映画の感想:カーマイン・ストリート・ギター

0

     ニューヨークのギター工房の1週間を撮ったドキュメンタリーの小品。格好いいタイトルだが、単にその工房の屋号であり、屋号の由来は住所地の名前に過ぎない。十三の十三屋と一緒。

     19世紀の建物の廃材からエレキやアコギを作って販売しているという物語性が面白いのであるが、店主のリックが「考えてみれば廃材使ってギターにするなんておもしろいよな。木材に新たな命を吹き込むんだ」と、自分で映画の趣旨を全部言ってた。それ自分で言うたらあかんやつやん。
     原材料費も抑えられるから合理的経営。ゴミ置き場や火事現場からくすねてくるときもあるというから、横領の薫りも漂うのだがアメリカの刑法はよく知らない。

     

     そういう店に、顧客であるプロのミュージシャンが現れては駄弁って、を繰り返す。よく知らない人ばかりだと思って見ていたら、ジム・ジャームッシュが登場。こいつは何か出てきそうな気がした、と思ったのは、おそらく予告かチラシかで見ていたからだろう。

     音がおかしいと自分のアコギを店主に見せると、弦を交換して解決。「故障かなと思ったら→コンセントはつながってますか?」レベルのトラブルである。弦なんか自分で替えろ。完全に映りに来ただけだな、こいつは。

     

     工房だからルーティン的な動きばかりなのだろう。劇映画のような安定したカットが多く、あまりドキュメンタリーぽくない。話らしい話もないけど、たまにささやかなドラマがあり、あとは木材やギターのうんちくが人によってはおもしろい、という全体の趣がジム・ジャームッシュのようであった。若干鼻につく。

     工房が舞台なのに、制作過程の描き方があまり詳しくない、そのソフトタッチなおしゃれ感のせいだろうな。あとテレキャスタータイプのばっかり出てきて、アコースティックギターも含めたそれ以外のギターがろくに出てこないところも個人的には消化不良。

     

     The Killsのギタリストが、事故で左手中指にマヒが残り中指なしの奏法を研究した、というくだりで、「ネックが太い方がいいよ」と出してきて弾かせると、お〜確かにと当人も感動するシーンが、プロを見せつけてくる数少ない場面だった。このバンドは昔、フェスか前座で見た覚えがある。あとチャーリー・セクストンがすげー格好いいのに驚いた。吉川晃司みたいないい年の取り方をしている。

     

     彼もそうだが、顧客のほとんどが中年以上。店主のリックからしておそらく60をとっくに過ぎているだろうし、劇中の台詞では携帯もPCも持たない頑固者である。つまり、エレキギターもロックも、すっかりそういう世代向けの存在になっているということだ。

     弟子のシンディは台詞によると25歳だから、中卒で舞妓を目指す女子くらいレアな存在に思えてくる。パンクロッカーみたいなアイラインにウルフカットというスタイルも絶滅危惧種だが、ボーイフレンドもモトリークルーみたいな格好をしているから、あんまり友達いなさそうだ。


     とにかくプロのギター弾きが現れては試し弾きしていくわけだが、当たり前の話、全員すごくうまいので、楽器屋の居心地の悪さの重量級を見せられた気分になってそわそわしっぱなしだった(楽器屋で試し弾きしている店員や客は大抵これ見よがしなので、俺のようなへたっぴはいたたまれなくなってすぐ店を出てしまう)。

     まあギターの音の良し悪しも大して聞き分けられないんだけど、今持っている安物が音が悪いのははっきりしているので少々値の張るのが欲しいのは欲しいのであるが、テレキャスターがそんなに好きではないのであまり購買意欲はそそられなかった。

     

    蛇足:削りたてのネックを客がすりすり触るシーンで、リックが「そげが刺さるぞ」と笑うのであるが、父親が口にするの以外で「そげ」という言葉と初めて遭遇した。どっかのおっさんが言ってるならともかく字幕だからちょっと驚いた。ネットの辞書によると関西方言とのことらしいが、はて。

     

    CARMINE STREET GUITARS
    2018年カナダ
    監督 ロン・マン


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM