歴史ある爛ンライン授業

0

     溜まったストレスがおかしな方向にポジティブ変容することが稀にある。俺の場合、繁忙期と年度の切り替わりが対応しているので、新年度を実感したいという欲求が後押しして、書店に寄った際にまとめて買ってしまった。


     買ってないのは、英語、フランス語、アラビア語。ストレス解消と実用性に相性があれば、誰も酒など飲んだくれない。当然英語は最初から眼中にない。大体英語は講座の種類がいっぱいあってどれがどれかようわからん。フランス語はどっちでもよかったが、どういうわけか食指が動かず。昔検定3級取ったからかな。全部忘れたけど。アラビア語はいかにも手におえなさそうなので今回はパス。

     

     じゃあ他は手に負えるのかというとそんなはずはないが、ロシア語以外は少なくとも文字にまだなじみがある。
     ラジオ講座にしたのは、テレビよりも内容が濃いだろうからと思ったからだが、録音する手段がない。通販で検索すると、ラジオの録音機というのは大変に限られた商品しかすでになかった。なのでスマホのアプリを利用することにしたのだが、初回から早速録音に失敗した。原因は判明したので2回目からは順調に録音できるようになったが、学生時代に触れたことがあるスペイン語やイタリア語はともかく、全く知らないドイツ語やロシア語を2回目から聞く気になれない。早速録音が溜まっていく。三日坊主ならぬゼロ日坊主の予感である。


     それにしても録音の作業が煩雑だ。録音設定のたびに広告が流れるのはそういうものだと思うにしても、テレビ録画のように番組表から選んでボタンで一発、というわけではなく、いちいち手入力なので、これだったらアナログのタイマー録音の方が楽だ。


     さて、これら7種の言語のうち、大学で習ったのはスペイン、イタリア、韓国(学術上は「朝鮮語」で大学での科目名もそうだったが、南北の対立でそれぞれ「朝鮮語」「韓国語」と呼称しているので当該法人ではいずれの呼称も避けて「ハングル講座」となっている。このため講座内では「この言語では」と表現していて、まるで明らか北朝鮮を指しているんだけど「あの国」としか台詞で言わない「外事警察」の映画版みたいである)。

     中国語も習ったが、単位を取ったのに「2、3回でドロップアウトした」と記憶の捏造が起こっていたくらいだから習ってないも同然である。ドイツ、ロシア、ポルトガルは全くの初めて。

     

     そうはいっても中国語以外も全部忘れてる、と思ったが、やはり若いころに習ったことがあるというのはそれなりに意味があるようで、スペイン、イタリアに関してはある程度「ながら聞き」が可能だった。そりゃ初回は「ブオンジョルノ」とか言うてるだけやからなのだが、それだけでは必ずしもない。発音や文法の超大枠だけは記憶に残っているからだと思う。

     

     面白いもので、それぞれの講座は授業の方針が微妙に違う。イタリア語は1週間、同じ会話のやり取りを細切れに学習していくスタイルの一方、スペイン語は毎回違う会話を習う。そしてスペイン語は初回から文法にうるさい(「話し手が女性なので語尾がaになります」などと男性形/女性形にうるさいのであるが、性別にこだわるのはやめましょうという風潮の昨今、どうにも分が悪く聞こえソワソワする)。

     他は総じて文法はおいおいやりましょうみたいなノリであるが、ドイツ語は発音の規則にうるさい。これはそれぞれ担当講師の方針なのだろうか、それともそれぞれの言語教育界での常道なのか。韓国、ロシアの場合は必然文字中心になり、中国語はやはり「マー、マー、マー、マー」から入っている。


     そして講座は、日本人の大学教員と、母語としている外国人1〜2人とで進められていくのが基本形なのだが、ロシア語だけロシア人とずぶの素人の落語家との組合せだった。これはやはり「ロシア語界隈亀山郁夫しか人いない問題」の現れなのだろうか。このロシア人が日本語堪能なので、彼女だけで足りるやんとつい思ってしまうが、そこはやはり落語家、話しぶりだけは達者なのだった。

     

     さて世間の大学関係者は現在、オンライン授業の模索中であり、俺もその端くれである。そういう立場から聞いてみると、ラジオ講座のこのスタイルはある程度確立された貫禄のようなものを感じるな。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM