決着トントン対決2019;トランプとターナーに見るワールド情勢

0

     無事(?)第7戦までもつれ込んだヒューストンとワシントンのトントン対決ワールドシリーズは、双方とも本拠地で敗北し敵地で勝利する展開で、いわゆるホームフィールドアドバンテージ(レギュラーシーズンの勝率が高い方がホームゲームの開催が1つ多い)のあったヒューストン・アストロズがホームディスアドバンテージになってしまって敗北。ワシントン・ナショナルズが見事初優勝を成し遂げた。

     互いがホームぜ全敗するのは史上初とのことで、完全なる外弁慶シリーズであったが、しかし外弁慶って、要するに「弁慶」ってことよね。弁慶も帰宅すれば泣き言の1つくらい言うだろう。だとするとホームで弱い=内平維盛ってことだろうか。ナショナルズのソトはアストロズ自慢の先発陣を軒並み攻略したので弁慶ばりの活躍を見せた。

     

     実のところ、ホームゲームだからといってそれほど勝ちやすいというわけではない。2009-2018の10年間でいうと、32勝27敗。ホームがやはり上回るとはいえ、6割もいかないし、ホーム全勝のカードもない。そしてホームゲームで負けるのは、ミック・ジャガーかバスケの選手が見に来たときと相場が決まっている。今年のドレクスラー&オラジュワン(ヒューストン)、2016年のレブロン(クリーブランド)。そして共同オーナーの1人として毎度マジック・ジョンソンが観戦に来て敗北するドジャース。ワシントン暮らしを始めた八村塁も、さっそくワールドシリーズを見に行ったら負けてしまい、驚異の新人もこの例に漏れず。

     

     ついでに同じくワシントンの住人ドナルド・トランプも第5戦に観戦に来ていた。常日頃の言動に趣味を感じさせるものがちっともない御仁だけに、あからさまに選挙対策の香りしか漂わない。まあ相撲よりは楽しめたのかもしれないが、観客からはブーイングとともに「投獄しろ!」の大合唱で、珍しい方向に盛り上がっていた。首相の応援団が国技館でトランプと嬉々として握手する様子を「一般の方と握手」などと伝えたわが国と異なり、宗主国の国民は自由だな。

     

     MLBは中南米の選手の活躍が目立つので、そもそもトランプとは相性が悪い。ナショナルズだとソト、ゴームズ、ロブレス、サンチェス、パーラなど。アストロズはもっと目立って、アルトゥーベを筆頭に、コレア、グリエル、チリーノス、アルバレス、オスーナなど。試合も負けたしナショナルズには疫病神でしかなかったな。

     

     第1戦では、地区シリーズでナショナルズに敗れ引退を表明したブレーブスのマッキャンが、早速アストロズのユニホームを着て始球式に登場。元アストロズとはいえあまりの変わり身の早さ。まるでジャニーズをやめた翌日に新譜の発売とツアー日程を発表した錦戸亮みたい。その始球式を見た上原浩治の「不思議な感じがします」のコメントが秀逸だった。

     

     さて、昨年と違い、7戦目までもつれたのはありがたいのだが、接戦になったのは第1戦のみで、あとは負けた方が1、2点しか取れず、勝った方は6、7点という試合が目立った。2戦目なんかナショナルズが12点も取っているのだが、負けた試合は1点くらいしか取れていないので、結局合計点はほぼトントン。アストロズが1点だけ上回ったのにナショナルズが勝ったのはまるで大統領選挙であり、その点やはりワシントンのチームといえよう。こういうわけなので「手に汗握る」とまではいかず。贅沢な話だが、観客としてはやはり、リーグ優勝決定戦のアストロズ×ヤンキース第7戦のような試合を見たいものです。

     

     まあナショナルズは、ここ何年も地区シリーズ敗退が続いていたから、ようやくの頂点に輝き、ドジャースに代わって「物事には順番がある」の義務を果たしてくれたといえよう。ただしここで誰しもが思い浮かべるのが今季から他チームに移ってしまったカルロス1世・ブライス・ハーパーだろう。間が悪い。フィリーズへの移籍会見で「ワシントンを優勝させる!」と思い切り間違えたのが、「予言になった!」と話題になっているとかで、寂しい貢献の仕方である。しかし落ち込むことはない。もっと間の悪い選手がいる。ミスター「俺が去ったチームは優勝する」青木宣親だ。彼に比べればどうってことない。


     MVPは、1、2戦でワンバウンドのくそボールを1つも後逸しなかった「カート・スズキだ」と上原は断言し、当人も「体中痛いが頑張るよ!」と意気込んでいたが、やはり相当痛かったのか、3戦以降は股関節のケガでマスクをゴームズに譲った。残念ではあるが、ハーパー、青木と異なり、移籍したら栄冠が待っていたのだからまだラッキーだな。

     

     スズキは股関節のケガとのことだが、ターナーは、股間の急所に自打球を当てて、結構な時間硬直するシーンがあった。グラウンド上でもスタンドでも、彼を見つめる男性の顔つきが一様にやさしーくなっているのが印象的だった。ただのデッドボールだと、痛そうというのは想像つくが、実際当たったことのある人間は極々限られているのでああはならない。「相手の痛みがわかる」というのはなるほどこの顔なんだなと思った。世界平和にどうやったら役立てることができるのだろう。

     

     最終戦は、アストロズの継投失敗が響いた。好投しつつも降板したグレインキーは何より全米一の目つきが鋭すぎる投手なので、打たれたハリスの心中を察してしまう。ブルペンに右投手しかいない(&左打者も少ない)極端に右寄りの極右チームの弱点が出てしまった。とりあえず菊池雄星をマリナーズから強奪してきたらどうか。

     

     それにしても、4タテくらった原監督が敗因をDH制の有無にしていたらしいが、あんま関係ないということが証明されたのは何より。何度もいうように、今季最弱チームとホークスが交代したらよろしい。来季は、デトロイト・ホークスと、福岡ソフトバンク・タイガースになります。神虎と福虎で区別。どっちもめでたい文字面でええやないすか。


    【やっつけ映画評】ジョーカー

    0

       それでようやく見た。
       娯楽作の悪役が、悪役になるまでを描いたという点、「スターウォーズ」のエピソード3と同じだが、あれと違って「そうなる」必然性になかなか説得力があって引き込まれた(でもこの物語はジョーカー白人だから成立するのであって、黒人だったら捨て置かれたままだ、という指摘をネット上で目にし、なるほどなあと思ったから感想が続けにくい。さしあたり脇に置く)。

       

       どん底の不幸から稀代の愉快犯が生まれる、という大枠は伝え聞いていたので、重い内容を想像して気後れするところも正直あった。スケジュール的にはぎりぎり鑑賞可能だった日もあったのだが、その気後れのせいで「そこまで無理せんでもええか」と帰宅したくらいだった。実際、ジョーカーことアーサーが、病気のせいでおかしくもないのに爆笑してしまうシーンは息苦しさを覚えたものだったが、全体的にはあまり重苦しさは感じずに見た。なぜなんだろう。

       

       ひとつには、「主人公が黒人だったらこの物語は成立しない」の指摘と同じく、アーサーに特に共感できる部分がない分「ただの他人事でしかない不幸」としてしか見えていなかったからだろうか。とも思ったがこれはうがち過ぎかもしれない。

       

       やはり「そのうちこいつはジョーカーになる」と思って見ているからだろう。どういう風にジョーカーに変貌していくのかの興味が先に立つというのもあるし、それはイコール、彼を取り巻く不幸に復讐することを意味する。復讐が待っているなら、その前段は苦しいほど弾みがつくというものだ。我慢して我慢して最後に爆発、という昭和の任侠映画と同じカタルシスの構造といえようか。あんま見たことないけど。

       

       だとすると、観客自身もジョーカーの思うつぼになっているといえる。
       俺の場合(多くの人の場合そうだと思うが)ジョーカーといえば「ダークナイト」のイメージで、本作の制作陣とていやでもあれを意識せずにはいられないだろう。あの映画で語られる当人の来歴と重なる部分(父からの虐待、妻を「笑わせる」話など)は、本作のジョーカー(アーサー)にはほとんどないが、人々を混乱させる存在であるという根本の部分では一致している。「ダークナイト」では、2隻の船を使った巨大トロッコ問題を仕掛けたり、「光の騎士」たるデントを憎悪にかられる悪人に貶めたりするし、本作では自分自身が社会をカオスに陥れていることにやがて自覚的になっていく様子が描かれている。

       

       アーサーが起こした事件に触発され、道化のメイクや面をかぶった人々は、何かしら社会に対する恨みつらみがあり、その恨みを晴らしてくれた痛快な存在として事件の犯人を位置づける。であるからして、不幸の連続に見舞われるアーサーに、やがてジョーカーとしての復讐を期待する観客も同じ穴のむじなになる勘定になる。で、俺もまんまとそのむじな一匹というわけだ。

       

       


      【やっつけ映画評】アタリ ゲームオーバー

      0
         仕事終わりに「ジョーカー」を見たいのだが、なかなか時間が合わない。うまいこと見れんなあとぼやきながら、ついレンタル屋に入ってしまった。いやもちろん、ジョーカーすら見れない身なのに何も借りません。ほー、あの作品がレンタルされてるぞ、なんて眺めるだけ。「ネトフリ入らないんですか」などと人様から言われてしまう昨今だが、本屋と図書館とレンタル屋の棚をぼけーっと眺めるのが、スーパーの見切り品をあさるのと同じくらい好きなもんで。

         そしたらまんまと、本作を知ってしまった。
         1980年代初頭、社会現象を巻き起こしたTVゲーム機ATARI2600。その専用ソフトとして開発され、1982年のクリスマスシーズンの最重要ソフトとして開発されたゲーム『E.T.』。大ヒットしたスティーヴン・スピルバーグの映画とタイアップし、ゲームの歴史を変える作品となるはずだったが、現在では、ゲーマーたちから史上最悪のクソゲーとして語られ、ATARI社を倒産に導いたソフトという不名誉な烙印を押されている。そして、その『E.T.』の不良在庫が大量に、ニューメキシコのとある砂漠に埋められているという。
         とぼけたタイトルに加え、こんな内容紹介読んだら借りてしまうではないか!ヒット映画とタイアップして鳴り物入りで発売された商品が超駄作、それで会社が倒産、大量の在庫が砂漠に埋められてるらしい。かなり完璧なストーリーだ。そして作品の尺もコンパクト。借りるしかない。

         アタリ社はなぜか名前だけ知っている。なぜ知ってるのかはよくわからない。スティーブ・ジョブスの伝記映画の序盤で登場したとき、そういえばアタリって会社あったなと思った程度の認識でしかないが。
         あの映画では、尊大な若きジョブス(おっさんになってもそうだが)に対し、上司は辟易しながらも寛大な態度で接していて、ズルいやつだと思ったものだ。本作を見ると実際に結構いい会社だったとわかる(ジョブスはラストでチラっと写真が出る程度)。

         本作は、アタリの社史と「E.T.」発売の経緯をたどりながら、「売れずに余った大量の在庫を埋めた場所」の掘削を試みていく。果たして本当に「E.T.」は埋まっているのか、それともただの都市伝説に過ぎないのか。まるで探偵ナイトスクープもしくは森友学園のような話である。

         掘削場所の特定は、長年この問題を研究してきた産廃業者のおっさんがある程度進めているし、掘削作業は依頼した専門業者が行うので、監督は割と外野にいる。ナイトスクープほどには積極的な役割を演じない。その点展開としては若干地味だ。
         もう少しどうにかならんかったのかと思ったのは、「E.T.」の内容がよくわからなかった点だ。軽くしか紹介していない。黎明期のテレビゲームがどのようなものだったのか、リアルタイムで触れてきた世代なので、どういう風に面白くないのか、何となくの想像はできるのであるが、それでも雰囲気程度にしか伝わらないのはいただけなかった。

         印象的だったのは、掘削作業を見物に来た面々だ。この調査自体がニュースとして取り上げられたことで、ゲームファンたちが世紀の発見の目撃者になろうと続々と現場にやってくる。その中には、「E.T.」の開発者もいる。当時アタリ社のエース級だったために鳴り物入りのプロジェクトを任され、そのせいで「史上最悪のクソゲーを作った男」の烙印を押されてしまう可哀想な人だ。掘削現場を目の当たりにして言葉を詰まらせる様子が、彼の背負ってきた十字架の重さを表していて切ない。

         その一方で、当時の経営者たちはインタビューには答えても都市伝説の真偽にはそれほど興味がないようで、最初から「あんな話ガセだよ」とにべもなく、掘削現場にも来ない。現場と上層部の温度差を実に端的に表しているような。
         無論、スピルバーグも来るはずはない。出来上がったゲームにゴーサインを出している分、彼も当事者の1人ではある。おそらく、当時スピルバーグはテレビゲームのことをよく知らなかったというのと、別分野の作り手を尊重したというのがゴーサインの理由ではないかと推察するが、自身の作品の派生商品がここまでの存在になってしまったことについてどう思うのか、感想くらいは聞きたいところだ。まあ巨大なヒット作だけに派生商品がありすぎて感想の持ちようなどないのかもしれないが。

        僕たちには何ができるのか

        0

           公の場でそれも首相が「天皇陛下万歳」は、ドイツ基準ならアウトだな。新天皇も微妙な表情をしていたように見えたが、ドラフト会議における佐々木や奥川が小池秀郎とカブって見えてしまったのと同じく、こっちの色眼鏡かもしれない。ただ、今上が先代の考え方をもし共有しているのなら、的外れでもないはず。だとすると、我々はリアルタイムで三国志を見ているのかもな。

           

           日本の場合はドイツと違って、帝国との分断処理があいまいなまま今に至るから、ドイツと違ってその辺はヌルい。それが隣国とのいまだの軋轢につながっているから、その労力を思うと無駄なコストだ。まあ少なくとも半分はアメリカのせいだろうが。

           

           ところでこれのおかげで、万歳の際の掌の向きが、正面向きだと降伏を表すから内向きが正しいとかいう理屈はデマだとネット上で話題になっていた。そういや俺もこの作法は聞いたことがある。なんでも珍しく作者がはっきりしている偽書に由来があるのだとか。まるでマナー屋の振り撒く「本当のマナー」状態だ。ノックは3回が正解で2回はトイレのノックだから失礼、とかあの手のやつ。仮にそうだとして、ノックの目的自体は同じなのだから「トイレと同じ」の何が失礼か、合理性の不明な話だ。

           

           閑話休題、万歳作法のデマのもととなった偽書は、おっさん同士の悪ふざけから始まったらしい。信じさせる一定の説得力がある偽書をこさえられるのだから、かなり高度な悪乗りだ。Wikipediaの記述しか読んでないけど、わざわざ国会図書館にまで行って太政官布告を閲覧して模倣したとあるから、デザイン屋か映画の小道具係でもメンバーにいたのかね。

           

           俺が学生のころ、仲間内で「将来、『すごいお父さん講座』を開こう」と冗談めかして語る男がいた。将来おっさんになったころ、各自それぞれの道でそれなりに専門の素養を積んでいるはずだから、それを共有すればみんな「すごいお父さん」になれると、そんな話だった。そうしていざおっさんになり、友人連中それぞれ一人前になっているわけだが、実際なってみてわかるのは、教えられる方も大変なら教える方も面倒なので共有がなかなかに難しいという事実だ。まあそれはさておき、我々だったら何ができるのだろうと、この万歳の偽書の顛末を読んで想像したのだった。

           

           友人連中の進路は、メーカー、金融、県庁と色々だが、いかにも「すごそう」な特異な分野だと、陶磁器の専門家、国文学の専門家、現代美術の専門家、ジャイナ教の専門家、がいる。彼らの力を結集してどんな悪ふざけができるというのか。やけに難易度の高い三題噺だなしかし。特に最後のヤツ!

           そういう俺はというと、いろんな大学の喫煙所がどこにあるのかを知っているくらいっすかね。そして多くが「法律が改正されたのでそのうちなくします」と通告しているので、もうじき役に立たなくなる専門知識である。というか元々役に立たない(ジャイナ教の禁欲主義と何か結びつかないかつい考えてしまった)。

           

           お前は演技が出来るんだからだます役目だろう。いやいや「犯人は元演劇部だったので、この程度のウソ泣きはお手のモノだった」というのは安易な種明かしの定番だが、演技ができても人はだませんよ。巧い人ならできるのか知らんけど、だますのに要るのは演技力より悪意の濃度でしょうよ。

           

           いやしかし、「偽書」の流れで「だます」を前提に考えてしまっていたが、別に人様をだまくらかす必要はないのではないか。と思ったが、専門知を用いた悪ふざけに「だます」以外が思いつかないのだった。


          リーグ優勝決定戦終了トントン対決

          0

             ナ・リーグはナショナルズが4連勝でカージナルスをスウィープし、見逃せない試合が重なるはずのこの時期を一気に暇にした。カージナルスは勢いづくワイルドカードに弱い。2015年の対カブス、2004年の対レッドソックス。どちらも気づいたら敗退していた。小技ベースボールの限界だと見切って、ラルーサ色を排除してはどうか。小技の本場・日本野球が大変勉強になったと言わされまくったマイコラスにも、次のステージが必要であろう。

             

             ア・リーグは田中の先発試合で好発進したが、2戦目は、虚弱のコレアが覚醒し、アストロズがサヨナラ勝ち。打った瞬間本塁打を確信してちんたら塁を回ってもやっぱりホームランなのがブレーブスのアクーニャとは違うところ。歓声を寄越せとばかりに耳に手を添え観客にアピールし、三塁を回ったところでヘルメットを脱いでホームに向かってバスケのシュートを放つ趣旨不明のパフォーマンス(1点しか入ってないのに2点の仕草とはこれいかに)が、妙にサマになる伊達男である。

             

             第3戦は、アストロズ先発のコールがピンチを作りながら要所を締め、全くヒットの出ていないグリエルがワイルドピッチと犠打で2点に絡むカージナルスぶりを発揮して勝利。第4戦、ヤンキースは田中に託すも、スプリンガーに被弾。2017年のダルビッシュに続き、パ・リーグ投手が彼の餌食となった。

             

             アストロズが一気に4連勝するかと思いきや、5戦目でバーランダーが、これがやはりスポーツ・イラストレイテッドの呪いなのか、立ち上がりの不安定さを見せ、打線も何ひとついいところなく敗戦。やはり寒さに弱いのか。しかしヤンキースも、期待できるのはルメイヒューだけで、ジャッジは沈黙。スタントンはまったくの大鑑巨砲状態でそもそも出番がない。嫌なところで打つ男・ガードナーもさっぱり元気がなく、見どころといえばエンカルナシオンの格好悪い走り方くらい。

             

             6戦目は、打率1割台なのに打点は稼いでいるグリエルに一発が出てアストロズが先制。しかし唯一頼れるルメイヒューが9回の土壇場で同点弾を叩きこみ、意地を見せる。の、はずだったが、9回裏にアルトウーベがチャップマンから特大の一発を放ちサヨナラ、千両役者ぶりを発揮した。ホームランを打たれると決まって外野を振り返りながら半笑いになるチャップマンを久々に拝めた。ご馳走さんっす。普段は感情を表に出すアルトウーベなのに、このMVP確定の場面では落合博満のように無表情で淡々と塁を回っており、コレアとの格の違いを見せた。

             

             というわけで、1文字2文字対決は1文字が強かったということで、ワールドシリーズは、ヒューストン・アストロズ×ワシントン・ナショナルズ。日本人対決にも日系人対決にもベネズエラ対決にもならず(訂正:たまに出てくるナショナルズのパーラがベネズエラだった)、リーグ最高の先発陣を要するチーム同士の対決という妥当な野球ファンのような惹句しか見当たらない組合せとなった。

             

             ナショナルズは、初のワールドシリーズ進出。今季チームの顔であるカルロス1世・ハーパーを放出して派手さは消えた、と思わせてポストシーズンの強打ぶりは侮れない。散髪(散髭)した関羽のようなレンドーンと、名は体を表す外に打つのが上手いソト。青の正統ドジャースの赤髭ターナーと対局に赤チームで青臭い雰囲気を残すターナー。そしてWSに出場できないまま引退した天才・鈴木の代わりに頂上決戦に進んだスズキ、は専業キャッチャー的な人で打撃は期待できない。投手陣は、2012年のWSにともにタイガースの一員として出場しているシャーザーとバーランダーが、それぞれナショナルズ、アストロズに所属して対決する格好になるが、おそらく第1戦にアストロズはコールを使うだろうから、この2人の投げ合いにはならんだろう。

             

             アストロズはここまで何ひとついいところがないルーキー・アルバレスが注目。期待できない打者をレギュラーで使い続ける点、ヒンチ監督はロバーツと同じなのだが、ロバーツと違って投手の起用もある程度レギュラーシーズン通りであるので、どっしりした印象はある。俺と年一緒なんだけど風格あるなあ。
             まあ優勝経験のないナショナルズを若干贔屓しつつ、ドジャースが無様に散り、正直どちらでもいい気分ではある。とにかく第7戦までもつれて楽しませてほしいね。ヒューストンにワシントンだからトントン拍子にいかないように…。
             



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • お国自慢
              森下
            • お国自慢
              N.Matsuura
            • 【巻ギュー充棟】反知性主義
              KJ
            • 【映画評】キューブ、キューブ2
              森下
            • 【映画評】キューブ、キューブ2
              名無し
            • W杯与太話4.精神力ということについて
              森下
            • W杯与太話4.精神力ということについて
            • 俺ら河内スタジオ入り
              森下
            • 俺ら河内スタジオ入り
              田中新垣悟
            • 本の宣伝

            recent trackback

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM