守ろうとする姿が、テロリスト相手に格好よく反撃する場面が何ひとつない作品なのに惹きこまれていく部分なのだと思う。

     

     それはある意味テロリストだって同じことではあるのだが、だからこそ、イケメン・デーヴ演じるアルジュンと、テロの一味ではと疑心暗鬼にかられて差別してくる白人マダムとのシーンが印象的だ。完全な差別なので怒っていい場面だと思うが、アルジュンが見せる誠意のこもった対話は胸をうつ。無論、聞く耳をもってそれを受け入れたマダムも。

     「話せばわかる」に「問答無用」と答えるのがテロリストの常道であるが、差別する側の常道でもある。そして差別はテロを生み出す背景のひとつでもあるだけでなく、建前を猖棆鮫瓩任發辰凸妓化しようとする犖充妥な態度瓩砲靴个靴亳修譴襪發里任△襦

     

    蛇足:本作に登場する警察は今一つ頼りないのであるが、俺が現地で見た武装警察官も呑気な感じだった。ショットガンみたいなごっつい銃を持っていたからもっとゾッとするはずなのだけど、全体にやる気なーい雰囲気だったので、あんまり怖さを感じなかった。中国で見た武装警察官は、目が合っただけで狙撃されそうな威圧感で、普通に旅行するだけなら前者の方がありがたいのであるが。


    「HOTEL MUMBAI」2018年オーストラリア=インド=アメリカ
    監督:アンソニー・マラス
    出演:デーヴ・パテル。アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM