【やっつけ映画評】誰がハマーショルドを殺したか

0

     ハマーショルドという名前を覚えたのは中学生のころだったか、社会科の図説教材に歴代国連事務総長が顔写真付きで載っていて、それをわけもなく覚えたのが最初だった。社会科が好きになる子供は誰でもそうだと思うが、「歴代何々」の類を覚えることそれ自体が楽しく感じてしまう。ただし試験には出たためしがない。どういう人かも知らないまま年を取り、「映像の世紀」か何かで、謎の墜落事故で死亡していたことをようやく知った。


     「謎の」といっても、おそらく殺されたのだろうという点、謎ではない。ただし、じゃあ誰が何のために、という点では「謎」だ。本作はタイトル通り、そのハマーショルド墜落事故にまつわる陰謀説を取材したドキュメンタリーであるが、最終的にこのタイトルはダブルミーニングのようになっている。

     

     メタ的な凝った構造で映画は始まる。監督が、これから詳らかにしてく取材内容をタイピストに語って文字起こしさせている。ついでに、「この映画は僕が一人でソリティアをしているところから始まる」と、編集の構想を打ち明けると、まさにそういう場面が出てくる。こういう実際の取材映像と、後からしつらえた作りの映像を混ぜる演出は、いかにも今時のドキュメンタリーという印象だ。

     作品導入部のツカミとしてはなかなか気が利いている。引き込まれる演出だ。だけどこのタイピストとのやり取りは、導入の演出というだけにとどまらず、合間合間にしょっちゅう挟まってくる。こうなると、そのうち鬱陶しくなる。加えてなぜか若いのとベテランの2人タイピストがいて、何の説明もなくこの2人が繰り返し入れ替わっている。

     

     ドキュメンタリーと演劇的な作りの部分のバランス。これが功を奏する割合は9:1なんじゃない? 本作は過分。鼻につく、ついでに映画館に来る前に別の用事で猛暑の中をうろついて疲れていたから、眠気に襲われ出して往生した。ま、これは個人的事情。

     

     目が冴えてきたのは、中盤で監督が自省し出す場面だった。断片的な材料はいくつか集まるものの、全体として取材が大して進まない。これでは映画にならない。「そこで僕は演出で誤魔化すことにした」と打ち明けだす。ここまでの映像は作りの部分が過剰でしたという懺悔だ。自覚あったんだな。ついでに作中で自身の作品の評価を語るメタ具合も開き直りがすごい。そして「タイピストがなぜ2人なのか僕にもわからない」。わからんのか。

     

     こういう居直り懺悔で終わっても仕方がない。つまりここからが本題とばかりに、急展開をみせる。重要な証言者との接触に成功し、まるで仕上がった陰謀論のような話が次々明るみに出る。
     この終盤の畳みかけは見事で、すごいもんを見てしまったと感慨も深かった。しかし登場人物が多く、中盤まで寝入りそうになりながら見ていたものだから、誰が誰だったか混乱したままの部分もある。このため珍しくパンフレットを購入した(キリがなくなるのを恐れていつもは買わない)。

     

     見れば佐々木俊尚の評が収録されている。曰く、本作は衝撃の事実を暴いたドキュメンタリーのようだしフィクションのようだし、その意味ではポストトゥルース時代を表象している――。
     賢しらな大学1〜2回生のレポートに筆力を足したような屁みたいな評だ。何ひとつ自分で考えようとしない学生はしばしば、ネットでテキトーに調べたことを書き並べて「確かなことはわからない、しかし一人一人が向き合うことが重要だ」とかなんとか、お前誰やねんという高みからの訓辞を添えてレポートと称して提出してくる。それと変わらん。さぼってんじゃねえよ。どっちかいうとパンフの作成者が。こんな評で納得するな、突き返せ。次の森達也の評も酷いな。思い出話で終わらせてどうするんだ。本稿も思い出話は序盤で終わらせているぞ。似たような手法でやろうとした先達としての分析があるだろうに。


     本作の内容はかなり衝撃的である分、にわかには信じがたい。監督自身も、この映画は闇を暴いたのか陰謀論に乗せられただけなのかと作中自問自答している。実際、完全に裏が取れたとは言い難い。


     しかしそれでもって、嘘か真かの二択でしかとらえられない⇒真実の不確かな時代、ではまるで素人、「宝くじの当選確率は当たる/当たらないの50%」といっているに等しい。これだとマドンナが爬虫類人である可能性もディープステートの存在も5割になってしまう。この点、佐々木の評自身がまさしくポストトゥルース時代を表象しておる。信じる信じないに問いを回収させて考えることを放棄している。


     

     例えば終盤で明かされるHIVを巡る衝撃話は、ラストのクレジットで科学的には不可能である旨の専門家のコメントが添えられている。であれば不可能なのだろうが、この事実でもって「やろうとしていた」ことそれ自体は否定されない。やってはいたが効果はなかった、ということは十分あり得るし、このカルト教団の教祖めいた男がやっていた可能性はかなり高い。ただしそれが国家レベルでの指示に基づくかどうかは不明。不明というのは文字通り不明。ただししつこいが、この部分の「不明」でもって「全部が不明」になるわけではない。


     こういう、ある材料がどこまで蓋然性を示していると判断できるかという細かい読み込みは大学で習うんじゃないの。少なくとも俺は習ったし、今は教えてる。ついでに物書きなら一層鍛錬されるだろうに。だからサボってるという判断になる。修行し直しとしてマドンナ爬虫類人説を詳細に読み込んでレポートしろ。


     さてこの「衝撃の内容」が明かされていく終盤は引き込まれるものの、出発点だったハマーショルド墜落死についてはすっかり霞んでしまっている、のだが改めて考えた。

     

     ハマーショルドはアフリカの独立と安定に尽力した人だが、それを面白く思わない勢力が存在していた。アフリカから利益をさんざん吸い上げてきたかつての植民地宗主国だ。本作が明らかにしたところでは、これら宗主国は、目ざわりなハマーショルドを消すだけでなく、彼が願ったアフリカのナショナリズムと安定をことごとく潰すカルト宗教めいた陰謀を次々実行していったということらしい。墜落死そのものは後景に引っ込んでしまったが、いわばハマーショルドの理想を壊していったという点で、本作のタイトルは深い意味を持っている。

     

     指導的立場にある人間には理想が不可欠だ。実現の可否は別として、理想を語ることそのものの価値は相当にある。近年そういうことを痛感させられるもんだから、過去にこういう人間がいたことは知っていい。その点、社会科資料集の端っこで見かけて以来、ちっとも出くわさなかったこの国連総長をとっくり取り上げた本作の功績は大きい。

     

    「Cold Case Hammarskjold」2019年デンマーク=ノルウェー=スウェーデン=ベルギー
    監督:マッツ・ブリュガー


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • お国自慢
      森下
    • お国自慢
      N.Matsuura
    • 【巻ギュー充棟】反知性主義
      KJ
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      森下
    • 【映画評】キューブ、キューブ2
      名無し
    • W杯与太話4.精神力ということについて
      森下
    • W杯与太話4.精神力ということについて
    • 俺ら河内スタジオ入り
      森下
    • 俺ら河内スタジオ入り
      田中新垣悟
    • 本の宣伝

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM