映画の感想:金子文子と朴烈

0

     あちらさん風にいうと「日帝」がテーマだ。「南北分断」にハズれなしといった韓国映画も「日帝」は今のところ傑作と縁がない。本作も黒金星を見た直後だったこともあり、やたらと退屈に感じてしまいながら見た。


     タイトル通り、2人の男女が主人公で、彼ら無政府主義による大正末の「朴烈事件」をモチーフにしている。「工作 黒金星〜」がイデオロギーを乗り越えようとするおっさんたちの物語だとすると、こちらはイデオロギーに活路を見出す若い衆の話。必然、主人公たち無政府主義者グループに甘いサークルのノリみたいなものが漂い、演出もそんな具合だったので、どうも受け付けなかった。


     金子文子を演じた役者は韓国人なのに、ネイティブな日本語を話す&日本語訛り風の韓国語を話すという離れ業を見せている上、笑顔もイケてるかなり魅力的な役者だと思うのだけど、キャラ造形がダメな演劇によくあるマンガチックな風味で、非常に勿体なく感じた。あと朴烈は、実物の写真と比べると非常によく似ていてそこは評価できる。

     

     事件そのものはかなり地味だ。政治的思惑によるでっち上げで逮捕された朴烈と文子が、自らのイデオロギーに基づき「天皇と皇太子を暗殺するつもりだった」とでっち上げに乗っかる格好で猖典牒瓩鮗白し、そのことで大逆罪で死刑になる。結果が死刑なのでことは重大なのだけど、事件自体は本当かどうかもあやしい謀議を吐露する取調と裁判だけなので、事件を巡る紆余曲折のようなストーリー上の起伏やスリルはない。


     本作は、この2人の性別や出自を超えた同志的連帯(恋愛込み)に着目する格好で描いているのだけど、皇太子を襲うことを言い出す辺りから「どうしてそんな過激なことを考えるのか」に触れざるを得ず、不幸な幼少期等、無政府主義に共鳴するまでの来歴が完全なる後出しじゃんけん的に語られる。構成が悪い。文子の半生は、これはこれでかなり重厚なので手に余る扱いにくさはあると思うけど、それにしてもこの扱いはどうかね。
     加えて、重いテーマなのに男女間をクローズアップしている切り口が、五社英雄「226」に代表される日本映画でちょこちょこ見られる、重いテーマをぬるく描く悪癖と重なって見えた。

     

     事件は地味だが、事件周辺は濃い。本作の中で面白く見たシーンのひとつが、虎の門事件が起こるところだ。半ばでっち上げの猿芝居がごとき取調べを進めているよそで、本当に皇太子が襲撃される事件が起こる。犯人は朝鮮人どころか衆院議員の息子。捜査機関にすれば本当にバカげた失態だし、朴烈にしても上を越されている。かなりドラマチックだと思うが、本作の中ではそれほど重大には扱われていない。関東大震災の朝鮮人虐殺を煽るのが、本作では水野練太郎になっているが、正力松太郎にした方がよかったんじゃないか。ちょうど虎の門事件で首になるし。


     さらに映画の中では触れられないが、朴烈はこの後、思想的転向を繰り返すことになるらしい。彼を英雄視する立場からすると不都合な事実になるからやり過ごしたのだろうか。しかし文子との対比で「お前は生きろ」が強調されているのだから、生き残るとはどういうことなのか、彼がその後辿る道は、是非を超えた面白いテーマなんじゃないかと思うけどなあ。

     

     以上のように、切り口によってはいかようにでも面白い材料になったと想像される点、結構もったいない作品だと思った。ま、それをいうなら日本側で作らないといけないテーマだけど、というのは前も書いたけど。
    朝鮮人をスケープゴートにすることに乗っかって安心を得ている本作の時代から20年後、国民総スケープゴート状態になる。20年て考えてみると、あっという間だ。そして本作前半で描かれる震災時の虐殺は今やなかったことにされかかっていてそれに都知事も乗っかる末法エポック。留飲下げてると20年で他も全部なかったことにされっぞ。

     

    蛇足:本件を取り調べた予審判事の息子が、本田靖春「不当逮捕」の主人公・立松和博なんですって。あのエース記者の特異なキャラクターは、ある程度父親譲りなんだろうなと思った。

     

    「박열」(朴烈)2017年韓国
    監督:イ・ジュンイク
    出演:イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・インウ


    映画の感想:ライ麦畑の反逆児/ひとりぼっちのサリンジャー

    0

       文豪映画を立て続けに見た際に見逃した新作をようやく拝見した。公開当時に見ていたら、「この本の主人公は僕ですよね?」と、サリンジャーに声をかけてくるネジのはずれたようなファンのシーンにただ苦笑していただけだったと思う。京都の惨事があったので、心底ゾッとした。いやになるな。


       サリンジャーの半生を描いた内容だ。「ライ麦畑でつかまえて」はすぐ挫折して読んでいない。その後仙人のように隠遁生活をしていたという話は訃報のときに知ったのだっけか。今一つ興味を抱きにくい人物と思っていたが、なぜか映画には興味が湧いて見たわけだけれども、なかなか面白い作品だった。地味ながらもテンポがいいせいだろうか。


       特に序盤はものを書いてみたい人間にはよき参考書だろう。よい作品は作家の声が聞こえてこないといけないが、声が大きすぎると自己満足となって読者を邪魔する。というサリンジャーの師匠の教えは(ケビン・スペイシーが演じているから引っかかりを感じてしまうのだけど)結構響いた。出版元が指摘する「君の文章は説明過剰。もっと読者を信じろ」なんかも耳が痛い。書くことに覚悟を決めた人間だけが作家の資格がある、とか、とにかく「確かになあ」という台詞が多い。本作自身も、説明の削り方が上手いと思う。特に第二次世界大戦の従軍シーンは、それほど長くなく台詞も少ないが、彼の精神を蝕む説得力が充分に出せている。いかにも手練れの監督だなあという印象を受けたが、年が一緒だった。俺はまだ説明過剰から抜け出せん。

       

       序盤はイケてない青年が作家になるまでの成長物語で、中盤で戦争後遺症による困難期を挟み、そこからの復活⇒「ライ麦畑」出版、というよくできたサクセスストーリーを辿るものの、終盤からは邦題をなぞるように、どんどん一人の世界に籠もっていく。

       いかにも「周りを不幸にする芸術家あるある」だなあと思って見ていた。書くことに救われてきたはずの男が、書くことの囚われ人のようになり、これだから芸術は恐ろしいなどとも思ったのだけれども、この人が91歳まで生きていることを踏まえると、これが彼にとっての正しい生き方だったといえる。

       つまり、人気作家でいることが彼の人生だったわけではなく、一人で書き続けることが着地点だったということだ。作家になる覚悟を問うてきた師匠のウィット先生も、まさかこういうライフスタイルを想定はしていなかっただろうが、これがサリンジャーにとっての「作家」ということか。あまりにもスッキリし過ぎている。ただでさえ少々不細工な振舞いに陥ってしまった師匠のその後との対比が悲しい。


       しかし俺には、世に出さない前提で書き続ける行為が想像できない。このブログは基本は個人の趣味で、読んでいる人も数えるほどしかいないと推測されるが、それでも書いているときにはその若干名を思い浮かべてはおり、結局のところは人に見せる前提で書いている。見せないのならブログにアップせずに手元に保存しとけばいいだけのことなので当たり前だ。そして、ただ手元に保存するだけだったらこんなに長々と書くはずもなく、せいぜい箇条書きのメモ書き程度にとどまるはず。

       選考に最終的に漏れたときも、最初は名前が選評が雑誌に載っているだけでうれしかったが、自作が人の目に触れる機会がないのだと冷静になって実感すると、にわかに「この世に存在しないことになっている」くらいの喪失感は抱いたものだった。本が一冊出ただけで金持ちになったり有名になったりするわけではないし、そのアテがはずれてガッカリしたわけでもない。もっと手前の「他人の目に触れる機会がない」ということが、こんなにも割に合わん気分にさせてくるのだなあと思ったものだった。

       

       では人に見せなくても満足するような行為が他に何かあるか。俺の場合は料理が該当しそうだ。自分で作って自分で食べて美味しくできればそれで満足している。作る過程もまあちょっとしたストレス解消になっている。しかしこれとて、プロ並みに綺麗な盛り付けが出来る腕があったらこれ見よがしにSNSにアップしているような気がする。

       

       つまり人に見せられるレベルではない「趣味レベル」の自覚があるときは自己満足で済ませられても、一定程度の腕が出てくるものは披露して誇示したくなるということで、全くそうではないサリンジャーはまるで解脱者だ。そういえば映画の中では仏教に傾倒して座禅を組むシーンが何度もあるのだった。つまり彼はもはや小説家ではなく、仏教を極めた阿羅漢だったのかも。そりゃあ必然、一人で隠遁するわなあ。……、こんな結論でいいのか?


      「REBEL IN THE RYE」2017年アメリカ
      監督:ダニー・ストロング
      出演:ニコラス・ホルト、ケヴィン・スペイシー、ゾーイ・ドゥイッチ


      【やっつけ映画評】工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

      0

         南北対立のスパイもの。工作活動のスリルという表通りをしっかり押さえつつ、それだけに終わらせていない傑作だった。こういう重厚なドラマを作れるのは世界中でも韓国だけではないのかという気がしてくる。まあそれだけ民族分断の不幸な歴史を負っているということでもあろうから、手放しで称賛するのはさすがに後ろめたいのだけど。
         あちらさんはこういうのが作れる社会である、というのはもっとはっきり認識した方がいい。日韓関係がかまびすしいから余計にそう思う。政権に批判的な論客も、こと韓国になるとアレ界隈と大差ない認識具合でもって沸騰している。事態は結構深刻だ。

         韓国を批判するなというのではない。批判などいくらでもしたらいいし(今回の件でそれがどれくらいできるかというのは無論ある)、外交には時に喧嘩も必要(同)だろうよ。問題は「あっちが通常の政治経済摩擦から大いに逸脱している」という設定になっている当方の逸脱ぶりだ。本当にどうかしている。なので、むこうさんはこんな映画が作れてしまう社会でっせというのを強調したいわけである。こんなもん、「設定」通りの幼稚な社会で生まれるかよ。

         

         90年代末を舞台に、実在した工作員をモデルにしている。ベルリンの壁はとっくに崩壊しているが、38度線は冷戦絶賛継続中の様相だ。なので主人公も北への工作を命じられる。はずなのだけど、実態としては冷戦が継続しているわけではなく、冷戦を継続させたい存在が南にも北にもいるという時代の変化が段々明るみに出てくるところがポイントだ。
         90年代末は「1987」のおよそ10年後になる。あの時代では容共の超危険人物扱いされていた金大中が、いよいよ大統領に上り詰めるかという時期である。それはつまり、反共を唱えれば愛国者になれた時代の終焉でもある。「弁護人」で登場するような「アカ」の撲滅に異常な執念をみせるあの手の刑事の存在意義は消えてしまう。だもんで、どうにかこの冷戦構造を維持できないものかと旧来の勢力圏にいる人々は戦々恐々としている。

         

         一方、北は北で変化を余儀なくされている。東側諸国の宿命(?)たる経済危機を乗り切るため、外貨獲得の手段を求めてビジネスマンに扮した主人公パクに接近してくる。

         ちょうどこの時期は、餓死者が大量に出て、脱北者も膨れ上がった時期だ。自作で扱うために、関連書籍をたくさん読んだものだが、あれらで描かれている様子がそのまんま映像に出ていると圧倒された。もちろん、隠しカメラ撮影に成功した一部報道以外、実際の様子など見たことないのだが、文字で読んだものがそのまんま映像になっていると思わされるくらいのリアリティがあって、まるで昔見た景色と再会したような錯覚に陥った。

         


        Thunderbird行ったり来たり(余話)

        0

          金沢文芸館

           

           話はさかのぼる。我が先祖は日露戦争に従軍している。地域柄、第九師団に所属しての出征だったため、こうして石川県立図書館所蔵の古い書籍に関心を示すわけである。そこにしかない蔵書を見ているときの自己満足贅沢感はなかなかのものだ。むろん国会図書館には総じて置いてあるが、あの繁雑な場所で見なくて済んでいるという点で余計に贅沢気分になる。


           刺激を受けてにわかに久々に色々と調べたくなり、第九師団以外に気になっている別の戦争関連の文献を探し出した。国会図書館の所蔵はすぐに確認できるのだけど、関西周辺の図書館に置いてないものかを検索するわけだ。今時は、横断検索サイトが充実しているので手あたり次第に調べるのが多少なりとも楽ちんになっている。

           

           大阪の場合、市立、府立ともよその地域に比べると蔵書は充実しているという実感が、これまでの経験ではある。かつて都会だったころの貯金だろう。いつまでもつか危ぶまれるところも多分にあるが、今回も求めた資料が1つ府立にあった。貸出可だったので久しぶりに訪れた。

           

           府立(県立)と市立の図書館の役割分担として、前者はミニ国会図書館的なアーカイブ機能をより担うべきだと思っているし、大抵そういう側面を背負っていることが多い。なので新刊の小説等は要らないんじゃないとも思う。そういう多くの人が読みたがる本の扱いは、府立が立地している東大阪市立図書館が担う仕事だろ、と思ったのだけど、よくよく確認したら東大阪市立図書館は3館と分室にとどまり、人口50万もいる自治体の割に少々頼りないのであった。

           逆に言えば「頼りない」と感じるのは、自身に縁が深い北摂の自治体はいずれも市立図書館の数が多めだからで、これが今時の基準かと勝手に思い込んでいたせいである。改めて確認すると関西の自治体で4つも5つも図書館を抱えている方が珍しいのだった。数が多いというのは細切れに分けているだけでもあるのだが、その場所にいかなければ利用できない以上、蔵書数はともかく場所自体は多い方が便利なのは間違いない。というわけで、府立図書館は東大阪市のこの辺の住民たちにとっては市立図書館的位置づけになる。


           先日ある学生と図書館の蔵書の話になり、その学生は「人が集まるのだから新刊本はどんどん置くべきで、そのせいで専門書等の借り手の少ない本が所蔵できなくなるデメリットがあるにしても、人が来ないと話にならない」という。やれやれ。当人は博物館系の仕事に就きたいというので、「その理屈でいくと常にツタンカーメン展やガンダム展が優先になるよ」というと、あれ?確かに…と首をかしげていた。人間、自分の好きなものに対してはキリッとした爐錣りやすい疝屈を嫌うものなんだな。

           

           話が逸れた。毎度多少なりとも期待に応えてくれている大阪の図書館に今回は蔵書が1点しかないので、周辺の府県を検索した。結果、今まで全く知らなかったのだが、奈良県の施設は戦争関連の資料を割と豊富に所蔵しているのだった。
           2005年に移転新築された県立図書館で、正確には図書情報館という。近鉄新大宮ないしはJR奈良が最寄だが、アクセスが面倒くさそうなので自転車を借りた。まったくやる気のない雰囲気の爺様がやっている店で、手続きも超簡素。今時観光客を当て込んで運営しているレンタサイクルは割と手続きが煩雑なことが多いから、こりゃ気楽でええ店だと思ったら、前ブレーキのコードがだるんだるんで少々危ない。資本主義!といったところか。まあ贅沢はいうまい。

           

           ここは戦争資料コーナーを設けている。それもカラーボックスレベルの棚に「黒い雨」とかが並んでいるだけのよくあるやつではなく、市立図書館分室並みの書棚の数に、よそだといかにも書庫にありそうな資料が開架でざーっとならんでいる。実に壮観だ。求めていたもののいくつかは、自費出版レベルの個人の従軍回想だったり戦友会の文集的なので、こういうのをしっかり所蔵しているのはこれこそ図書館だよね。

           

           そして目的の1つだった記録を蔵書の一冊の中から一件確認した。この本自体は何十年も前に印刷され、散逸したならともかく、少なくとも2005年かその辺りからずっとこの書棚に収まっている「昔から平然とそこにあるもの」に過ぎないのに、おー、発見した!という気分になるのは毎度のこと。神々しいものすら感じてしまうのは、「記録」の重大性をおそらく現わしているんだと思う。


          Thunderbird行ったり来たり(5)

          0


             翌日は、仕事の予定に余裕があったので、博物館を訪れた。地図で見ると図書館のすぐ隣のようだが、森を挟んだ丘の上にある。空にそびえる黒鉄の城というほどではない煉瓦の建物がお出迎え。ちょうど地元の偉人・永井豪の展覧会をやっていて、9月に大阪にも来るらしいが、天保山のあのウンザリする場所で見るよりこちらの方が遥かに価値があろう。そしてよく知らずに来たのだが、この博物館は、第九師団の兵器庫の建物の移築再利用なのだった。やはり大阪開催を待たずして正解。

             

             上記記事(余話)で、博物館志望学生に偉そうに言うておいて、己は集金イベントに来とるやないかと叱られそうだが、それはマンガへの差別というものだ、と言いたいところ、学術的な視点はもう少しあってもよかった気はする。展示の遊び心は結構あったが。

             

             それにしても、「デビルマン」に代表される陰惨な作品群の一方で、ナンセンスギャグマンガも多数あり、こうして並べて見せられると「この人頭大丈夫か?」と思わせられるギャップが凄い。そんな話を若い衆にしたら、「あたしの母がデビルマン大好きです」、ということに驚く時期ももう過ぎたな。

             

             この人、師匠の石ノ森章太郎を他山の石として締切をきっちり守ってきたと吉本浩二「ブラック・ジャック創作秘話」で読んだけど、特に悪魔系の作品はこんな濃いタッチをよく期限内に仕上げたなと感心する。やっぱマンガ家って絵巧いんだなとなかなかに圧倒される画力だったが、世代的に思い入れもそこそこなのが損をした気分だった。

             

             さて当地の食べ物といえばガスエビに代表される魚介になろうが、特に出張前半は仕事が終わると厭世感たっぷりに疲れ果ててしまっていたので暖簾をくぐる元気がない。ホテルが駅周辺で、当地は盛り場が駅から離れているので余計もういいかとなる。で8番ラーメンという実家の近所にもあるやんけという店の選択で済ませていたのだが、出張後半は段々と時間に余裕も生まれて多少は物色することができた。

             

             カレーは有名チェーンが気色の悪い研修をやっていると小耳に挟んだので別の店舗でいただくも、まあカレーはカレーだなという感想。ハントンライスはこういうのをB級グルメというんだろうなという料理で大変によい。単に組み合わせただけちゃいますのという辺りがね。


             食堂でビールを1本飲むくらいしか飲酒をしていなかったので、最終日は飲み屋へと繰り出した。ちょうどホテルの近くに日本酒バーがあり、入りやすそうな雰囲気だったのでちょうどいいやと敷居をまたいだのだけど、市内に外国人観光客があふれる現状に対して店主の女性がポップなやわらかヘイトを無邪気に語るのであまり楽しめず。

             まあテレビが悪いんだけどね。「今日もテレビでやってましたよ」と、「外国人の迷惑行為」を語ってたから。おそらく実体験としては、ヨソモノがわんさといて面倒くさいなあとか、言葉がわからないのに道聞かれてシンドイなあくらいしかないはずのところ、テレビで露悪的に取り上げるのを見て実体験のかすかな摩擦が増幅されるんだろう。一応やんわりと反対意見を言ったら、客商売の器用さか、あるいは生来さっぱりした性格の方なのか、なるほどそうやねと同意いただいたが。

             ところで「日本人が『外国人』というとき想像するのは大抵白人」というのはよく指摘される話だが、こと観光客となると「中国人ばかり」と言う人が多い。実際、訪日数でいうとダントツ1位なんだが、当地のようにそれこそ欧米系もたくさん見かける場所でも同じ言い方がなされるのは何でだろう。ま、大体理由はわかるんだけど。


             宿泊のホテルでは、個人経営だからか外国人観光客のグループに抹茶を無料で振る舞って喜ばれている文化交流な場面と遭遇したのだけど、茶菓子を口に入れた途端に一様に微妙な顔つきになるコーカソイドの面々に苦笑した。見かけからしてあまりおいしくなさそうな菓子だったから、文化の違いという話ではおそらくないと思う。



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • お国自慢
              森下
            • お国自慢
              N.Matsuura
            • 「続く」の続き
              KJ
            • 【映画評】キューブ、キューブ2
              森下
            • 【映画評】キューブ、キューブ2
              名無し
            • W杯与太話4.精神力ということについて
              森下
            • W杯与太話4.精神力ということについて
            • 俺ら河内スタジオ入り
              森下
            • 俺ら河内スタジオ入り
              田中新垣悟
            • 本の宣伝

            recent trackback

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM